GridView クラス

定義

各列がフィールドを表し、各行がレコードを表す表にデータ ソースの値を表示します。 GridView コントロールにより、これらの項目の選択、並べ替え、編集ができます。

public ref class GridView : System::Web::UI::WebControls::CompositeDataBoundControl, System::Web::UI::ICallbackEventHandler, System::Web::UI::IPostBackEventHandler, System::Web::UI::WebControls::ICallbackContainer, System::Web::UI::WebControls::IPersistedSelector, System::Web::UI::WebControls::IPostBackContainer
public ref class GridView : System::Web::UI::WebControls::CompositeDataBoundControl, System::Web::UI::ICallbackEventHandler, System::Web::UI::IDataKeysControl, System::Web::UI::IPostBackEventHandler, System::Web::UI::WebControls::ICallbackContainer, System::Web::UI::WebControls::IDataBoundListControl, System::Web::UI::WebControls::IFieldControl, System::Web::UI::WebControls::IPersistedSelector, System::Web::UI::WebControls::IPostBackContainer
[System.Web.UI.ControlValueProperty("SelectedValue")]
public class GridView : System.Web.UI.WebControls.CompositeDataBoundControl, System.Web.UI.ICallbackEventHandler, System.Web.UI.IPostBackEventHandler, System.Web.UI.WebControls.ICallbackContainer, System.Web.UI.WebControls.IPersistedSelector, System.Web.UI.WebControls.IPostBackContainer
[System.Web.UI.ControlValueProperty("SelectedValue")]
public class GridView : System.Web.UI.WebControls.CompositeDataBoundControl, System.Web.UI.ICallbackEventHandler, System.Web.UI.IDataKeysControl, System.Web.UI.IPostBackEventHandler, System.Web.UI.WebControls.ICallbackContainer, System.Web.UI.WebControls.IDataBoundListControl, System.Web.UI.WebControls.IFieldControl, System.Web.UI.WebControls.IPersistedSelector, System.Web.UI.WebControls.IPostBackContainer
[<System.Web.UI.ControlValueProperty("SelectedValue")>]
type GridView = class
    inherit CompositeDataBoundControl
    interface IPostBackContainer
    interface IPostBackEventHandler
    interface ICallbackContainer
    interface ICallbackEventHandler
    interface IPersistedSelector
[<System.Web.UI.ControlValueProperty("SelectedValue")>]
type GridView = class
    inherit CompositeDataBoundControl
    interface IPostBackContainer
    interface IPostBackEventHandler
    interface ICallbackContainer
    interface ICallbackEventHandler
    interface IPersistedSelector
    interface IDataKeysControl
    interface IDataBoundListControl
    interface IDataBoundControl
    interface IFieldControl
Public Class GridView
Inherits CompositeDataBoundControl
Implements ICallbackContainer, ICallbackEventHandler, IPersistedSelector, IPostBackContainer, IPostBackEventHandler
Public Class GridView
Inherits CompositeDataBoundControl
Implements ICallbackContainer, ICallbackEventHandler, IDataBoundListControl, IDataKeysControl, IFieldControl, IPersistedSelector, IPostBackContainer, IPostBackEventHandler
継承
属性
実装

ソース Visual Studioを含む Web サイト プロジェクトは、次のトピックに付属しています。 をダウンロードします

次の例では、 コントロールを使用して、AdventureWorksLT サンプル データベースの Customers テーブルの値を GridView Microsoft SQL Server。 値は、 コントロールを使用して取得 SqlDataSource されます。

<asp:sqldatasource id="CustomersSource"
  selectcommand="SELECT CustomerID, CompanyName, FirstName, LastName FROM SalesLT.Customer"
  connectionstring="<%$ ConnectionStrings:AWLTConnectionString %>" 
  runat="server"/>

<asp:gridview id="CustomersGridView" 
  datasourceid="CustomersSource" 
  autogeneratecolumns="False"
  emptydatatext="No data available." 
  allowpaging="True" 
  runat="server" DataKeyNames="CustomerID">
    <Columns>
        <asp:BoundField DataField="CustomerID" HeaderText="CustomerID" 
            InsertVisible="False" ReadOnly="True" SortExpression="CustomerID" />
        <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" 
            SortExpression="CompanyName" />
        <asp:BoundField DataField="FirstName" HeaderText="FirstName" 
            SortExpression="FirstName" />
        <asp:BoundField DataField="LastName" HeaderText="LastName" 
            SortExpression="LastName" />
    </Columns>
</asp:gridview>
<asp:sqldatasource id="CustomersSource"
  selectcommand="SELECT CustomerID, CompanyName, FirstName, LastName FROM SalesLT.Customer"
  connectionstring="<%$ ConnectionStrings:AWLTConnectionString %>" 
  runat="server"/>

<asp:gridview id="CustomersGridView" 
  datasourceid="CustomersSource" 
  autogeneratecolumns="False"
  emptydatatext="No data available." 
  allowpaging="True" 
  runat="server" DataKeyNames="CustomerID">
    <Columns>
        <asp:BoundField DataField="CustomerID" HeaderText="CustomerID" 
            InsertVisible="False" ReadOnly="True" SortExpression="CustomerID" />
        <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" 
            SortExpression="CompanyName" />
        <asp:BoundField DataField="FirstName" HeaderText="FirstName" 
            SortExpression="FirstName" />
        <asp:BoundField DataField="LastName" HeaderText="LastName" 
            SortExpression="LastName" />
    </Columns>
</asp:gridview>

次の例では、 コントロールと コントロールを使用してレコードを編集 GridView LinqDataSource する方法を示します。

<asp:LinqDataSource ID="LinqDataSource1" runat="server" 
    ContextTypeName="AdventureWorksLTDataClassesDataContext"
    EnableDelete="True" EnableInsert="True" EnableUpdate="True" 
    TableName="SalesOrderDetails">
</asp:LinqDataSource>

<asp:GridView ID="GridView1" runat="server" 
    AutoGenerateColumns="False" 
    DataKeyNames="SalesOrderID,SalesOrderDetailID"
    DataSourceID="LinqDataSource1">
    <Columns>
        <asp:CommandField ShowDeleteButton="True" 
            ShowEditButton="True" />
        <asp:BoundField DataField="SalesOrderID" 
            HeaderText="SalesOrderID" ReadOnly="True"
            SortExpression="SalesOrderID" />
        <asp:BoundField DataField="SalesOrderDetailID" 
            HeaderText="SalesOrderDetailID" InsertVisible="False"
            ReadOnly="True" SortExpression="SalesOrderDetailID" />
        <asp:BoundField DataField="OrderQty" 
            HeaderText="OrderQty" SortExpression="OrderQty" />
        <asp:BoundField DataField="ProductID" 
            HeaderText="ProductID" SortExpression="ProductID" />
        <asp:BoundField DataField="UnitPrice" 
            HeaderText="UnitPrice" SortExpression="UnitPrice" />
        <asp:BoundField DataField="ModifiedDate" 
            HeaderText="ModifiedDate" SortExpression="ModifiedDate" />
    </Columns>
</asp:GridView>
<asp:LinqDataSource ID="LinqDataSource1" runat="server" 
    ContextTypeName="AdventureWorksLTDataClassesDataContext"
    EnableDelete="True" EnableInsert="True" EnableUpdate="True" 
    TableName="SalesOrderDetails">
</asp:LinqDataSource>

<asp:GridView ID="GridView1" runat="server" 
    AutoGenerateColumns="False" 
    DataKeyNames="SalesOrderID,SalesOrderDetailID"
    DataSourceID="LinqDataSource1">
    <Columns>
        <asp:CommandField ShowDeleteButton="True" 
            ShowEditButton="True" />
        <asp:BoundField DataField="SalesOrderID" 
            HeaderText="SalesOrderID" ReadOnly="True"
            SortExpression="SalesOrderID" />
        <asp:BoundField DataField="SalesOrderDetailID" 
            HeaderText="SalesOrderDetailID" InsertVisible="False"
            ReadOnly="True" SortExpression="SalesOrderDetailID" />
        <asp:BoundField DataField="OrderQty" 
            HeaderText="OrderQty" SortExpression="OrderQty" />
        <asp:BoundField DataField="ProductID" 
            HeaderText="ProductID" SortExpression="ProductID" />
        <asp:BoundField DataField="UnitPrice" 
            HeaderText="UnitPrice" SortExpression="UnitPrice" />
        <asp:BoundField DataField="ModifiedDate" 
            HeaderText="ModifiedDate" SortExpression="ModifiedDate" />
    </Columns>
</asp:GridView>

セル内の値にアクセスする方法を示す例については、「」を参照してください GridViewRow

注釈

このトピックの内容:

はじめに

コントロール GridView は、テーブル内のデータ ソースの値を表示するために使用されます。 各列はフィールドを表し、各行はレコードを表します。 コントロール GridView では、次の機能がサポートされています。

  • などのデータ ソース コントロールへのバインド SqlDataSource

  • 組み込みの並べ替え機能。

  • 組み込みの更新および削除機能。

  • 組み込みのページング機能。

  • 組み込みの行選択機能。

  • オブジェクト モデルにプログラムで GridView アクセスして、プロパティの動的な設定やイベントの処理を行います。

  • 複数のキー フィールド。

  • ハイパーリンク列の複数のデータ フィールド。

  • テーマとスタイルによるカスタマイズ可能な外観。

  • データ バインド で使用できるその他のデータ バインド コントロールについては、「ASP.NET Web サーバー コントロール」を参照してください

注意

バージョン 1.0 の .NET Frameworkに慣れた場合、コントロールは コントロール DataGrid GridView の後継 DataGrid です。

列フィールド

コントロール内の各 GridView 列は、 オブジェクトによって表 DataControlField されます。 既定では、 プロパティは に設定され、データ ソースの各フィールドに AutoGenerateColumns true AutoGeneratedField オブジェクトが作成されます。 その後、各フィールドは、各フィールドがデータ ソースに表示される順序で、コントロール内の GridView 列としてレンダリングされます。

プロパティを に設定し、独自の列フィールド コレクションを定義することで、コントロールに表示される列フィールド GridView AutoGenerateColumns を手動 false で制御することもできます。 コントロール内の列の動作は、列フィールドの種類によって異なります。 次の表に、使用できるさまざまな列フィールドの種類を示します。

列フィールドの種類 [説明]
BoundField データ ソース内のフィールドの値を表示します。 これは、 コントロールの既定の列型 GridView です。
ButtonField コントロール内の各項目のコマンド ボタンを表示 GridView します。 これにより、[追加] や [削除] ボタンなどのカスタム ボタン コントロールの列を作成できます。
CheckBoxField コントロール内の各項目のチェック ボックスを表示 GridView します。 この列フィールド型は、ブール値を持つフィールドを表示するために一般的に使用されます。
CommandField 選択、編集、または削除操作を実行するための定義済みのコマンド ボタンを表示します。
HyperLinkField データ ソース内のフィールドの値をハイパーリンクとして表示します。 この列フィールドの種類を使用すると、2 番目のフィールドをハイパーリンクの URL にバインドできます。
ImageField コントロール内の各項目のイメージを表示 GridView します。
TemplateField 指定したテンプレートに従って、コントロール内の各項目の GridView ユーザー定義コンテンツを表示します。 この列フィールドの種類を使用すると、カスタム列フィールドを作成できます。

宣言によって列フィールド コレクションを定義するには、まず、コントロールの開始タグと終了タグの間に開始タグと終了 <Columns> タグを追加 GridView します。 次に、開始タグと終了タグの間に含める列フィールドを一覧表示 <Columns> します。 指定した列は、一覧表示された順序 Columns でコレクションに追加されます。 コレクション Columns は、コントロール内のすべての列フィールドを格納し、コントロールの列フィールドをプログラムで管理 GridView できます。

明示的に宣言された列フィールドは、自動的に生成された列フィールドと組み合わせて表示できます。 両方を使用すると、明示的に宣言された列フィールドが最初にレンダリングされ、その後に自動的に生成された列フィールドが表示されます。

注意

自動生成された列フィールドはコレクションに追加 Columns されません。

データへのバインド

コントロールは、データ ソース コントロール (コントロールやコントロールなど) または インターフェイスを実装する任意のデータ ソース コレクション (、または他のコレクション型など) にバインド GridView SqlDataSource ObjectDataSource System.Collections.IEnumerable System.Data.DataView System.Collections.ArrayList System.Collections.Generic.List<T> できます。 次のいずれかの方法を使用して、コントロールを GridView 適切なデータ ソース型にバインドします。

  • データ ソース コントロールにバインドするには、コントロールの プロパティをデータ ソース コントロールの DataSourceID GridView ID 値に設定します。 コントロールは、指定されたデータ ソース コントロールに自動的にバインドされ、データ ソース コントロールの機能を利用して、並べ替え、更新、削除、ページングを GridView 実行できます。 これは、データにバインドする場合に推奨される方法です。

  • インターフェイスを実装するデータ ソースにバインドするには、プログラムでコントロールの プロパティをデータ ソースに設定し、 メソッド System.Collections.IEnumerable DataSource GridView を呼び出 DataBind します。 このメソッドを使用する場合、コントロールには組み込みの並べ替え、更新、削除、ページング GridView 機能は提供されない。 この機能は、適切なイベントを使用して提供する必要があります。

データ バインディングの詳細については、「データ アクセスコンテンツ マップ ASP.NET を参照してください

注意

このコントロールを使用すると、悪意のあるクライアント スクリプトを含むユーザー入力を表示できます。 アプリケーションに表示する前に、実行可能スクリプト、SQL、または他のコードについて、クライアントから送信された情報を確認します。 可能な限り、値をこのコントロールに表示する前に HTML エンコードを行う必要があります (既定では、 BoundField クラスの HTML エンコード値)。 ASP.NET では、ユーザー入力でスクリプトと HTML をブロックする入力要求検証機能が提供されます。 検証サーバー コントロールは、ユーザー入力を評価するためにも提供されます。 詳細については、「検証コントロール の概要」を参照してください

データ操作

コントロールには、ユーザーがコントロール内の項目を並べ替え、更新、削除、選択、およびページスルーできる多くの組み込み GridView 機能が備まれています。 コントロールがデータ ソース コントロールにバインドされている場合、コントロールはデータ ソース コントロールの機能を利用し、自動の並べ替え、更新、削除の GridView GridView 機能を提供できます。

注意

コントロール GridView は、他の種類のデータ ソースで並べ替え、更新、削除をサポートできます。 ただし、これらの操作の実装には、適切なイベント ハンドラーを指定する必要があります。

並べ替えにより、ユーザーは列のヘッダーをクリックして、特定の列に関してコントロール内の項目 GridView を並べ替えできます。 並べ替えを有効にするには、 プロパティを AllowSorting に設定します true

自動更新、削除、および選択機能は、コマンド名 ButtonField TemplateField が "Edit"、"Delete"、および "Select" である または 列フィールドのボタンがクリックされた場合に有効になります。 、、または プロパティが にそれぞれ設定されている場合、コントロールは[編集]、 [削除]、または [選択] ボタンを使用して列フィールド GridView CommandField を自動的 AutoGenerateEditButton AutoGenerateDeleteButton AutoGenerateSelectButton true に追加できます。

注意

データ ソースへのレコードの挿入は、 コントロールでは直接サポート GridView されていません。 ただし、 コントロールと または コントロールを組み合わせて使用 GridView して、レコードを DetailsView 挿入 FormView することができます。 詳細については、それぞれ または DetailsView FormView を参照してください。

コントロールでは、データ ソース内のすべてのレコードを同時に表示する代わりに、レコードを自動的に GridView ページに分割できます。 ページングを有効にするには、 プロパティを AllowPaging に設定します true

注意

コントロール GridView は、 に格納されている情報に基づいてポストバック時に再作成されます ViewState 。 コントロールに プロパティが に設定された または が含まれる場合は、 プロパティも に設定して、更新や削除などの同時実行データ操作が適切な行に適用される必要があります。 GridView TemplateField CommandField CausesValidation true EnableViewState true

アプリケーションのユーザー インターフェイス

コントロールの各部分のスタイル プロパティを設定することで、コントロール GridView の外観をカスタマイズできます。 次の表に、さまざまなスタイル プロパティを示します。

Style プロパティ [説明]
AlternatingRowStyle コントロール内の交互のデータ行のスタイル GridView 設定。 このプロパティを設定すると、設定と設定の間でデータ行 RowStyle が交互に表示 AlternatingRowStyle されます。
EditRowStyle コントロールで編集する行のスタイル GridView 設定。
EmptyDataRowStyle データ ソースにレコードが含まれている場合にコントロールに表示される空のデータ行のスタイル GridView 設定。
FooterStyle コントロールのフッター行のスタイル GridView 設定。
HeaderStyle コントロールのヘッダー行のスタイル GridView 設定。
PagerStyle コントロールのページ行のスタイル GridView 設定。
RowStyle コントロール内のデータ行のスタイル GridView 設定。 プロパティも AlternatingRowStyle 設定されている場合、設定と設定の間でデータ行 RowStyle が交互に表示 AlternatingRowStyle されます。
SelectedRowStyle コントロールで選択した行のスタイル GridView 設定。
SortedAscendingCellStyle コントロールでデータの並べ替えに使用されるデータ列のスタイル GridView 設定。 このスタイルを設定すると、データが昇順で並べ替えららた場合、スタイル (強調表示された列など) がセルに適用されます。
SortedAscendingHeaderStyle コントロールでデータの並べ替えに使用されるデータ列のスタイル GridView 設定。 このスタイルが設定されている場合、データが昇順で並べ替えららた場合、データが昇順に並べ替えらされたことを示す矢印がコントロールのヘッダー GridView に配置されます。
SortedDescendingCellStyle コントロールでデータの並べ替えに使用されるデータ列のスタイル GridView 設定。 このスタイルを設定すると、データが降順に並べ替えららた場合、スタイル (強調表示された列など) がセルに適用されます。
SortedDescendingHeaderStyle コントロールでデータの並べ替えに使用されるデータ列のスタイル GridView 設定。 このスタイルを設定すると、データが降順に並べ替えららた場合、下向きの矢印が のヘッダーに GridView 配置されます。

コントロールの異なる部分を表示または非表示にできます。 次の表に、表示または非表示の部分を制御するプロパティを示します。

プロパティ 説明
ShowFooter コントロールのフッター セクションを表示または非表示 GridView にします。
ShowHeader コントロールのヘッダー セクションを表示または非表示 GridView にします。

events

コントロール GridView には、プログラムの実行に使用できるイベントがいくつかあります。 これにより、イベントが発生するたびにカスタム ルーチンを実行できます。 次の表に、 コントロールでサポートされているイベントの一覧を示 GridView します。

Event 説明
PageIndexChanged ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、GridView コントロールがページング操作を処理した後に発生します。 このイベントは、ユーザーがコントロール内の別のページに移動した後にタスクを実行する必要がある場合に一般的に使用されます。
PageIndexChanging ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、GridView コントロールがページング操作を処理する前に発生します。 このイベントは、ページング操作を取り消す場合によく使用されます。
RowCancelingEdit 行の [キャンセル] ボタンがクリックされた後、コントロールが編集モードを終了 GridView する前に発生します。 このイベントは、多くの場合、取り消し操作を停止するために使用されます。
RowCommand GridView コントロール内でボタンがクリックされると発生します。 このイベントは、コントロールでボタンがクリックされた場合にタスクを実行するためによく使用されます。
RowCreated コントロールに新しい行が作成されると発生 GridView します。 このイベントは、多くの場合、行の作成時に行の内容を変更するために使用されます。
RowDataBound データ行が コントロール内のデータにバインドされている場合に発生 GridView します。 このイベントは、行がデータにバインドされている場合に行の内容を変更するためによく使用されます。
RowDeleted 行の [削除] ボタンがクリックされたが、コントロールがデータ ソースからレコード GridView を削除した後に発生します。 このイベントは、削除操作の結果を確認するためによく使用されます。
RowDeleting 行の [削除] ボタンがクリックされた後、コントロールがデータ ソースからレコードを削除 GridView する前に発生します。 このイベントは、削除操作を取り消す場合によく使用されます。
RowEditing 行の Edit ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが編集モードになる前に発生します。 このイベントは、多くの場合、編集操作を取り消す場合に使用されます。
RowUpdated 行の Update ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが行を更新した後に発生します。 このイベントは、多くの場合、更新操作の結果を確認するために使用されます。
RowUpdating 行の Update ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが行を更新する前に発生します。 このイベントは、更新操作を取り消す場合によく使用されます。
SelectedIndexChanged 行の Select ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが選択操作を処理した後に発生します。 このイベントは、多くの場合、コントロールで行が選択された後にタスクを実行するために使用されます。
SelectedIndexChanging 行の Select ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが選択操作を処理する前に発生します。 このイベントは、多くの場合、選択操作を取り消す場合に使用されます。
Sorted 列を並べ替えるハイパーリンクがクリックされた場合に、GridView コントロールが並べ替え操作を処理した後に発生します。 このイベントは、ユーザーがハイパーリンクをクリックして列を並べ替える後にタスクを実行するために一般的に使用されます。
Sorting 列を並べ替えるハイパーリンクがクリックされた場合に、GridView コントロールが並べ替え操作を処理する前に発生します。 このイベントは、並べ替え操作を取り消したり、カスタムの並べ替えルーチンを実行したりするためによく使用されます。

ユーザー補助

アクセシビリティ標準に準拠するマークアップを生成するためにこのコントロールを構成する方法については、「Visual Studioおよび ASP.NET および ASP.NET Controls and Accessibility」を参照してください。

宣言構文

<asp:GridView  
    AccessKey="string"  
    AllowPaging="True|False"  
    AllowSorting="True|False"  
    AutoGenerateColumns="True|False"  
    AutoGenerateDeleteButton="True|False"  
    AutoGenerateEditButton="True|False"  
    AutoGenerateSelectButton="True|False"  
    BackColor="color name|#dddddd"  
    BackImageUrl="uri"  
    BorderColor="color name|#dddddd"  
    BorderStyle="NotSet|None|Dotted|Dashed|Solid|Double|Groove|Ridge|  
        Inset|Outset"  
    BorderWidth="size"  
    Caption="string"  
    CaptionAlign="NotSet|Top|Bottom|Left|Right"  
    CellPadding="integer"  
    CellSpacing="integer"  
    CssClass="string"  
    DataKeyNames="string"  
    DataMember="string"  
    DataSource="string"  
    DataSourceID="string"  
    EditIndex="integer"  
    EmptyDataText="string"  
    Enabled="True|False"  
    EnableSortingAndPagingCallbacks="True|False"  
    EnableTheming="True|False"  
    EnableViewState="True|False"  
    Font-Bold="True|False"  
    Font-Italic="True|False"  
    Font-Names="string"  
    Font-Overline="True|False"  
    Font-Size="string|Smaller|Larger|XX-Small|X-Small|Small|Medium|  
        Large|X-Large|XX-Large"  
    Font-Strikeout="True|False"  
    Font-Underline="True|False"  
    ForeColor="color name|#dddddd"  
    GridLines="None|Horizontal|Vertical|Both"  
    Height="size"  
    HorizontalAlign="NotSet|Left|Center|Right|Justify"  
    ID="string"  
    OnDataBinding="DataBinding event handler"  
    OnDataBound="DataBound event handler"  
    OnDisposed="Disposed event handler"  
    OnInit="Init event handler"  
    OnLoad="Load event handler"  
    OnPageIndexChanged="PageIndexChanged event handler"  
    OnPageIndexChanging="PageIndexChanging event handler"  
    OnPreRender="PreRender event handler"  
    OnRowCancelingEdit="RowCancelingEdit event handler"  
    OnRowCommand="RowCommand event handler"  
    OnRowCreated="RowCreated event handler"  
    OnRowDataBound="RowDataBound event handler"  
    OnRowDeleted="RowDeleted event handler"  
    OnRowDeleting="RowDeleting event handler"  
    OnRowEditing="RowEditing event handler"  
    OnRowUpdated="RowUpdated event handler"  
    OnRowUpdating="RowUpdating event handler"  
    OnSelectedIndexChanged="SelectedIndexChanged event handler"  
    OnSelectedIndexChanging="SelectedIndexChanging event handler"  
    OnSorted="Sorted event handler"  
    OnSorting="Sorting event handler"  
    OnUnload="Unload event handler"  
    PageIndex="integer"  
    PagerSettings-FirstPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-FirstPageText="string"  
    PagerSettings-LastPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-LastPageText="string"  
    PagerSettings-Mode="NextPrevious|Numeric|NextPreviousFirstLast|  
        NumericFirstLast"  
    PagerSettings-NextPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-NextPageText="string"  
    PagerSettings-PageButtonCount="integer"  
    PagerSettings-Position="Bottom|Top|TopAndBottom"  
    PagerSettings-PreviousPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-PreviousPageText="string"  
    PagerSettings-Visible="True|False"  
    PageSize="integer"  
    RowHeaderColumn="string"  
    runat="server"  
    SelectedIndex="integer"  
    ShowFooter="True|False"  
    ShowHeader="True|False"  
    SkinID="string"  
    Style="string"  
    TabIndex="integer"  
    ToolTip="string"  
    UseAccessibleHeader="True|False"  
    Visible="True|False"  
    Width="size"  
>  
        <AlternatingRowStyle />  
        <Columns>  
                <asp:BoundField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ApplyFormatInEditMode="True|False"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    DataField="string"  
                    DataFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    HtmlEncode="True|False"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NullDisplayText="string"  
                    ReadOnly="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:BoundField>  
                <asp:ButtonField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ButtonType="Button|Image|Link"  
                    CausesValidation="True|False"  
                    CommandName="string"  
                    DataTextField="string"  
                    DataTextFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    ImageUrl="uri"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Text="string"  
                    ValidationGroup="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:ButtonField>  
                <asp:CheckBoxField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    DataField="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    ReadOnly="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Text="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:CheckBoxField>  
                <asp:CommandField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ButtonType="Button|Image|Link"  
                    CancelImageUrl="uri"  
                    CancelText="string"  
                    CausesValidation="True|False"  
                    DeleteImageUrl="uri"  
                    DeleteText="string"  
                    EditImageUrl="uri"  
                    EditText="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertImageUrl="uri"  
                    InsertText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NewImageUrl="uri"  
                    NewText="string"  
                    SelectImageUrl="uri"  
                    SelectText="string"  
                    ShowCancelButton="True|False"  
                    ShowDeleteButton="True|False"  
                    ShowEditButton="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    ShowInsertButton="True|False"  
                    ShowSelectButton="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    UpdateImageUrl="uri"  
                    UpdateText="string"  
                    ValidationGroup="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:CommandField>  
                <asp:DynamicField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ApplyFormatInEditMode="True|False"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    DataField="string"  
                    DataFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    HtmlEncode="True|False"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NullDisplayText="string"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    UIHint="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:DynamicField>  
                <asp:HyperLinkField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    DataNavigateUrlFields="string"  
                    DataNavigateUrlFormatString="string"  
                    DataTextField="string"  
                    DataTextFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NavigateUrl="uri"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Target="string|_blank|_parent|_search|_self|_top"  
                    Text="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:HyperLinkField>  
                <asp:ImageField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    AlternateText="string"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    DataAlternateTextField="string"  
                    DataAlternateTextFormatString="string"  
                    DataImageUrlField="string"  
                    DataImageUrlFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NullDisplayText="string"  
                    NullImageUrl="uri"  
                    ReadOnly="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:ImageField>  
                <asp:TemplateField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                            <ControlStyle />  
                            <FooterStyle />  
                            <HeaderStyle />  
                            <ItemStyle />  
                        <AlternatingItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </AlternatingItemTemplate>  
                        <EditItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </EditItemTemplate>  
                        <FooterTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </FooterTemplate>  
                        <HeaderTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </HeaderTemplate>  
                        <InsertItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </InsertItemTemplate>  
                        <ItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </ItemTemplate>  
                </asp:TemplateField>  
        </Columns>  
        <EditRowStyle />  
        <EmptyDataRowStyle />  
        <EmptyDataTemplate>  
            <!-- child controls -->  
        </EmptyDataTemplate>  
        <FooterStyle />  
        <HeaderStyle />  
        <PagerSettings  
            FirstPageImageUrl="uri"  
            FirstPageText="string"  
            LastPageImageUrl="uri"  
            LastPageText="string"  
            Mode="NextPrevious|Numeric|NextPreviousFirstLast|  
                NumericFirstLast"  
            NextPageImageUrl="uri"  
            NextPageText="string"  
            OnPropertyChanged="PropertyChanged event handler"  
            PageButtonCount="integer"  
            Position="Bottom|Top|TopAndBottom"  
            PreviousPageImageUrl="uri"  
            PreviousPageText="string"  
            Visible="True|False"  
        />  
        <PagerStyle />  
        <PagerTemplate>  
            <!-- child controls -->  
        </PagerTemplate>  
        <RowStyle />  
        <SelectedRowStyle />  
</asp:GridView>  

コンストラクター

GridView()

GridView クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AccessKey

Web サーバー コントロールにすばやく移動できるアクセス キーを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
Adapter

コントロール用のブラウザー固有のアダプターを取得します。

(継承元 Control)
AllowCustomPaging

カスタム ページングを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。

AllowPaging

ページング機能が有効かどうかを示す値を取得または設定します。

AllowSorting

並べ替え機能が有効かどうかを示す値を取得または設定します。

AlternatingRowStyle

TableItemStyle コントロールの交互のデータ行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

AppRelativeTemplateSourceDirectory

このコントロールが含まれている Page オブジェクトまたは UserControl オブジェクトのアプリケーション相対の仮想ディレクトリを取得または設定します。

(継承元 Control)
Attributes

コントロールのプロパティに対応しない任意の属性 (表示専用) のコレクションを取得します。

(継承元 WebControl)
AutoGenerateColumns

データ ソース内の各フィールドについてバインドされたフィールドが自動作成されるかどうかを示す値を取得または設定します。

AutoGenerateDeleteButton

データ行ごとに Delete ボタンを持つ CommandField フィールド列を自動的に GridView コントロールに追加するかどうかを示す値を取得または設定します。

AutoGenerateEditButton

データ行ごとに Edit ボタンを持つ CommandField フィールド列を自動的に GridView コントロールに追加するかどうかを示す値を取得または設定します。

AutoGenerateSelectButton

データ行ごとに Select ボタンを持つ CommandField フィールド列を自動的に GridView コントロールに追加するかどうかを示す値を取得または設定します。

BackColor

Web サーバー コントロールの背景色を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
BackImageUrl

GridView コントロールの背景に表示するイメージの URL を取得または設定します。

BindingContainer

このコントロールのデータ バインディングを格納しているコントロールを取得します。

(継承元 Control)
BorderColor

Web コントロールの境界線の色を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
BorderStyle

Web サーバー コントロールの境界線スタイルを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
BorderWidth

Web サーバー コントロールの境界線の幅を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
BottomPagerRow

GridViewRow コントロールの下部のページ行を表す GridView オブジェクトを取得します。

Caption

GridView コントロールの HTML キャプション要素に表示するテキストを取得または設定します。 このプロパティは、補助技術デバイスのユーザーにとって、より使いやすいコントロールを実現するための手段として用意されています。

CaptionAlign

GridView コントロールの HTML キャプション要素の水平位置または垂直位置を取得または設定します。 このプロパティは、補助技術デバイスのユーザーにとって、より使いやすいコントロールを実現するための手段として用意されています。

CellPadding

セルの内容とセルの境界線との間隔を取得または設定します。

CellSpacing

セル間の間隔を取得または設定します。

ChildControlsCreated

サーバー コントロールの子コントロールが作成されたかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ClientID

ASP.NET によって生成される HTML マークアップのコントロール ID を取得します。

(継承元 Control)
ClientIDMode

ClientID プロパティの値を生成するために使用されるアルゴリズムを取得または設定します。

(継承元 Control)
ClientIDRowSuffix

データ バインド コントロールの各インスタンスを一意に識別するために使用される、ClientID プロパティ値に追加される値を持つデータ フィールドの名前を取得または設定します。

ClientIDRowSuffixDataKeys

ASP.NET により ClientID の値が生成されるときに、データ バインド コントロールの各インスタンスを一意に識別するために使用されるデータ値を取得します。

ClientIDSeparator

ClientID プロパティで使用される区切り記号を表す文字値を取得します。

(継承元 Control)
Columns

DataControlField コントロールの列フィールドを表す GridView オブジェクトのコレクションを取得します。

ColumnsGenerator

ASP.NET Dynamic Data 機能を使用する GridView コントロールの列を自動的に生成するコントロールを取得または設定します。

Context

現在の Web 要求に対するサーバー コントロールに関連付けられている HttpContext オブジェクトを取得します。

(継承元 Control)
Controls

複合データ バインド コントロール内の子コントロールのコレクションを取得します。

(継承元 CompositeDataBoundControl)
ControlStyle

Web サーバー コントロールのスタイルを取得します。 このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
ControlStyleCreated

Style オブジェクトが ControlStyle プロパティに対して作成されたかどうかを示す値を取得します。 このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
CssClass

クライアントで Web サーバー コントロールによって表示されるカスケード スタイル シート (CSS: Cascading Style Sheet) クラスを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
DataItemContainer

名前付けコンテナーが IDataItemContainer を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
DataKeyNames

GridView コントロールに表示される項目の主キー フィールドの名前が格納された配列を取得または設定します。

DataKeys

DataKey コントロールの各行のデータ キー値を表す GridView オブジェクトのコレクションを取得します。

DataKeysContainer

名前付けコンテナーが IDataKeysControl を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
DataMember

データ ソースに複数の個別のデータ項目一覧が含まれている場合に、データ バインド コントロールがバインドされるデータの一覧の名前を取得または設定します。

(継承元 DataBoundControl)
DataSource

データ バインド コントロールがデータ項目一覧を取得する際の取得元となるオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
DataSourceID

データ バインド コントロールによるデータ項目の一覧の取得元となるコントロールの ID を取得または設定します。

(継承元 DataBoundControl)
DataSourceObject

オブジェクトのデータ コンテンツにアクセスできる IDataSource インターフェイスを実装するオブジェクトを取得します。

(継承元 DataBoundControl)
DeleteMethod

データを削除するために呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

DeleteMethod

データを削除するために呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

(継承元 CompositeDataBoundControl)
DesignMode

コントロールがデザイン サーフェイスで使用されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
EditIndex

編集する行のインデックスを取得または設定します。

EditRowStyle

TableItemStyle コントロールで編集対象として選択されている行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

EmptyDataRowStyle

TableItemStyle コントロールのバインド先のデータ ソースにレコードが格納されていない場合に表示される空のデータ行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

EmptyDataTemplate

レコードが格納されていないデータ ソースに GridView コントロールがバインドされている場合に表示される空のデータ行用の、ユーザー定義のコンテンツを取得または設定します。

EmptyDataText

レコードが格納されていないデータ ソースに GridView コントロールがバインドされている場合に表示される、空のデータ行に表示されるテキストを取得または設定します。

Enabled

Web サーバー コントロールを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
EnableModelValidation

挿入または更新の操作中に発生する例外を検証コントロールが処理するかどうかを示す値を取得または設定します。

EnablePersistedSelection

行の選択をインデックスに基づいて行うかデータ キー値に基づいて行うかを示す値を取得または設定します。

EnableSortingAndPagingCallbacks

並べ替え操作とページング操作にクライアント側のコールバックを使用するかどうかを示す値を取得または設定します。

EnableTheming

テーマがこのコントロールに適用されるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
EnableViewState

要求元クライアントに対して、サーバー コントロールがそのビュー状態と、そこに含まれる任意の子のコントロールのビュー状態を保持するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
Events

コントロールのイベント ハンドラー デリゲートのリストを取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

(継承元 Control)
Font

Web サーバー コントロールに関連付けられたフォント プロパティを取得します。

(継承元 WebControl)
FooterRow

GridViewRow コントロールのフッター行を表す GridView オブジェクトを取得します。

FooterStyle

TableItemStyle コントロールのフッター行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

ForeColor

Web サーバー コントロールの前景色 (通常はテキストの色) を取得または設定します。

(継承元 WebControl)
GridLines

GridView コントロールのグリッド線のスタイルを取得または設定します。

HasAttributes

コントロールに属性セットがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 WebControl)
HasChildViewState

現在のサーバー コントロールの子コントロールが、保存されたビューステートの設定を持っているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
HeaderRow

GridViewRow コントロールのヘッダー行を表す GridView オブジェクトを取得します。

HeaderStyle

TableItemStyle コントロールのヘッダー行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

Height

Web サーバー コントロールの高さを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
HorizontalAlign

ページ上の GridView コントロールの水平方向の配置を取得または設定します。

ID

サーバー コントロールに割り当てられたプログラム ID を取得または設定します。

(継承元 Control)
IdSeparator

コントロール ID を区別するために使用する文字を取得します。

(継承元 Control)
Initialized

データ バインド コントロールが初期化されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
InsertMethod

データを挿入するために呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

(継承元 CompositeDataBoundControl)
IsBoundUsingDataSourceID

DataSourceID プロパティが設定されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
IsChildControlStateCleared

このコントロールに含まれているコントロールに、コントロールの状態が設定されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
IsDataBindingAutomatic

データ バインドが自動かどうか示す値を取得します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
IsEnabled

コントロールが有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 WebControl)
IsTrackingViewState

サーバー コントロールがビューステートの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
IsUsingModelBinders

モデル バインディングが使用中かどうかを示す値を取得します。

(継承元 CompositeDataBoundControl)
IsViewStateEnabled

このコントロールでビューステートが有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ItemType

厳密に型指定されているデータ バインディングのデータ項目型の名前を取得または設定します。

(継承元 DataBoundControl)
LoadViewStateByID

コントロールがインデックスではなく ID によりビューステートの読み込みを行うかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
NamingContainer

同じ ID プロパティ値を持つ複数のサーバー コントロールを区別するための一意の名前空間を作成する、サーバー コントロールの名前付けコンテナーへの参照を取得します。

(継承元 Control)
Page

サーバー コントロールを含んでいる Page インスタンスへの参照を取得します。

(継承元 Control)
PageCount

GridView コントロールにデータ ソースのレコードを表示するために必要なページ数を取得します。

PageIndex

現在表示されているページのインデックスを取得または設定します。

PagerSettings

PagerSettings コントロールのページャー ボタンのプロパティを設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

PagerStyle

TableItemStyle コントロールのページ行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

PagerTemplate

GridView コントロールのページ行用のカスタム コンテンツを取得または設定します。

PageSize

GridView コントロールの 1 ページに表示されるレコード数を取得または設定します。

Parent

ページ コントロールの階層構造における、サーバー コントロールの親コントロールへの参照を取得します。

(継承元 Control)
RenderingCompatibility

レンダリングされる HTML と互換性がある ASP.NET のバージョンを表す値を取得します。

(継承元 Control)
RequiresDataBinding

DataBind() メソッドを呼び出す必要があるかどうか示す値を取得または設定します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
RowHeaderColumn

GridView コントロールの列ヘッダーとして使用する列の名前を取得または設定します。 このプロパティは、補助技術デバイスのユーザーにとって、より使いやすいコントロールを実現するための手段として用意されています。

Rows

GridViewRow コントロールのデータ行を表す GridView オブジェクトのコレクションを取得します。

RowStyle

TableItemStyle コントロールのデータ行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

SelectArguments

データ バインド コントロールが、データ ソース コントロールからデータを取得するときに使用する DataSourceSelectArguments オブジェクトを取得します。

(継承元 DataBoundControl)
SelectedDataKey

DataKey コントロールの選択されている行のデータ キー値が格納された GridView オブジェクトを取得します。

SelectedIndex

GridView コントロール内の選択されている行のインデックスを取得または設定します。

SelectedPersistedDataKey

GridView コントロールで保持されている選択項目のデータ キー値を取得または設定します。

SelectedRow

コントロールで選択されている行を表す GridViewRow オブジェクトへの参照を取得します。

SelectedRowStyle

TableItemStyle コントロールの選択されている行の外観を設定できるようにする GridView オブジェクトへの参照を取得します。

SelectedValue

GridView コントロールの選択されている行のデータ キー値を取得します。

SelectMethod

データを読み取るために呼び出すメソッドの名前。

(継承元 DataBoundControl)
ShowFooter

GridView コントロールにフッター行を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

ShowHeader

GridView コントロールにヘッダー行を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

ShowHeaderWhenEmpty

列にデータがない場合に、GridView コントロールに列見出しを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

Site

デザイン サーフェイスに現在のコントロールを表示するときに、このコントロールをホストするコンテナーに関する情報を取得します。

(継承元 Control)
SkinID

コントロールに適用するスキンを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
SortDirection

並べ替えられる列の並べ替えの方向を取得します。

SortedAscendingCellStyle

列が昇順で並べ替えられる場合に、GridView 列の CSS スタイルを取得または設定します。

SortedAscendingHeaderStyle

列が昇順で並べ替えられる場合に、GridView 列の見出しに適用する CSS スタイルを取得または設定します。

SortedDescendingCellStyle

列が降順で並べ替えられる場合に、GridView 列のスタイルを取得または設定します。

SortedDescendingHeaderStyle

列が降順で並べ替えられる場合に、GridView 列の見出しに適用されるスタイルを取得または設定します。

SortExpression

並べ替えられる 1 つ以上の列に関連付けられている並べ替え式を取得します。

Style

Web サーバー コントロールの外側のタグにスタイル属性として表示されるテキスト属性のコレクションを取得します。

(継承元 WebControl)
SupportsDisabledAttribute

コントロールの disabled プロパティが IsEnabled の場合、レンダリングされた HTML 要素の false 属性を "無効" に設定するかどうかを示す値を取得します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
TabIndex

Web サーバー コントロールのタブ インデックスを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
TagKey

GridView コントロールの HtmlTextWriterTag 値を取得します。

TagName

コントロール タグの名前を取得します。 このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
TemplateControl

このコントロールを格納しているテンプレートへの参照を取得または設定します。

(継承元 Control)
TemplateSourceDirectory

現在のサーバー コントロールを格納している Page または UserControl の仮想ディレクトリを取得します。

(継承元 Control)
ToolTip

マウス ポインターが Web サーバー コントロールの上を移動したときに表示されるテキストを取得または設定します。

(継承元 WebControl)
TopPagerRow

GridViewRow コントロールの上部のページ行を表す GridView オブジェクトを取得します。

UniqueID

階層構造で修飾されたサーバー コントロールの一意の ID を取得します。

(継承元 Control)
UpdateMethod

データを更新するために呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

UpdateMethod

データを更新するために呼び出すメソッドの名前を取得または設定します。

(継承元 CompositeDataBoundControl)
UseAccessibleHeader

GridView コントロールのヘッダーをユーザー補助対応の形式で表示するかどうかを示す値を取得します。 このプロパティは、補助技術デバイスのユーザーにとって、より使いやすいコントロールを実現するための手段として用意されています。

ValidateRequestMode

ブラウザーからのクライアント入力の安全性をコントロールで調べるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
ViewState

同一のページに対する複数の要求にわたって、サーバー コントロールのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。

(継承元 Control)
ViewStateIgnoresCase

StateBag オブジェクトが大文字小文字を区別しないかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
ViewStateMode

このコントロールのビューステート モードを取得または設定します。

(継承元 Control)
VirtualItemCount

カスタム ページングを使用している場合に、GridView コントロールのバインド先となるデータ ソースの仮想項目数を取得または設定します。

Visible

サーバー コントロールがページ上の UI としてレンダリングされているかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
Width

Web サーバー コントロールの幅を取得または設定します。

(継承元 WebControl)

メソッド

AddAttributesToRender(HtmlTextWriter)

指定した HtmlTextWriterTag に表示する必要のある HTML 属性およびスタイルを追加します。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
AddedControl(Control, Int32)

子コントロールが Control オブジェクトの Controls コレクションに追加された後に呼び出されます。

(継承元 Control)
AddParsedSubObject(Object)

XML または HTML のいずれかの要素が解析されたことをサーバー コントロールに通知し、サーバー コントロールの ControlCollection オブジェクトに要素を追加します。

(継承元 Control)
ApplyStyle(Style)

指定したスタイルの空白以外の要素を Web コントロールにコピーして、コントロールの既存のスタイル要素を上書きします。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
ApplyStyleSheetSkin(Page)

ページのスタイル シートに定義されたスタイル プロパティをコントロールに適用します。

(継承元 Control)
BeginRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを開始します。

(継承元 Control)
BuildProfileTree(String, Boolean)

ページのトレースが有効な場合、サーバー コントロールに関する情報を収集し、これを表示するために Trace プロパティに渡します。

(継承元 Control)
ClearCachedClientID()

キャッシュされた ClientID 値を null に設定します。

(継承元 Control)
ClearChildControlState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールについて、コントロールの状態情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearChildState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報およびコントロールの状態情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearChildViewState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報を削除します。

(継承元 Control)
ClearEffectiveClientIDMode()

現在のコントロール インスタンスおよびすべての子コントロールの ClientIDMode プロパティを Inherit に設定します。

(継承元 Control)
ConfirmInitState()

データ バインド コントロールの初期化状態を設定します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
CopyBaseAttributes(WebControl)

指定した Web サーバー コントロールから、Style オブジェクトでカプセル化されていないプロパティをこのメソッドの呼び出し元の Web サーバー コントロールにコピーします。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
CreateAutoGeneratedColumn(AutoGeneratedFieldProperties)
互換性のために残されています。

自動生成される列フィールドを作成します。

CreateChildControls()

ビューステートに格納された値に基づいて、複合データ バインド コントロールの表示に使用されるコントロール階層を作成します。

(継承元 CompositeDataBoundControl)
CreateChildControls(IEnumerable, Boolean)

指定されたデータ ソースを使用して、GridView コントロールの表示に使用するコントロール階層を作成します。

CreateChildTable()

新しい子テーブルを作成します。

CreateColumns(PagedDataSource, Boolean)

コントロール階層の構築に使用する列フィールドのセットを作成します。

CreateControlCollection()

サーバー コントロールの子コントロール (リテラルとサーバーの両方) を保持する新しい ControlCollection オブジェクトを作成します。

(継承元 Control)
CreateControlStyle()

コントロールの既定のスタイルを作成します。

CreateDataSourceSelectArguments()

処理のためにデータ ソースに渡された引数を格納する DataSourceSelectArguments オブジェクトを作成します。

CreateRow(Int32, Int32, DataControlRowType, DataControlRowState)

GridView コントロールの行を作成します。

DataBind()

データ ソースを GridView コントロールにバインドします。 このメソッドは継承できません。

DataBind(Boolean)

DataBinding イベントを発生させるオプションを指定して、呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。

(継承元 Control)
DataBindChildren()

データ ソースをサーバー コントロールの子コントロールにバインドします。

(継承元 Control)
DeleteRow(Int32)

指定したインデックス位置のレコードをデータ ソースから削除します。

Dispose()

サーバー コントロールが、メモリから解放される前に最終的なクリーンアップを実行できるようにします。

(継承元 Control)
EndRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを終了します。

(継承元 Control)
EnsureChildControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。 含まれていない場合、子コントロールを作成します。

(継承元 Control)
EnsureDataBound()

DataBind() プロパティが設定されていて、データ バインド コントロールにバインディングが必要とマークされている場合に、DataSourceID メソッドを呼び出します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
EnsureID()

ID が割り当てられていないコントロールの ID を作成します。

(継承元 Control)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
ExtractRowValues(IOrderedDictionary, GridViewRow, Boolean, Boolean)

指定した行内で宣言されている各フィールドの値を取得し、それらを指定した IOrderedDictionary オブジェクトに格納します。

FindControl(String)

指定した id パラメーターを使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。

(継承元 Control)
FindControl(String, Int32)

指定した id および検索に役立つ pathOffset パラメーターに指定された整数を使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。 この形式の FindControl メソッドはオーバーライドしないでください。

(継承元 Control)
Focus()

コントロールに入力フォーカスを設定します。

(継承元 Control)
GetCallbackResult()

コントロールを対象とするコールバック イベントの結果を返します。

GetCallbackScript(IButtonControl, String)

並べ替え操作を実行するボタンのコールバック スクリプトを作成します。

GetData()

データ操作を実行するために、データ バインド コントロールが使用する DataSourceView オブジェクトを取得します。

(継承元 DataBoundControl)
GetDataSource()

データ バインド コントロールが関連付けられている IDataSource インターフェイスを取得します (存在する場合)。

(継承元 DataBoundControl)
GetDesignModeState()

コントロールのデザイン時データを取得します。

(継承元 Control)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetRouteUrl(Object)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, Object)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。

(継承元 Control)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUniqueIDRelativeTo(Control)

指定されたコントロールの UniqueID プロパティのプレフィックス部分を返します。

(継承元 Control)
HasControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。

(継承元 Control)
HasEvents()

コントロールまたは子コントロールに対してイベントが登録されているかどうかを示す値を返します。

(継承元 Control)
InitializePager(GridViewRow, Int32, PagedDataSource)

ページング機能が有効な場合に表示されるページ行を初期化します。

InitializeRow(GridViewRow, DataControlField[])

GridView コントロール内の行を初期化します。

IsBindableType(Type)

指定したデータ型を GridView コントロールの列にバインドできるかどうかを確認します。

IsLiteralContent()

サーバー コントロールがリテラルな内容だけを保持しているかどうかを決定します。

(継承元 Control)
LoadControlState(Object)

GridView プロパティが false に設定されていても、永続化する必要がある EnableViewState コントロールのプロパティの状態を読み込みます。

LoadViewState(Object)

以前に保存した GridView コントロールのビュー ステートを読み込みます。

MapPathSecure(String)

仮想パス (絶対パスまたは相対パス) の割り当て先の物理パスを取得します。

(継承元 Control)
MarkAsDataBound()

ビューステートのコントロールの状態を、データに正常にバインドされた状態に設定します。

(継承元 DataBoundControl)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MergeStyle(Style)

指定したスタイルの空白以外の要素を Web コントロールにコピーしますが、コントロールの既存のスタイル要素は上書きしません。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
OnBubbleEvent(Object, EventArgs)

Web サーバー コントロールのイベントをページのユーザー インターフェイス (UI) サーバー コントロールの階層構造に渡すかどうかを決定します。

OnCreatingModelDataSource(CreatingModelDataSourceEventArgs)

CreatingModelDataSource イベントを発生させます。

(継承元 DataBoundControl)
OnDataBinding(EventArgs)

DataBinding イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnDataBound(EventArgs)

DataBound イベントを発生させます。

(継承元 BaseDataBoundControl)
OnDataPropertyChanged()

GridViewDataMember、または DataSource の各プロパティが変更された後で DataSourceID コントロールをデータにバインドし直します。

OnDataSourceViewChanged(Object, EventArgs)

DataSourceViewChanged イベントを発生させます。

OnInit(EventArgs)

Init イベントを発生させます。

OnLoad(EventArgs)

Load イベントを処理します。

(継承元 DataBoundControl)
OnPageIndexChanged(EventArgs)

PageIndexChanged イベントを発生させます。

OnPageIndexChanging(GridViewPageEventArgs)

PageIndexChanging イベントを発生させます。

OnPagePreLoad(Object, EventArgs)

コントロールが読み込まれる前に、データ バインド コントロールの初期化された状態を設定します。

OnPreRender(EventArgs)

PreRender イベントを発生させます。

OnRowCancelingEdit(GridViewCancelEditEventArgs)

RowCancelingEdit イベントを発生させます。

OnRowCommand(GridViewCommandEventArgs)

RowCommand イベントを発生させます。

OnRowCreated(GridViewRowEventArgs)

RowCreated イベントを発生させます。

OnRowDataBound(GridViewRowEventArgs)

RowDataBound イベントを発生させます。

OnRowDeleted(GridViewDeletedEventArgs)

RowDeleted イベントを発生させます。

OnRowDeleting(GridViewDeleteEventArgs)

RowDeleting イベントを発生させます。

OnRowEditing(GridViewEditEventArgs)

RowEditing イベントを発生させます。

OnRowUpdated(GridViewUpdatedEventArgs)

RowUpdated イベントを発生させます。

OnRowUpdating(GridViewUpdateEventArgs)

RowUpdating イベントを発生させます。

OnSelectedIndexChanged(EventArgs)

SelectedIndexChanged イベントを発生させます。

OnSelectedIndexChanging(GridViewSelectEventArgs)

SelectedIndexChanging イベントを発生させます。

OnSorted(EventArgs)

Sorted イベントを発生させます。

OnSorting(GridViewSortEventArgs)

Sorting イベントを発生させます。

OnUnload(EventArgs)

Unload イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OpenFile(String)

ファイルの読み込みで使用される Stream を取得します。

(継承元 Control)
PerformDataBinding(IEnumerable)

指定したデータ ソースを GridView コントロールにバインドします。

PerformSelect()

関連するデータ ソースからデータを取得します。

(継承元 DataBoundControl)
PrepareControlHierarchy()

コントロール階層を確立します。

RaiseBubbleEvent(Object, EventArgs)

イベントのソースおよびその情報をコントロールの親に割り当てます。

(継承元 Control)
RaiseCallbackEvent(String)

GetCallbackEventReference(Control, String, String, String, Boolean) メソッドのコールバック ハンドラーの引数を作成します。

RaisePostBackEvent(String)

サーバーへのポストバック時に、GridView コントロールに適切なイベントを発生させます。

RemovedControl(Control)

Control オブジェクトの Controls コレクションから子コントロールが削除された後に呼び出されます。

(継承元 Control)
Render(HtmlTextWriter)

指定した HtmlTextWriter オブジェクトを使用して、Web サーバー コントロールのコンテンツをクライアントのブラウザーに表示します。

RenderBeginTag(HtmlTextWriter)

コントロールの HTML 開始タグを指定したライターに表示します。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
RenderChildren(HtmlTextWriter)

提供された HtmlTextWriter オブジェクトに対してサーバー コントロールの子のコンテンツを出力すると、クライアントで表示されるコンテンツが記述されます。

(継承元 Control)
RenderContents(HtmlTextWriter)

コントロールの内容を指定したライターに出力します。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
RenderControl(HtmlTextWriter)

指定の HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力し、トレースが有効である場合はコントロールに関するトレース情報を保存します。

(継承元 Control)
RenderControl(HtmlTextWriter, ControlAdapter)

指定した ControlAdapter オブジェクトを使用して、指定した HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力します。

(継承元 Control)
RenderEndTag(HtmlTextWriter)

コントロールの HTML 終了タグを指定したライターに表示します。 このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

(継承元 WebControl)
ResolveAdapter()

指定したコントロールを表示するコントロール アダプターを取得します。

(継承元 Control)
ResolveClientUrl(String)

ブラウザーで使用できる URL を取得します。

(継承元 Control)
ResolveUrl(String)

要求側クライアントで使用できる URL に変換します。

(継承元 Control)
SaveControlState()

GridView プロパティが false に設定されていても、永続化する必要がある EnableViewState コントロールのプロパティの状態を保存します。

SaveViewState()

以前に保存した GridView コントロールのビュー ステートを読み込みます。

SelectRow(Int32)

GridView コントロールで編集する行を選択します。

SetDesignModeState(IDictionary)

コントロールのデザイン時データを設定します。

(継承元 Control)
SetEditRow(Int32)

指定した行インデックスを使用して、GridView コントロールの行を編集モードにします。

SetPageIndex(Int32)

行インデックスを使用して、GridView コントロールのページ インデックスを設定します。

SetRenderMethodDelegate(RenderMethod)

サーバー コントロールとその内容を親コントロールに表示するイベント ハンドラー デリゲートを割り当てます。

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object)

トレース データ キーとトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object, Object)

トレースされたオブジェクト、トレース データ キー、およびトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。

(継承元 Control)
Sort(String, SortDirection)

指定した並べ替え式と方向に基づいて GridView コントロールを並べ替えます。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TrackViewState()

GridView コントロールに対するビューステートの変更を追跡し、コントロールの StateBag オブジェクトに保存できるようにします。 このオブジェクトは、ViewState プロパティによってアクセスできます。

UpdateRow(Int32, Boolean)

行のフィールド値を使用して、指定した行インデックス位置にあるレコードを更新します。

ValidateDataSource(Object)

データ バインド コントロールのバインド先のオブジェクトが処理可能かどうかを確認します。

(継承元 DataBoundControl)

イベント

CallingDataMethods

データのメソッドが呼び出されるときに発生します。

(継承元 DataBoundControl)
CreatingModelDataSource

ModelDataSource オブジェクトが作成されるときに発生します。

(継承元 DataBoundControl)
DataBinding

サーバー コントロールがデータ ソースに連結すると発生します。

(継承元 Control)
DataBound

サーバー コントロールがデータ ソースにバインドした後に発生します。

(継承元 BaseDataBoundControl)
Disposed

サーバー コントロールがメモリから解放されると発生します。これは、ASP.NET ページが要求されている場合のサーバー コントロールの有効期間における最終段階です。

(継承元 Control)
Init

サーバー コントロールが初期化されると発生します。これは、サーバー コントロールの有効期間における最初の手順です。

(継承元 Control)
Load

サーバー コントロールが Page オブジェクトに読み込まれると発生します。

(継承元 Control)
PageIndexChanged

ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、GridView コントロールがページング操作を処理した後に発生します。

PageIndexChanging

ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、GridView コントロールがページング操作を処理する前に発生します。

PreRender

Control オブジェクトの読み込み後、表示を開始する前に発生します。

(継承元 Control)
RowCancelingEdit

編集モードで行の Cancel ボタンがクリックされた場合に、行が編集モードを終了する前に発生します。

RowCommand

GridView コントロールのボタンがクリックされたときに発生します。

RowCreated

行が GridView コントロールに作成されたときに発生します。

RowDataBound

GridView コントロールでデータ行がデータにバインドされたときに発生します。

RowDeleted

行の Delete ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが行を削除した後に発生します。

RowDeleting

行の Delete ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが行を削除する前に発生します。

RowEditing

行の Edit ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが編集モードになる前に発生します。

RowUpdated

行の Update ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが行を更新した後に発生します。

RowUpdating

行の Update ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが行を更新する前に発生します。

SelectedIndexChanged

行の Select ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが選択操作を処理した後に発生します。

SelectedIndexChanging

行の Select ボタンがクリックされた場合に、GridView コントロールが選択操作を処理する前に発生します。

Sorted

列を並べ替えるハイパーリンクがクリックされた場合に、GridView コントロールが並べ替え操作を処理した後に発生します。

Sorting

列を並べ替えるハイパーリンクがクリックされた場合に、GridView コントロールが並べ替え操作を処理する前に発生します。

Unload

サーバー コントロールがメモリからアンロードされると発生します。

(継承元 Control)

明示的なインターフェイスの実装

IAttributeAccessor.GetAttribute(String)

指定された名前の Web コントロールの属性を取得します。

(継承元 WebControl)
IAttributeAccessor.SetAttribute(String, String)

Web コントロールの属性を指定された名前と値に設定します。

(継承元 WebControl)
ICallbackContainer.GetCallbackScript(IButtonControl, String)

並べ替え操作を実行するボタンのコールバック スクリプトを作成します。

ICallbackEventHandler.GetCallbackResult()

コントロールを対象とするコールバック イベントの結果を返します。

ICallbackEventHandler.RaiseCallbackEvent(String)

GetCallbackEventReference(Control, String, String, String, Boolean) メソッドのコールバック ハンドラーの引数を作成します。

IControlBuilderAccessor.ControlBuilder

このメンバーの詳細については、「ControlBuilder」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.GetDesignModeState()

このメンバーの詳細については、「GetDesignModeState()」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetDesignModeState(IDictionary)

このメンバーの詳細については、「SetDesignModeState(IDictionary)」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetOwnerControl(Control)

このメンバーの詳細については、「SetOwnerControl(Control)」をご覧ください。

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.UserData

このメンバーの詳細については、「UserData」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.DataBindings

このメンバーの詳細については、「DataBindings」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.HasDataBindings

このメンバーの詳細については、「HasDataBindings」をご覧ください。

(継承元 Control)
IDataBoundControl.DataKeyNames

データ バインド コントロールに表示される項目の主キー フィールドの名前を取得または設定します。

IDataBoundControl.DataMember

データ バインド コントロールにバインドされるデータ ソース コントロールによって公開されるテーブルを取得または設定します。

IDataBoundControl.DataSource

データ バインド コントロールがデータ項目一覧を取得する際の取得元となるデータ ソース オブジェクトを取得または設定します。

IDataBoundControl.DataSourceID

データ バインド コントロールのデータ項目一覧の取得元となるデータ ソースの ID を取得または設定します。

IDataBoundControl.DataSourceObject

データ バインド コントロールがデータ項目一覧を取得する際の取得元となるデータ ソース オブジェクトを取得または設定します。

IDataBoundListControl.ClientIDRowSuffix

データ バインド コントロールの各インスタンスを一意に識別するために使用される、ClientID プロパティ値に追加される値を持つデータ フィールドの名前を取得または設定します。

IDataBoundListControl.DataKeys

データ バインド コントロールの DataKeys 値を表すオブジェクトのコレクションを取得します。

IDataBoundListControl.EnablePersistedSelection

行の選択をインデックスに基づいて行うかデータ キー値に基づいて行うかを示す値を取得または設定します。

IDataBoundListControl.SelectedDataKey

データ バインド コントロールの選択されている行のデータ キー値が格納されたオブジェクトを取得します。

IDataBoundListControl.SelectedIndex

データ バインド コントロール内の選択されている行のインデックスを取得または設定します。

IDataKeysControl.ClientIDRowSuffixDataKeys

ASP.NET により ClientID の値が生成されるときに、データ バインド コントロールの各インスタンスを一意に識別するために使用されるデータ値を取得します。

IExpressionsAccessor.Expressions

このメンバーの詳細については、「Expressions」をご覧ください。

(継承元 Control)
IExpressionsAccessor.HasExpressions

このメンバーの詳細については、「HasExpressions」をご覧ください。

(継承元 Control)
IFieldControl.FieldsGenerator

ASP.NET Dynamic Data により使用されるデータ バインド コントロールの列を自動的に生成するコントロールを取得または設定します。

IParserAccessor.AddParsedSubObject(Object)

このメンバーの詳細については、「AddParsedSubObject(Object)」をご覧ください。

(継承元 Control)
IPersistedSelector.DataKey

このメンバーの詳細については、「DataKey」をご覧ください。

IPostBackContainer.GetPostBackOptions(IButtonControl)

指定したボタン コントロールのポストバック動作を表す PostBackOptions オブジェクトを作成します。

IPostBackEventHandler.RaisePostBackEvent(String)

サーバーへのポストバック時に、GridView コントロールに適切なイベントを発生させます。

拡張メソッド

EnablePersistedSelection(BaseDataBoundControl)
互換性のために残されています。

選択内容とページングをサポートするデータ コントロールで選択内容の永続化を有効にします。

FindDataSourceControl(Control)

指定されたコントロールのデータ コントロールに関連付けられているデータ ソースを返します。

FindFieldTemplate(Control, String)

指定されたコントロールの名前付けコンテナー内にある、指定された列のフィールド テンプレートを返します。

FindMetaTable(Control)

格納しているデータ コントロールのメタテーブル オブジェクトを返します。

GetDefaultValues(INamingContainer)

指定されたデータ コントロールの既定値のコレクションを取得します。

GetMetaTable(INamingContainer)

指定されたデータ コントロールのテーブル メタデータを取得します。

SetMetaTable(INamingContainer, MetaTable)

指定されたデータ コントロールのテーブル メタデータを設定します。

SetMetaTable(INamingContainer, MetaTable, IDictionary<String,Object>)

指定したデータ コントロールのテーブル メタデータおよび既定値のマッピングを設定します。

SetMetaTable(INamingContainer, MetaTable, Object)

指定したデータ コントロールのテーブル メタデータおよび既定値のマッピングを設定します。

TryGetMetaTable(INamingContainer, MetaTable)

テーブル メタデータが使用できるかどうかを判断します。

EnableDynamicData(INamingContainer, Type)

指定されたデータ コントロールの動的データの動作を有効にします。

EnableDynamicData(INamingContainer, Type, IDictionary<String,Object>)

指定されたデータ コントロールの動的データの動作を有効にします。

EnableDynamicData(INamingContainer, Type, Object)

指定されたデータ コントロールの動的データの動作を有効にします。

適用対象

こちらもご覧ください