DetailsView クラス

定義

各データ行がレコードのフィールドを表すテーブル内のデータ ソースから単一レコードの値を表示します。Displays the values of a single record from a data source in a table, where each data row represents a field of the record. DetailsView コントロールを使用すると、レコードの編集、削除、および挿入ができます。The DetailsView control allows you to edit, delete, and insert records.

public ref class DetailsView : System::Web::UI::WebControls::CompositeDataBoundControl, System::Web::UI::ICallbackEventHandler, System::Web::UI::IDataItemContainer, System::Web::UI::IPostBackEventHandler, System::Web::UI::WebControls::ICallbackContainer, System::Web::UI::WebControls::IDataBoundItemControl, System::Web::UI::WebControls::IFieldControl, System::Web::UI::WebControls::IPostBackContainer
[System.Web.UI.ControlValueProperty("SelectedValue")]
public class DetailsView : System.Web.UI.WebControls.CompositeDataBoundControl, System.Web.UI.ICallbackEventHandler, System.Web.UI.IDataItemContainer, System.Web.UI.IPostBackEventHandler, System.Web.UI.WebControls.ICallbackContainer, System.Web.UI.WebControls.IDataBoundItemControl, System.Web.UI.WebControls.IFieldControl, System.Web.UI.WebControls.IPostBackContainer
type DetailsView = class
    inherit CompositeDataBoundControl
    interface IDataItemContainer
    interface INamingContainer
    interface ICallbackContainer
    interface ICallbackEventHandler
    interface IPostBackEventHandler
    interface IPostBackContainer
    interface IDataBoundItemControl
    interface IDataBoundControl
    interface IFieldControl
Public Class DetailsView
Inherits CompositeDataBoundControl
Implements ICallbackContainer, ICallbackEventHandler, IDataBoundItemControl, IDataItemContainer, IFieldControl, IPostBackContainer, IPostBackEventHandler
継承
属性
実装

次のコード例は、を使用して、 DetailsView単純なマスター/詳細GridViewシナリオのコントロールとコントロールを組み合わせて使用する方法を示しています。The following code example demonstrates how to use to use a DetailsView control in combination with a GridView control for a simple master-detail scenario. GridViewコントロールで選択された項目の詳細が表示されます。It displays the details of an item selected in the GridView control.

<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title>ASP.NET Example</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
    <div>
      <table>
        <tr>
          <td>
            <asp:GridView ID="GridView1" runat="server" 
              AutoGenerateColumns="False" DataSourceID="Customers"
              DataKeyNames="CustomerID">
              <Columns>
                <asp:CommandField ShowSelectButton="True" />
                <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
                <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
              </Columns>
            </asp:GridView>
          </td>
          <td valign="top">
            <asp:DetailsView ID="DetailsView1" runat="server" 
              AutoGenerateRows="True" DataKeyNames="CustomerID"
              DataSourceID="Details" Height="50px" Width="301px">
            </asp:DetailsView>
          </td>
        </tr>
      </table>
      &nbsp;&nbsp;
      <asp:SqlDataSource ID="Details" runat="server" 
        ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
        SelectCommand="SELECT * FROM [Customers] WHERE ([CustomerID] = @CustomerID)">
        <SelectParameters>
          <asp:ControlParameter ControlID="GridView1" Name="CustomerID" 
            PropertyName="SelectedValue"
            Type="String" />
        </SelectParameters>
      </asp:SqlDataSource>
      <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
        ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
        SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], [CustomerID] FROM [Customers]">
      </asp:SqlDataSource>
    </div>
  </form>
</body>
</html>
<%@ Page Language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title>ASP.NET Example</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
    <div>
      <table>
        <tr>
          <td>
            <asp:GridView ID="GridView1" runat="server" 
              AutoGenerateColumns="False" DataSourceID="Customers"
              DataKeyNames="CustomerID">
              <Columns>
                <asp:CommandField ShowSelectButton="True" />
                <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
                <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
              </Columns>
            </asp:GridView>
          </td>
          <td valign="top">
            <asp:DetailsView ID="DetailsView1" runat="server" 
              AutoGenerateRows="True" DataKeyNames="CustomerID"
              DataSourceID="Details" Height="50px" Width="301px">
            </asp:DetailsView>
          </td>
        </tr>
      </table>
      &nbsp;&nbsp;
      <asp:SqlDataSource ID="Details" runat="server" 
        ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
        SelectCommand="SELECT * FROM [Customers] WHERE ([CustomerID] = @CustomerID)">
        <SelectParameters>
          <asp:ControlParameter ControlID="GridView1" Name="CustomerID" 
            PropertyName="SelectedValue"
            Type="String" />
        </SelectParameters>
      </asp:SqlDataSource>
      <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
        ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
        SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], [CustomerID] FROM [Customers]">
      </asp:SqlDataSource>
    </div>
  </form>
</body>
</html>

次のコード例は、 DetailsViewコントロールを使用してレコードを追加、削除、および編集する方法を示しています。The following code example demonstrates how to use the DetailsView control to add, delete, and edit records.


<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
  void CustomerDetail_ItemInserted(object sender, 
    DetailsViewInsertedEventArgs e)
  {
    // Refresh the GridView control after a new record is inserted 
    // in the DetailsView control.
    CustomersView.DataBind();
  }

  void CustomerDetail_ItemInserting(object sender, 
    DetailsViewInsertEventArgs e)
  {
    // Iterate though the values entered by the user and HTML encode 
    // the values. This helps prevent malicious values from being 
    // stored in the data source.
    for (int i = 0; i < e.Values.Count; i++)
    {
      if (e.Values[i] != null)
      {
        e.Values[i] = Server.HtmlEncode(e.Values[i].ToString());
      }
    }
  }

  void CustomerDetail_ItemUpdated(object sender, 
    DetailsViewUpdatedEventArgs e)
  {
    // Refresh the GridView control after a new record is updated 
    // in the DetailsView control.
    CustomersView.DataBind();
  }

  void CustomerDetail_ItemUpdating(object sender, 
    DetailsViewUpdateEventArgs e)
  {
    // Iterate though the values entered by the user and HTML encode 
    // the values. This helps prevent malicious values from being 
    // stored in the data source.
    for (int i = 0; i < e.NewValues.Count; i++)
    {
      if (e.NewValues[i] != null)
      {
        e.NewValues[i] = Server.HtmlEncode(e.NewValues[i].ToString());
      }
    }
  }

  void CustomerDetail_ItemDeleted(object sender, 
    DetailsViewDeletedEventArgs e)
  {
    // Refresh the GridView control after a new record is updated 
    // in the DetailsView control.
    CustomersView.DataBind();
  }
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title>
      DetailsView Example</title>
</head>
<body>
  <form id="Form1" runat="server">
    <h3>
      DetailsView Example</h3>
    <table cellspacing="10">
      <tr>
        <td>
          <!-- Use a GridView control in combination with      -->
          <!-- a DetailsView control to display master-detail  -->
          <!-- information. When the user selects a store from -->
          <!-- GridView control, the customers//s detailed     -->
          <!-- information is displayed in the DetailsView     -->
          <!-- control.                                        -->
          <asp:GridView ID="CustomersView" DataSourceID="Customers" 
            AutoGenerateColumns="False"
            DataKeyNames="CustomerID" runat="server">
            <HeaderStyle BackColor="Blue" ForeColor="White" />
            <Columns>
              <asp:CommandField ShowSelectButton="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" 
                HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" 
                HeaderText="CompanyName" />
            </Columns>
          </asp:GridView>
        </td>
        <td valign="top">
          <asp:DetailsView ID="CustomerDetail" 
            DataSourceID="Details" AutoGenerateRows="false"
            AutoGenerateInsertButton="true" 
            AutoGenerateEditButton="true" 
            AutoGenerateDeleteButton="true"
            EmptyDataText="No records." 
            DataKeyNames="CustomerID" GridLines="Both" 
            OnItemInserted="CustomerDetail_ItemInserted"
            OnItemInserting="CustomerDetail_ItemInserting" 
            OnItemUpdated="CustomerDetail_ItemUpdated"
            OnItemUpdating="CustomerDetail_ItemUpdating" 
            OnItemDeleted="CustomerDetail_ItemDeleted"
            runat="server">
            <HeaderStyle BackColor="Navy" ForeColor="White" />
            <RowStyle BackColor="White" />
            <AlternatingRowStyle BackColor="LightGray" />
            <EditRowStyle BackColor="LightCyan" />
            <Fields>
              <asp:BoundField DataField="CustomerID" HeaderText="CustomerID" ReadOnly="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="ContactTitle" HeaderText="ContactTitle" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
              <asp:BoundField DataField="Address" HeaderText="Address" />
              <asp:BoundField DataField="City" HeaderText="City" />
              <asp:BoundField DataField="Region" HeaderText="Region" />
              <asp:BoundField DataField="PostalCode" HeaderText="PostalCode" />
              <asp:BoundField DataField="Country" HeaderText="Country" />
              <asp:BoundField DataField="Phone" HeaderText="Phone" />
              <asp:BoundField DataField="Fax" HeaderText="Fax" />
            </Fields>
          </asp:DetailsView>
        </td>
      </tr>
    </table>
    <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects -->
    <!-- to the Northwind sample database.                   -->
    <!-- It is strongly recommended that each data-bound     -->
    <!-- control uses a separate data source control.        -->
    <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
      ConnectionString=
        "<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], [CustomerID] 
        FROM [Customers]">
    </asp:SqlDataSource>
    <!-- Add a filter to the data source control for the     -->
    <!-- DetailsView control to display the details of the   -->
    <!-- store selected in the GridView control.             -->
    <asp:SqlDataSource ID="Details" 
      ConnectionString=
        "<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      runat="server" 
      SelectCommand="SELECT * FROM [Customers] 
        WHERE ([CustomerID] = @CustomerID)"
      DeleteCommand="DELETE FROM [Customers] 
        WHERE [CustomerID] = @CustomerID"
      InsertCommand="INSERT INTO [Customers] ([CustomerID], 
        [CompanyName], [ContactName], [ContactTitle], [Address], 
        [City], [Region], [PostalCode], [Country], [Phone], [Fax]) 
        VALUES (@CustomerID, @CompanyName, @ContactName, @ContactTitle, 
        @Address, @City, @Region, @PostalCode, @Country, @Phone, @Fax)"
      UpdateCommand="UPDATE [Customers] SET [CompanyName] = @CompanyName, 
        [ContactName] = @ContactName, [ContactTitle] = @ContactTitle, 
        [Address] = @Address, [City] = @City, [Region] = @Region, 
        [PostalCode] = @PostalCode, [Country] = @Country, 
        [Phone] = @Phone, [Fax] = @Fax 
        WHERE [CustomerID] = @CustomerID">
      <SelectParameters>
        <asp:ControlParameter ControlID="CustomersView" 
          Name="CustomerID" PropertyName="SelectedValue"
          Type="String" />
      </SelectParameters>
      <DeleteParameters>
        <asp:Parameter Name="CustomerID" Type="String" />
      </DeleteParameters>
      <UpdateParameters>
        <asp:Parameter Name="CompanyName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactTitle" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Address" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="City" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Region" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="PostalCode" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Country" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Phone" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Fax" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="CustomerID" Type="String" />
      </UpdateParameters>
      <InsertParameters>
        <asp:Parameter Name="CustomerID" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="CompanyName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactTitle" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Address" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="City" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Region" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="PostalCode" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Country" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Phone" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Fax" Type="String" />
      </InsertParameters>
    </asp:SqlDataSource>
  </form>
</body>
</html>
<%@ Page Language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
  Sub CustomerDetail_ItemInserted(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As DetailsViewInsertedEventArgs)
    ' Refresh the GridView control after a new record is inserted in 
    ' the DetailsView control.
    CustomersView.DataBind()
  End Sub
  
  Sub CustomerDetail_ItemInserting(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As DetailsViewInsertEventArgs)
    ' Iterate though the values entered by the user and HTML encode 
    ' the values. This helps prevent malicious values from being 
    ' stored in the data source.
    For i As Integer = 0 To e.Values.Count - 1
      If e.Values(i) IsNot Nothing Then
        e.Values(i) = Server.HtmlEncode(e.Values(i).ToString())
      End If
    Next
  End Sub
  
  Sub CustomerDetail_ItemUpdated(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As DetailsViewUpdatedEventArgs)
    ' Refresh the GridView control after a new record is updated 
    ' in the DetailsView control.
    CustomersView.DataBind()
  End Sub
  
  Sub CustomerDetail_ItemUpdating(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As DetailsViewUpdateEventArgs)
    ' Iterate though the values entered by the user and HTML encode 
    ' the values. This helps prevent malicious values from being 
    ' stored in the data source.
    For i As Integer = 0 To e.NewValues.Count - 1
      If e.NewValues(i) IsNot Nothing Then
        e.NewValues(i) = Server.HtmlEncode(e.NewValues(i).ToString())
      End If
    Next
  End Sub
  
  Sub CustomerDetail_ItemDeleted(ByVal sender As Object, _
    ByVal e As DetailsViewDeletedEventArgs)
    ' Refresh the GridView control after a new record is updated 
    ' in the DetailsView control.
    CustomersView.DataBind()
  End Sub
</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title>DetailsView Example</title>
</head>
<body>
  <form id="Form1" runat="server">
    <h3>DetailsView Example</h3>
    <table cellspacing="10">
      <tr>
        <td>
          <!-- Use a GridView control in combination with      -->
          <!-- a DetailsView control to display master-detail  -->
          <!-- information. When the user selects a store from -->
          <!-- GridView control, the customers's detailed      -->
          <!-- information is displayed in the DetailsView     -->
          <!-- control.                                        -->
          <asp:GridView ID="CustomersView" DataSourceID="Customers" 
            AutoGenerateColumns="False"
            DataKeyNames="CustomerID" runat="server">
            <HeaderStyle BackColor="Blue" ForeColor="White" />
            <Columns>
              <asp:CommandField ShowSelectButton="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" 
                HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" 
                HeaderText="CompanyName" />
            </Columns>
          </asp:GridView>
        </td>
        <td valign="top">
          <asp:DetailsView ID="CustomerDetail" DataSourceID="Details" 
            AutoGenerateRows="false"
            AutoGenerateInsertButton="true" 
            AutoGenerateEditButton="true" 
            AutoGenerateDeleteButton="true"
            EmptyDataText="No records." 
            DataKeyNames="CustomerID" GridLines="Both" 
            OnItemInserted="CustomerDetail_ItemInserted"
            OnItemInserting="CustomerDetail_ItemInserting" 
            OnItemUpdated="CustomerDetail_ItemUpdated"
            OnItemUpdating="CustomerDetail_ItemUpdating" 
            OnItemDeleted="CustomerDetail_ItemDeleted"
            runat="server">
            <HeaderStyle BackColor="Navy" ForeColor="White" />
            <RowStyle BackColor="White" />
            <AlternatingRowStyle BackColor="LightGray" />
            <EditRowStyle BackColor="LightCyan" />
            <Fields>
              <asp:BoundField DataField="CustomerID" HeaderText="CustomerID" 
                ReadOnly="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="ContactTitle" HeaderText="ContactTitle" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
              <asp:BoundField DataField="Address" HeaderText="Address" />
              <asp:BoundField DataField="City" HeaderText="City" />
              <asp:BoundField DataField="Region" HeaderText="Region" />
              <asp:BoundField DataField="PostalCode" HeaderText="PostalCode" />
              <asp:BoundField DataField="Country" HeaderText="Country" />
              <asp:BoundField DataField="Phone" HeaderText="Phone" />
              <asp:BoundField DataField="Fax" HeaderText="Fax" />
            </Fields>
          </asp:DetailsView>
        </td>
      </tr>
    </table>
    <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects -->
    <!-- to the Northwind sample database.                   -->
    <!-- It is strongly recommended that each data-bound     -->
    <!-- control uses a separate data source control.        -->
    <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
      ConnectionString=
        "<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], [CustomerID] 
        FROM [Customers]">
    </asp:SqlDataSource>
    <!-- Add a filter to the data source control for the     -->
    <!-- DetailsView control to display the details of the   -->
    <!-- store selected in the GridView control.             -->
    <asp:SqlDataSource ID="Details" 
      ConnectionString=
        "<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      runat="server" 
      SelectCommand="SELECT * FROM [Customers] 
        WHERE ([CustomerID] = @CustomerID)"
      DeleteCommand="DELETE FROM [Customers] 
        WHERE [CustomerID] = @CustomerID"
      InsertCommand="INSERT INTO [Customers] ([CustomerID], 
        [CompanyName], [ContactName], [ContactTitle], [Address], 
        [City], [Region], [PostalCode], [Country], [Phone], [Fax]) 
        VALUES (@CustomerID, @CompanyName, @ContactName, 
        @ContactTitle, @Address, @City, @Region, @PostalCode, 
        @Country, @Phone, @Fax)"
      UpdateCommand="UPDATE [Customers] SET 
        [CompanyName] = @CompanyName, 
        [ContactName] = @ContactName, [ContactTitle] = @ContactTitle, 
        [Address] = @Address, [City] = @City, [Region] = @Region, 
        [PostalCode] = @PostalCode, [Country] = @Country, 
        [Phone] = @Phone, [Fax] = @Fax 
        WHERE [CustomerID] = @CustomerID">
      <SelectParameters>
        <asp:ControlParameter ControlID="CustomersView" 
          Name="CustomerID" PropertyName="SelectedValue"
          Type="String" />
      </SelectParameters>
      <DeleteParameters>
        <asp:Parameter Name="CustomerID" Type="String" />
      </DeleteParameters>
      <UpdateParameters>
        <asp:Parameter Name="CompanyName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactTitle" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Address" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="City" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Region" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="PostalCode" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Country" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Phone" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Fax" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="CustomerID" Type="String" />
      </UpdateParameters>
      <InsertParameters>
        <asp:Parameter Name="CustomerID" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="CompanyName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactName" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="ContactTitle" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Address" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="City" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Region" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="PostalCode" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Country" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Phone" Type="String" />
        <asp:Parameter Name="Fax" Type="String" />
      </InsertParameters>
    </asp:SqlDataSource>
  </form>
</body>
</html>

次のコード例は、宣言によってDetailsView行フィールドをコントロールに追加する方法を示しています。The following code example demonstrates how to declaratively add row fields to the DetailsView control.

<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title>ASP.NET Example</title>
</head>
<body>
  <form id="Form1" runat="server">
    <table cellspacing="10">
      <tr>
        <td>
          <!-- Use a GridView control in combination with      -->
          <!-- a DetailsView control to display master-detail  -->
          <!-- information. When the user selects a store from -->
          <!-- GridView control, the store's detailed          -->
          <!-- information is displayed in the DetailsView     -->
          <!-- control.                                        -->
          <asp:GridView ID="GridView1" runat="server" 
            DataSourceID="Customers" AutoGenerateColumns="False" 
            DataKeyNames="CustomerID">
            <Columns>
              <asp:CommandField ShowSelectButton="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
            </Columns>
          </asp:GridView>
        </td>
        <td valign="top">
          <asp:DetailsView ID="DetailsView" runat="server"
            DataSourceID="Details" AutoGenerateRows="false"
            DataKeyNames="CustomerID" >
            <HeaderStyle BackColor="Navy" ForeColor="White" />
            <Fields>
              <asp:BoundField DataField="CustomerID" HeaderText="CustomerID" 
                ReadOnly="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="ContactTitle" HeaderText="ContactTitle" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
              <asp:BoundField DataField="City" HeaderText="City" />
              <asp:BoundField DataField="Region" HeaderText="Region" />
              <asp:BoundField DataField="PostalCode" HeaderText="PostalCode" />
              <asp:BoundField DataField="Country" HeaderText="Country" />
            </Fields>
          </asp:DetailsView>
        </td>
      </tr>
    </table>
    <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects -->
    <!-- to the Northwind sample database.                        -->
    <!-- It is strongly recommended that each data-bound     -->
    <!-- control uses a separate data source control.        -->
    <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], [CustomerID] FROM [Customers]">
    </asp:SqlDataSource>
    <!-- Add a filter to the data source control for the     -->
    <!-- DetailsView control to display the details of the   -->
    <!-- store selected in the GridView control.             -->
    <asp:SqlDataSource ID="Details" runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      SelectCommand="SELECT * FROM [Customers] WHERE ([CustomerID] = @CustomerID)">
      <SelectParameters>
        <asp:ControlParameter ControlID="GridView1" Name="CustomerID" 
          PropertyName="SelectedValue"
          Type="String" />
      </SelectParameters>
    </asp:SqlDataSource>
  </form>
</body>
</html>
<%@ Page Language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title>ASP.NET Example</title>
</head>
<body>
  <form id="Form1" runat="server">
    <table cellspacing="10">
      <tr>
        <td>
          <!-- Use a GridView control in combination with      -->
          <!-- a DetailsView control to display master-detail  -->
          <!-- information. When the user selects a store from -->
          <!-- GridView control, the store's detailed          -->
          <!-- information is displayed in the DetailsView     -->
          <!-- control.                                        -->
          <asp:GridView ID="GridView1" runat="server" 
            DataSourceID="Customers" AutoGenerateColumns="False" 
            DataKeyNames="CustomerID">
            <Columns>
              <asp:CommandField ShowSelectButton="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
            </Columns>
          </asp:GridView>
        </td>
        <td valign="top">
          <asp:DetailsView ID="DetailsView" runat="server"
            DataSourceID="Details" AutoGenerateRows="false"
            DataKeyNames="CustomerID" >
            <HeaderStyle BackColor="Navy" ForeColor="White" />
            <Fields>
              <asp:BoundField DataField="CustomerID" HeaderText="CustomerID" 
                ReadOnly="True" />
              <asp:BoundField DataField="ContactName" HeaderText="ContactName" />
              <asp:BoundField DataField="ContactTitle" HeaderText="ContactTitle" />
              <asp:BoundField DataField="CompanyName" HeaderText="CompanyName" />
              <asp:BoundField DataField="City" HeaderText="City" />
              <asp:BoundField DataField="Region" HeaderText="Region" />
              <asp:BoundField DataField="PostalCode" HeaderText="PostalCode" />
              <asp:BoundField DataField="Country" HeaderText="Country" />
            </Fields>
          </asp:DetailsView>
        </td>
      </tr>
    </table>
    <!-- This example uses Microsoft SQL Server and connects -->
    <!-- to the Northwind sample database.                        -->
    <!-- It is strongly recommended that each data-bound     -->
    <!-- control uses a separate data source control.        -->
    <asp:SqlDataSource ID="Customers" runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      SelectCommand="SELECT [CompanyName], [ContactName], [CustomerID] FROM [Customers]">
    </asp:SqlDataSource>
    <!-- Add a filter to the data source control for the     -->
    <!-- DetailsView control to display the details of the   -->
    <!-- store selected in the GridView control.             -->
    <asp:SqlDataSource ID="Details" runat="server" 
      ConnectionString="<%$ ConnectionStrings:NorthwindConnectionString %>"
      SelectCommand="SELECT * FROM [Customers] WHERE ([CustomerID] = @CustomerID)">
      <SelectParameters>
        <asp:ControlParameter ControlID="GridView1" Name="CustomerID" 
          PropertyName="SelectedValue"
          Type="String" />
      </SelectParameters>
    </asp:SqlDataSource>
  </form>
</body>
</html>

注釈

このトピックの内容:In this topic:

はじめにIntroduction

DetailsViewコントロールは、テーブル内のデータソースから1つのレコードを表示するために使用されます。このテーブルでは、レコードの各フィールドがテーブルの行に表示されます。The DetailsView control is used to display a single record from a data source in a table, where each field of the record is displayed in a row of the table. これは、マスターと詳細のシナリオGridViewのためにコントロールと組み合わせて使用できます。It can be used in combination with a GridView control for master-detail scenarios. コントロールDetailsViewは、次の機能をサポートしています。The DetailsView control supports the following features:

  • などのSqlDataSourceデータソースコントロールへのバインド。Binding to data source controls, such as SqlDataSource.

  • 組み込みの挿入機能。Built-in inserting capabilities.

  • 組み込みの更新および削除機能。Built-in updating and deleting capabilities.

  • 組み込みのページング機能。Built-in paging capabilities.

  • オブジェクトモデルへのDetailsViewプログラムによるアクセス。プロパティを動的に設定したり、イベントを処理したりします。Programmatic access to the DetailsView object model to dynamically set properties, handle events, and so on.

  • テーマとスタイルによるカスタマイズ可能な外観。Customizable appearance through themes and styles.

行フィールドRow Fields

DetailsViewコントロール内の各データ行は、フィールドコントロールを宣言することによって作成されます。Each data row in the DetailsView control is created by declaring a field control. 行フィールドの種類が異なると、コントロールの行の動作が決まります。Different row field types determine the behavior of the rows in the control. フィールドコントロールはからDataControlField派生します。Field controls derive from DataControlField. 次の表に、使用できるさまざまな行フィールドの種類を示します。The following table lists the different row field types that can be used.

列フィールドの型Column field type 説明Description
BoundField データソース内のフィールドの値をテキストとして表示します。Displays the value of a field in a data source as text.
ButtonField DetailsViewコントロールにコマンドボタンを表示します。Displays a command button in the DetailsView control. これにより、[追加] や [削除] などのカスタムボタンコントロールを含む行を表示できます。This allows you to display a row with a custom button control, such as an Add or a Remove button.
CheckBoxField DetailsViewコントロールにチェックボックスを表示します。Displays a check box in the DetailsView control. この行フィールド型は、通常、ブール値を持つフィールドを表示するために使用されます。This row field type is commonly used to display fields with a Boolean value.
CommandField DetailsViewコントロールで編集、挿入、または削除の各操作を実行するための組み込みコマンドボタンを表示します。Displays built-in command buttons to perform edit, insert, or delete operations in the DetailsView control.
HyperLinkField データソース内のフィールドの値をハイパーリンクとして表示します。Displays the value of a field in a data source as a hyperlink. この行フィールドの種類を使用すると、2番目のフィールドをハイパーリンクの URL にバインドできます。This row field type allows you to bind a second field to the hyperlink's URL.
ImageField DetailsViewコントロールにイメージを表示します。Displays an image in the DetailsView control.
TemplateField 指定されたテンプレートに従って、 DetailsViewコントロールの行に対するユーザー定義のコンテンツを表示します。Displays user-defined content for a row in the DetailsView control according to a specified template. この行フィールドの種類を使用すると、カスタム行フィールドを作成できます。This row field type allows you to create a custom row field.

既定AutoGenerateRowsでは、プロパティはにtrue設定されます。これにより、データソース内のバインド可能な型の各フィールドに対して、バインドされた行フィールドオブジェクトが自動的に生成されます。By default, the AutoGenerateRows property is set to true, which automatically generates a bound row field object for each field of a bindable type in the data source. 有効なバインド可能StringDateTimeDecimalGuid、、、、、およびプリミティブ型のセットです。Valid bindable types are String, DateTime, Decimal, Guid, and the set of primitive types. 各フィールドは、データソースに各フィールドが表示される順序で、テキストとして行に表示されます。Each field is then displayed in a row as text, in the order in which each field appears in the data source.

行を自動的に生成することで、レコード内のすべてのフィールドをすばやく簡単に表示できます。Automatically generating the rows provides a quick and easy way to display every field in the record. ただし、 DetailsViewコントロールの高度な機能を使用するには、 DetailsViewコントロールに含める行フィールドを明示的に宣言する必要があります。However, to make use of the DetailsView control's advanced capabilities you must explicitly declare the row fields to include in the DetailsView control. 行フィールドを宣言するには、まずAutoGenerateRowsプロパティをfalseに設定します。To declare the row fields, first set the AutoGenerateRows property to false. 次に、 DetailsViewコントロールの開始<Fields>タグと終了タグの間に開始タグと終了タグを追加します。Next, add opening and closing <Fields> tags between the opening and closing tags of the DetailsView control. 最後に、開始タグと終了<Fields>タグの間に含める行フィールドを一覧表示します。Finally, list the row fields that you want to include between the opening and closing <Fields> tags. 指定された行フィールドは、 Fields一覧に示されている順序でコレクションに追加されます。The row fields specified are added to the Fields collection in the order listed. コレクションを使用すると、 DetailsViewコントロールの行フィールドをプログラムによって管理できます。 FieldsThe Fields collection allows you to programmatically manage the row fields in the DetailsView control.

注意

自動的に生成された行フィールドはFieldsコレクションに追加されません。Automatically generated row fields are not added to the Fields collection.

注意

明示的に宣言された行フィールドは、自動的に生成される行フィールドと組み合わせて表示できます。Explicitly declared row fields can be displayed in combination with automatically generated row fields. 両方を使用する場合は、明示的に宣言された行フィールドが最初に表示され、その後に自動的に生成された行フィールドが続きます。When both are used, explicitly declared row fields are rendered first, followed by the automatically generated row fields.

バインド (データに)Binding to Data

System.Collections.IEnumerable ObjectDataSource SqlDataSource System.Data.DataViewコントロールは、データソースコントロール (コントロールやコントロールなど)、またはインターフェイスを実装する任意のデータソースコレクション (、 System.Collections.ArrayList、など) にバインドできます。 DetailsView System.Collections.Generic.List<T>、、またはその他のコレクション型。The DetailsView control can be bound to a data source control (such as the SqlDataSource control or ObjectDataSource control) or to any data source collection that implements the System.Collections.IEnumerable interface, such as System.Data.DataView, System.Collections.ArrayList, System.Collections.Generic.List<T>, or other collection types. 次のいずれかのメソッドを使用しDetailsViewて、コントロールを適切なデータソースの種類にバインドします。Use one of the following methods to bind the DetailsView control to the appropriate data source type:

  • データソースコントロールにバインドするには、 DataSourceID DetailsViewコントロールのプロパティをデータソースコントロールIDの値に設定します。To bind to a data source control, set the DataSourceID property of the DetailsView control to the ID value of the data source control. コントロールDetailsViewは、指定されたデータソースコントロールに自動的にバインドされます。The DetailsView control automatically binds to the specified data source control. これは、データにバインドするために推奨される方法です。This is the preferred method to bind to data.

  • System.Collections.IEnumerableインターフェイスを実装するデータソースにバインドするには、プログラムでDataSource DetailsViewコントロールのプロパティをデータソースDataBindに設定してから、メソッドを呼び出します。To bind to a data source that implements the System.Collections.IEnumerable interface, programmatically set the DataSource property of the DetailsView control to the data source and then call the DataBind method.

データバインディングの詳細については、「データベースへのバインド」を参照してください。For more information on data binding, see Binding to Databases.

セキュリティSecurity

このコントロールを使用して、悪意のあるクライアントスクリプトを含む可能性のあるユーザー入力を表示できます。This control can be used to display user input, which might include malicious client script. アプリケーションに表示する前に、実行可能スクリプト、SQL ステートメント、またはその他のコードに対してクライアントから送信された情報を確認してください。Check any information that is sent from a client for executable script, SQL statements, or other code before displaying it in your application. ASP.NET には、ユーザー入力でスクリプトと HTML をブロックする入力要求の検証機能が用意されています。ASP.NET provides an input request validation feature to block script and HTML in user input. 詳細については、「スクリプトによる攻略の概要」を参照してください。For more information, see Script Exploits Overview. 検証サーバーコントロールは、ユーザーの入力を評価するためにも用意されています。Validation server controls are also provided to assess user input. 詳細については、「検証サーバーコントロールの構文」を参照してください。For more information, see Validation Server Control Syntax.

データ操作Data Operations

DetailsViewコントロールには、ユーザーがコントロール内の項目を更新、削除、挿入、およびページ表示できるようにする組み込みの機能が用意されています。The DetailsView control provides built-in capabilities that allow the user to update, delete, insert, and page through items in the control. コントロールがデータソースコントロールにバインドされるとDetailsView 、コントロールはデータソースコントロールの機能を利用し、自動更新、削除、挿入、およびページング機能を提供できます。 DetailsViewWhen the DetailsView control is bound to a data source control, the DetailsView control can take advantage of the data source control's capabilities and provide automatic updating, deleting, inserting, and paging functionality.

注意

コントロールDetailsViewは、他の種類のデータソースとの間で更新、削除、挿入、ページングなどの操作をサポートできます。ただし、適切なイベントハンドラーでこれらの操作の実装を提供する必要があります。The DetailsView control can provide support for update, delete, insert, and paging operations with other types of data sources; however, you must provide the implementation for these operations in an appropriate event handler. 詳細については、「ItemDeletingItemInsertingおよび「ItemUpdating」を参照してください。For more information, see ItemDeleting, ItemInserting, and ItemUpdating.

AutoGenerateEditButton CommandField true AutoGenerateInsertButtonコントロールでは、 、AutoGenerateDeleteButton、またはの各プロパティをそれぞれに設定することによって、[編集]、[削除]、または [新規作成] の各ボタンを持つ行フィールドを自動的に追加できます。 DetailsViewThe DetailsView control can automatically add a CommandField row field with an Edit, Delete, or New button by setting the AutoGenerateEditButton, AutoGenerateDeleteButton, or AutoGenerateInsertButton properties to true, respectively. [削除] ボタン (選択したレコードを直ちに削除するボタン) とは異なり、[編集DetailsView ] または [新規作成] ボタンをクリックすると、コントロールが編集モードまたは挿入モードにそれぞれ移動します。Unlike the Delete button (which deletes the selected record immediately), when the Edit or New button is clicked, the DetailsView control goes into edit or insert mode, respectively. 編集モードでは、[編集] ボタンは更新と [キャンセル] ボタンに置き換えられます。In edit mode, the Edit button is replaced with an Update and a Cancel button. フィールドのデータ型 ( TextBox CheckBoxやコントロールなど) に適した入力コントロールは、ユーザーが変更するフィールドの値と共に表示されます。Input controls that are appropriate for the field's data type (such as a TextBox or a CheckBox control) are displayed with a field's value for the user to modify. [更新] ボタンをクリックすると、データソース内のレコードが更新されます。 [キャンセル] ボタンをクリックすると、すべての変更が破棄されます。Clicking the Update button updates the record in the data source, while clicking the Cancel button abandons any changes. 同様に、挿入モードでは、[新規] ボタンが挿入および [キャンセル] ボタンに置き換えられ、ユーザーが新しいレコードの値を入力するための空の入力コントロールが表示されます。Likewise, in insert mode, the New button is replaced with an Insert and a Cancel button, and empty input controls are displayed for the user to enter the values for the new record.

注意

また、、 ButtonField CommandField、またはTemplateField行フィールドで、update、delete、および insert コマンドボタンを手動で定義することもできます。You can also manually define the update, delete, and insert command buttons in a ButtonField, CommandField, or TemplateField row field. コントロールDetailsViewは、プロパティがCommandName "Edit"、"Update"、"Delete"、"New"、"Insert"、または "Cancel" に設定されたボタンを認識しますが、機能を自分で提供する必要があります。The DetailsView control recognizes buttons with the CommandName property set to "Edit", "Update", "Delete", "New", "Insert", or "Cancel"; however, you still must provide the functionality yourself. 詳細については、「ItemDeletingItemInsertingおよび「ItemUpdating」を参照してください。For more information, see ItemDeleting, ItemInserting, and ItemUpdating.

コントロールDetailsViewはページング機能を提供します。これにより、ユーザーはデータソース内の他のレコードに移動できます。The DetailsView control provides a paging feature, which allows the user to navigate to other records in the data source. 有効にすると、ページナビゲーションコントロールがポケットベルの行に表示されます。When enabled, page navigation controls are displayed in a pager row. ページングを有効にするにAllowPagingは、 trueプロパティをに設定します。To enable paging, set the AllowPaging property to true. ページャー行は、プロパティPagerStylePagerSettingsプロパティを使用してカスタマイズできます。The pager row can be customized using the PagerStyle and PagerSettings properties.

ユーザーインターフェイスのカスタマイズCustomizing the User Interface

コントロールのさまざまな部分のスタイルDetailsViewプロパティを設定することによって、コントロールの外観をカスタマイズできます。You can customize the appearance of the DetailsView control by setting the style properties for different parts of the control. 次の表に、設定できるスタイルプロパティを示します。The following table lists the style properties that you can set.

Style プロパティStyle property 説明Description
AlternatingRowStyle DetailsViewコントロールの交互のデータ行のスタイル設定。The style settings for the alternating data rows in the DetailsView control. このプロパティが設定されている場合、データ行は、 RowStyle設定AlternatingRowStyleと設定を交互にバンドで表示されます。When this property is set, the data rows are displayed in bands, alternating between the RowStyle settings and the AlternatingRowStyle settings.
CommandRowStyle 組み込みコマンドボタンを含む行のスタイル設定。The style settings for the row that contains the built-in command buttons.
EditRowStyle DetailsViewコントロールが編集モードの場合のデータ行のスタイル設定。The style settings for the data rows when the DetailsView control is in edit mode.
EmptyDataRowStyle データソースにレコードが含まれていない場合にDetailsViewコントロールに表示される空のデータ行のスタイル設定。The style settings for the empty data row that are displayed in the DetailsView control when the data source does not contain any records.
FooterStyle フッター行のスタイル設定。The style settings for the footer row.
HeaderStyle ヘッダー行のスタイル設定。The style settings for the header row.
InsertRowStyle DetailsViewコントロールが挿入モードの場合のデータ行のスタイル設定。The style settings for the data rows when the DetailsView control is in insert mode.
PagerStyle ページャー行のスタイル設定。The style settings for the pager row.
RowStyle DetailsViewコントロール内のデータ行のスタイル設定。The style settings for the data rows in the DetailsView control. プロパティも設定されている場合は、 RowStyle設定とAlternatingRowStyle設定の間にデータ行が交互に表示されます。 AlternatingRowStyleWhen the AlternatingRowStyle property is also set, the data rows are displayed alternating between the RowStyle settings and the AlternatingRowStyle settings.
FieldHeaderStyle ヘッダー列のスタイル設定。The style settings for the header column.

イベントEvents

コントロールDetailsViewには、プログラミングできるいくつかのイベントが用意されています。The DetailsView control provides several events that you can program against. これにより、イベントが発生するたびにカスタムルーチンを実行できます。This allows you to run a custom routine whenever an event occurs. 次の表に、 DetailsViewコントロールでサポートされるイベントの一覧を示します。The following table lists the events supported by the DetailsView control. またDetailsView 、コントロールはDisposed Init DataBound Load Render、基本クラス (、、、、、 、および)からこれらのイベントを継承します。PreRender DataBindingThe DetailsView control also inherits these events from its base classes: DataBinding, DataBound, Disposed, Init, Load, PreRender, and Render.

eventEvent 説明Description
ItemCommand DetailsView コントロール内でボタンがクリックされると発生します。Occurs when a button is clicked in the DetailsView control.
ItemCreated コントロールにすべてDetailsViewRowのオブジェクトが作成された後に発生します。 DetailsViewOccurs after all DetailsViewRow objects are created in the DetailsView control. このイベントは、レコードが表示される前にレコードの値を変更するためによく使用されます。This event is often used to modify the values of a record before it is displayed.
ItemDeleted [削除] ボタンがクリックされたときにDetailsView 、コントロールがデータソースからレコードを削除したときに発生します。Occurs when a Delete button is clicked, but after the DetailsView control deletes the record from the data source. このイベントは、多くの場合、削除操作の結果を確認するために使用されます。This event is often used to check the results of the delete operation.
ItemDeleting [削除] ボタンがクリックされたときにDetailsView 、コントロールがデータソースからレコードを削除する前に発生します。Occurs when a Delete button is clicked, but before the DetailsView control deletes the record from the data source. このイベントは、多くの場合、削除操作を取り消すために使用されます。This event is often used to cancel the delete operation.
ItemInserted 挿入ボタンがクリックされたときに、コントロールDetailsViewによってレコードが挿入された後で発生します。Occurs when an Insert button is clicked, but after the DetailsView control inserts the record. このイベントは、挿入操作の結果を確認するためによく使用されます。This event is often used to check the results of the insert operation.
ItemInserting 挿入ボタンがクリックされたときに、コントロールDetailsViewがレコードを挿入する前に発生します。Occurs when an Insert button is clicked, but before the DetailsView control inserts the record. このイベントは、挿入操作をキャンセルするためによく使用されます。This event is often used to cancel the insert operation.
ItemUpdated 更新ボタンがクリックされたときに、コントロールDetailsViewによって行が更新されたときに発生します。Occurs when an Update button is clicked, but after the DetailsView control updates the row. このイベントは、多くの場合、更新操作の結果を確認するために使用されます。This event is often used to check the results of the update operation.
ItemUpdating 更新ボタンがクリックされたときに、コントロールDetailsViewがレコードを更新する前に発生します。Occurs when an Update button is clicked, but before the DetailsView control updates the record. このイベントは、多くの場合、更新操作を取り消すために使用されます。This event is often used to cancel the update operation.
ModeChanged コントロールがDetailsViewモード (編集、挿入、または読み取り専用モード) を変更した後に発生します。Occurs after the DetailsView control changes modes (edit, insert, or read-only mode). このイベントは、コントロールがDetailsViewモードを変更したときにタスクを実行するためによく使用されます。This event is often used to perform a task when the DetailsView control changes modes.
ModeChanging コントロールがDetailsViewモード (編集、挿入、または読み取り専用モード) を変更する前に発生します。Occurs before the DetailsView control changes modes (edit, insert, or read-only mode). このイベントは、多くの場合、モードの変更を取り消すために使用されます。This event is often used to cancel a mode change.
PageIndexChanged ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、DetailsView コントロールがページング操作を処理した後に発生します。Occurs when one of the pager buttons is clicked, but after the DetailsView control handles the paging operation. このイベントは、ユーザーがコントロール内の別のレコードに移動した後にタスクを実行する必要がある場合によく使用されます。This event is commonly used when you need to perform a task after the user navigates to a different record in the control.
PageIndexChanging ページャー ボタンの 1 つがクリックされた場合に、DetailsView コントロールがページング操作を処理する前に発生します。Occurs when one of the pager buttons is clicked, but before the DetailsView control handles the paging operation. このイベントは、ページング操作をキャンセルするためによく使用されます。This event is often used to cancel the paging operation.

ユーザー補助Accessibility

ユーザー補助の標準に準拠するマークアップを生成するように、このコントロールを構成する方法については、次を参照してくださいVisual Studio と ASP.NET のユーザー補助機能ASP.NET コントロールやユーザー補助機能For information about how to configure this control so that it generates markup that conforms to accessibility standards, see Accessibility in Visual Studio and ASP.NET and ASP.NET Controls and Accessibility.

宣言型の構文Declarative Syntax

<asp:DetailsView  
    AccessKey="string"  
    AllowPaging="True|False"  
    AutoGenerateDeleteButton="True|False"  
    AutoGenerateEditButton="True|False"  
    AutoGenerateInsertButton="True|False"  
    AutoGenerateRows="True|False"  
    BackColor="color name|#dddddd"  
    BackImageUrl="uri"  
    BorderColor="color name|#dddddd"  
    BorderStyle="NotSet|None|Dotted|Dashed|Solid|Double|Groove|Ridge|  
        Inset|Outset"  
    BorderWidth="size"  
    Caption="string"  
    CaptionAlign="NotSet|Top|Bottom|Left|Right"  
    CellPadding="integer"  
    CellSpacing="integer"  
    CssClass="string"  
    DataKeyNames="string"  
    DataMember="string"  
    DataSource="string"  
    DataSourceID="string"  
    DefaultMode="ReadOnly|Edit|Insert"  
    EmptyDataText="string"  
    Enabled="True|False"  
    EnablePagingCallbacks="True|False"  
    EnableTheming="True|False"  
    EnableViewState="True|False"  
    Font-Bold="True|False"  
    Font-Italic="True|False"  
    Font-Names="string"  
    Font-Overline="True|False"  
    Font-Size="string|Smaller|Larger|XX-Small|X-Small|Small|Medium|  
        Large|X-Large|XX-Large"  
    Font-Strikeout="True|False"  
    Font-Underline="True|False"  
    FooterText="string"  
    ForeColor="color name|#dddddd"  
    GridLines="None|Horizontal|Vertical|Both"  
    HeaderText="string"  
    Height="size"  
    HorizontalAlign="NotSet|Left|Center|Right|Justify"  
    ID="string"  
    OnDataBinding="DataBinding event handler"  
    OnDataBound="DataBound event handler"  
    OnDisposed="Disposed event handler"  
    OnInit="Init event handler"  
    OnItemCommand="ItemCommand event handler"  
    OnItemCreated="ItemCreated event handler"  
    OnItemDeleted="ItemDeleted event handler"  
    OnItemDeleting="ItemDeleting event handler"  
    OnItemInserted="ItemInserted event handler"  
    OnItemInserting="ItemInserting event handler"  
    OnItemUpdated="ItemUpdated event handler"  
    OnItemUpdating="ItemUpdating event handler"  
    OnLoad="Load event handler"  
    OnModeChanged="ModeChanged event handler"  
    OnModeChanging="ModeChanging event handler"  
    OnPageIndexChanged="PageIndexChanged event handler"  
    OnPageIndexChanging="PageIndexChanging event handler"  
    OnPreRender="PreRender event handler"  
    OnUnload="Unload event handler"  
    PageIndex="integer"  
    PagerSettings-FirstPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-FirstPageText="string"  
    PagerSettings-LastPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-LastPageText="string"  
    PagerSettings-Mode="NextPrevious|Numeric|NextPreviousFirstLast|NumericFirstLast"  
    PagerSettings-NextPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-NextPageText="string"  
    PagerSettings-PageButtonCount="integer"  
    PagerSettings-Position="Bottom|Top|TopAndBottom"  
    PagerSettings-PreviousPageImageUrl="uri"  
    PagerSettings-PreviousPageText="string"  
    PagerSettings-Visible="True|False"  
    runat="server"  
    SkinID="string"  
    Style="string"  
    TabIndex="integer"  
    ToolTip="string"  
    Visible="True|False"  
    Width="size"  
>  
        <AlternatingRowStyle />  
        <CommandRowStyle />  
        <EditRowStyle />  
        <EmptyDataRowStyle />  
        <EmptyDataTemplate>  
            <!-- child controls -->  
        </EmptyDataTemplate>  
        <FieldHeaderStyle />  
        <Fields>  
                <asp:BoundField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ApplyFormatInEditMode="True|False"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    DataField="string"  
                    DataFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    HtmlEncode="True|False"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NullDisplayText="string"  
                    ReadOnly="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:BoundField>  
                <asp:ButtonField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ButtonType="Button|Image|Link"  
                    CausesValidation="True|False"  
                    CommandName="string"  
                    DataTextField="string"  
                    DataTextFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    ImageUrl="uri"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Text="string"  
                    ValidationGroup="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:ButtonField>  
                <asp:CheckBoxField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    DataField="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    ReadOnly="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Text="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:CheckBoxField>  
                <asp:CommandField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ButtonType="Button|Image|Link"  
                    CancelImageUrl="uri"  
                    CancelText="string"  
                    CausesValidation="True|False"  
                    DeleteImageUrl="uri"  
                    DeleteText="string"  
                    EditImageUrl="uri"  
                    EditText="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertImageUrl="uri"  
                    InsertText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NewImageUrl="uri"  
                    NewText="string"  
                    SelectImageUrl="uri"  
                    SelectText="string"  
                    ShowCancelButton="True|False"  
                    ShowDeleteButton="True|False"  
                    ShowEditButton="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    ShowInsertButton="True|False"  
                    ShowSelectButton="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    UpdateImageUrl="uri"  
                    UpdateText="string"  
                    ValidationGroup="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:CommandField>  
                <asp:DynamicField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ApplyFormatInEditMode="True|False"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    DataField="string"  
                    DataFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    HtmlEncode="True|False"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NullDisplayText="string"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    UIHint="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:DynamicField>  
                <asp:HyperLinkField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    DataNavigateUrlFields="string"  
                    DataNavigateUrlFormatString="string"  
                    DataTextField="string"  
                    DataTextFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NavigateUrl="uri"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Target="string|_blank|_parent|_search|_self|_top"  
                    Text="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:HyperLinkField>  
                <asp:ImageField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    AlternateText="string"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    DataAlternateTextField="string"  
                    DataAlternateTextFormatString="string"  
                    DataImageUrlField="string"  
                    DataImageUrlFormatString="string"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    NullDisplayText="string"  
                    NullImageUrl="uri"  
                    ReadOnly="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                        <ControlStyle />  
                        <FooterStyle />  
                        <HeaderStyle />  
                        <ItemStyle />  
                </asp:ImageField>  
                <asp:TemplateField  
                    AccessibleHeaderText="string"  
                    ConvertEmptyStringToNull="True|False"  
                    FooterText="string"  
                    HeaderImageUrl="uri"  
                    HeaderText="string"  
                    InsertVisible="True|False"  
                    ShowHeader="True|False"  
                    SortExpression="string"  
                    Visible="True|False"  
>  
                            <ControlStyle />  
                            <FooterStyle />  
                            <HeaderStyle />  
                            <ItemStyle />  
                        <AlternatingItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </AlternatingItemTemplate>  
                        <EditItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </EditItemTemplate>  
                        <FooterTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </FooterTemplate>  
                        <HeaderTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </HeaderTemplate>  
                        <InsertItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </InsertItemTemplate>  
                        <ItemTemplate>  
                            <!-- child controls -->  
                        </ItemTemplate>  
                </asp:TemplateField>  
        </Fields>  
        <FooterStyle />  
        <FooterTemplate>  
            <!-- child controls -->  
        </FooterTemplate>  
        <HeaderStyle />  
        <HeaderTemplate>  
            <!-- child controls -->  
        </HeaderTemplate>  
        <InsertRowStyle />  
        <PagerSettings  
            FirstPageImageUrl="uri"  
            FirstPageText="string"  
            LastPageImageUrl="uri"  
            LastPageText="string"  
            Mode="NextPrevious|Numeric|NextPreviousFirstLast|  
                NumericFirstLast"  
            NextPageImageUrl="uri"  
            NextPageText="string"  
            OnPropertyChanged="PropertyChanged event handler"  
            PageButtonCount="integer"  
            Position="Bottom|Top|TopAndBottom"  
            PreviousPageImageUrl="uri"  
            PreviousPageText="string"  
            Visible="True|False"  
        />  
        <PagerStyle />  
        <PagerTemplate>  
            <!-- child controls -->  
        </PagerTemplate>  
        <RowStyle        />  
</asp:DetailsView>  

コンストラクター

DetailsView()

DetailsView クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the DetailsView class.

プロパティ

AccessKey

Web サーバー コントロールにすばやく移動できるアクセス キーを取得または設定します。Gets or sets the access key that allows you to quickly navigate to the Web server control.

(継承元 WebControl)
Adapter

コントロール用のブラウザー固有のアダプターを取得します。Gets the browser-specific adapter for the control.

(継承元 Control)
AllowPaging

ページング機能が有効かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the paging feature is enabled.

AlternatingRowStyle

TableItemStyle コントロールに交互に表示されるデータ行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the alternating data rows in a DetailsView control.

AppRelativeTemplateSourceDirectory

このコントロールが含まれている Page オブジェクトまたは UserControl オブジェクトのアプリケーション相対の仮想ディレクトリを取得または設定します。Gets or sets the application-relative virtual directory of the Page or UserControl object that contains this control.

(継承元 Control)
Attributes

コントロールのプロパティに対応しない任意の属性 (表示専用) のコレクションを取得します。Gets the collection of arbitrary attributes (for rendering only) that do not correspond to properties on the control.

(継承元 WebControl)
AutoGenerateDeleteButton

現在のレコードを削除するための組み込みのコントロールを DetailsView コントロールに表示するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the built-in control to delete the current record is displayed in a DetailsView control.

AutoGenerateEditButton

現在のレコードを編集するための組み込みのコントロールを DetailsView コントロールに表示するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the built-in controls to edit the current record are displayed in a DetailsView control.

AutoGenerateInsertButton

新しいレコードを挿入するための組み込みのコントロールを DetailsView コントロールに表示するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the built-in controls to insert a new record are displayed in a DetailsView control.

AutoGenerateRows

データ ソース内の各フィールドの行フィールドを自動的に生成して DetailsView コントロールに表示するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether row fields for each field in the data source are automatically generated and displayed in a DetailsView control.

BackColor

Web サーバー コントロールの背景色を取得または設定します。Gets or sets the background color of the Web server control.

(継承元 WebControl)
BackImageUrl

DetailsView コントロールの背景に表示するイメージの URL を取得または設定します。Gets or sets the URL to an image to display in the background of a DetailsView control.

BindingContainer

このコントロールのデータ バインディングを格納しているコントロールを取得します。Gets the control that contains this control's data binding.

(継承元 Control)
BorderColor

Web コントロールの境界線の色を取得または設定します。Gets or sets the border color of the Web control.

(継承元 WebControl)
BorderStyle

Web サーバー コントロールの境界線スタイルを取得または設定します。Gets or sets the border style of the Web server control.

(継承元 WebControl)
BorderWidth

Web サーバー コントロールの境界線の幅を取得または設定します。Gets or sets the border width of the Web server control.

(継承元 WebControl)
BottomPagerRow

DetailsViewRow コントロールの下部のページ行を表す DetailsView オブジェクトを取得します。Gets a DetailsViewRow object that represents the bottom pager row in a DetailsView control.

Caption

DetailsView コントロールの HTML キャプション要素に表示するテキストを取得または設定します。Gets or sets the text to render in an HTML caption element in a DetailsView control. このプロパティは、補助技術デバイスのユーザーにとって、より使いやすいコントロールを実現するための手段として用意されています。This property is provided to make the control more accessible to users of assistive technology devices.

CaptionAlign

DetailsView コントロールの HTML キャプション要素の水平位置または垂直位置を取得または設定します。Gets or sets the horizontal or vertical position of the HTML caption element in a DetailsView control. このプロパティは、補助技術デバイスのユーザーにとって、より使いやすいコントロールを実現するための手段として用意されています。This property is provided to make the control more accessible to users of assistive technology devices.

CellPadding

セルの内容とセルの境界線との間隔を取得または設定します。Gets or sets the amount of space between the contents of a cell and the cell's border.

CellSpacing

セル間の間隔を取得または設定します。Gets or sets the amount of space between cells.

ChildControlsCreated

サーバー コントロールの子コントロールが作成されたかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the server control's child controls have been created.

(継承元 Control)
ClientID

ASP.NET によって生成される HTML マークアップのコントロール ID を取得します。Gets the control ID for HTML markup that is generated by ASP.NET.

(継承元 Control)
ClientIDMode

ClientID プロパティの値を生成するために使用されるアルゴリズムを取得または設定します。Gets or sets the algorithm that is used to generate the value of the ClientID property.

(継承元 Control)
ClientIDSeparator

ClientID プロパティで使用される区切り記号を表す文字値を取得します。Gets a character value representing the separator character used in the ClientID property.

(継承元 Control)
CommandRowStyle

TableItemStyle コントロールのコマンド行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of a command row in a DetailsView control.

Context

現在の Web 要求に対するサーバー コントロールに関連付けられている HttpContext オブジェクトを取得します。Gets the HttpContext object associated with the server control for the current Web request.

(継承元 Control)
Controls

複合データ バインド コントロール内の子コントロールのコレクションを取得します。Gets a collection of the child controls within the composite data-bound control.

(継承元 CompositeDataBoundControl)
ControlStyle

Web サーバー コントロールのスタイルを取得します。Gets the style of the Web server control. このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This property is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
ControlStyleCreated

Style オブジェクトが ControlStyle プロパティに対して作成されたかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether a Style object has been created for the ControlStyle property. このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This property is primarily used by control developers.

(継承元 WebControl)
CssClass

クライアントで Web サーバー コントロールによって表示されるカスケード スタイル シート (CSS: Cascading Style Sheet) クラスを取得または設定します。Gets or sets the Cascading Style Sheet (CSS) class rendered by the Web server control on the client.

(継承元 WebControl)
CurrentMode

DetailsView コントロールの現在の日付入力モードを取得します。Gets the current data-entry mode of the DetailsView control.

DataItem

DetailsView コントロールにバインドされたデータ項目を取得します。Gets the data item bound to the DetailsView control.

DataItemContainer

名前付けコンテナーが IDataItemContainer を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。Gets a reference to the naming container if the naming container implements IDataItemContainer.

(継承元 Control)
DataItemCount

基になるデータ ソース内の項目の数を取得します。Gets the number of items in the underlying data source.

DataItemIndex

基になるデータ ソースから DetailsView コントロールに表示されている項目のインデックスを取得します。Gets the index of the item being displayed in a DetailsView control from the underlying data source.

DataKey

表示されているレコードの主キーを表す DataKey オブジェクトを取得します。Gets a DataKey object that represents the primary key of the displayed record.

DataKeyNames

データ ソースのキー フィールドの名前を格納する配列を取得または設定します。Gets or sets an array that contains the names of the key fields for the data source.

DataKeysContainer

名前付けコンテナーが IDataKeysControl を実装している場合、名前付けコンテナーへの参照を取得します。Gets a reference to the naming container if the naming container implements IDataKeysControl.

(継承元 Control)
DataMember

データ ソースに複数の個別のデータ項目一覧が含まれている場合に、データ バインド コントロールがバインドされるデータの一覧の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the list of data that the data-bound control binds to, in cases where the data source contains more than one distinct list of data items.

(継承元 DataBoundControl)
DataSource

データ バインド コントロールがデータ項目一覧を取得する際の取得元となるオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the object from which the data-bound control retrieves its list of data items.

(継承元 BaseDataBoundControl)
DataSourceID

データ バインド コントロールのデータ項目一覧の取得元となるコントロールの ID を取得または設定します。Gets or sets the ID of the control from which the data-bound control retrieves its list of data items.

(継承元 DataBoundControl)
DataSourceObject

オブジェクトのデータ コンテンツにアクセスできる IDataSource インターフェイスを実装するオブジェクトを取得します。Gets an object that implements the IDataSource interface, which provides access to the object's data content.

(継承元 DataBoundControl)
DefaultMode

DetailsView コントロールの既定のデータ入力モードを取得または設定します。Get or sets the default data-entry mode of the DetailsView control.

DeleteMethod

コントロールが削除操作を実行するときに呼び出されるページのメソッドの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the method on the page that is called when the control performs a delete operation.

DesignMode

コントロールがデザイン サーフェイスで使用されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether a control is being used on a design surface.

(継承元 Control)
EditRowStyle

TableItemStyle コントロールが編集モードの場合のデータ行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the data rows when a DetailsView control is in edit mode.

EmptyDataRowStyle

TableItemStyle コントロールにバインドされたデータ ソースにレコードが格納されていない場合に表示される空のデータ行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the empty data row displayed when the data source bound to a DetailsView control does not contain any records.

EmptyDataTemplate

レコードが格納されていないデータ ソースに DetailsView コントロールがバインドされている場合に表示される空のデータ行用の、ユーザー定義のコンテンツを取得または設定します。Gets or sets the user-defined content for the empty data row rendered when a DetailsView control is bound to a data source that does not contain any records.

EmptyDataText

レコードが格納されていないデータ ソースに DetailsView コントロールがバインドされている場合に表示される、空のデータ行に表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets the text to display in the empty data row rendered when a DetailsView control is bound to a data source that does not contain any records.

Enabled

Web サーバー コントロールを有効にするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the Web server control is enabled.

(継承元 WebControl)
EnableModelValidation

データ モデルの検証が有効かどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether data-model validation is enabled.

EnablePagingCallbacks

クライアント側のコールバック関数を使用して DetailsView コントロールのページング操作を実行するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether client-side callback functions are used for paging operations in the DetailsView control.

EnableTheming

テーマがこのコントロールに適用されるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether themes apply to this control.

(継承元 WebControl)
EnableViewState

要求元クライアントに対して、サーバー コントロールがそのビュー状態と、そこに含まれる任意の子のコントロールのビュー状態を保持するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the server control persists its view state, and the view state of any child controls it contains, to the requesting client.

(継承元 Control)
Events

コントロールのイベント ハンドラー デリゲートのリストを取得します。Gets a list of event handler delegates for the control. このプロパティは読み取り専用です。This property is read-only.

(継承元 Control)
FieldHeaderStyle

TableItemStyle コントロールのヘッダー列の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the header column in a DetailsView control.

Fields

DataControlField コントロールの明示的に宣言された行フィールドを表す DetailsView オブジェクトのコレクションを取得します。Gets a collection of DataControlField objects that represent the explicitly declared row fields in a DetailsView control.

Font

Web サーバー コントロールに関連付けられたフォント プロパティを取得します。Gets the font properties associated with the Web server control.

(継承元 WebControl)
FooterRow

DetailsViewRow コントロールのフッター行を表す DetailsView オブジェクトを取得します。Gets a DetailsViewRow object that represents the footer row in a DetailsView control.

FooterStyle

TableItemStyle コントロールのフッター行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the footer row in a DetailsView control.

FooterTemplate

DetailsView コントロールのフッター行のユーザー定義コンテンツを取得または設定します。Gets or sets the user-defined content for the footer row in a DetailsView control.

FooterText

DetailsView コントロールのフッター行に表示するテキストを取得または設定します。Gets or sets the text to display in the footer row of a DetailsView control.

ForeColor

Web サーバー コントロールの前景色 (通常はテキストの色) を取得または設定します。Gets or sets the foreground color (typically the color of the text) of the Web server control.

(継承元 WebControl)
GridLines

DetailsView コントロールのグリッド線のスタイルを取得または設定します。Gets or sets the gridline style for a DetailsView control.

HasAttributes

コントロールに属性セットがあるかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the control has attributes set.

(継承元 WebControl)
HasChildViewState

現在のサーバー コントロールの子コントロールが、保存されたビューステートの設定を持っているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current server control's child controls have any saved view-state settings.

(継承元 Control)
HeaderRow

DetailsViewRow コントロールのヘッダー行を表す DetailsView オブジェクトを取得します。Gets a DetailsViewRow object that represents the header row in a DetailsView control.

HeaderStyle

TableItemStyle コントロールのヘッダー行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the header row in a DetailsView control.

HeaderTemplate

DetailsView コントロールのヘッダー行のユーザー定義コンテンツを取得または設定します。Gets or sets the user-defined content for the header row in a DetailsView control.

HeaderText

DetailsView コントロールのヘッダー行に表示するテキストを取得または設定します。Gets or sets the text to display in the header row of a DetailsView control.

Height

Web サーバー コントロールの高さを取得または設定します。Gets or sets the height of the Web server control.

(継承元 WebControl)
HorizontalAlign

ページ上の DetailsView コントロールの水平方向の配置を取得または設定します。Gets or sets the horizontal alignment of a DetailsView control on the page.

ID

サーバー コントロールに割り当てられたプログラム ID を取得または設定します。Gets or sets the programmatic identifier assigned to the server control.

(継承元 Control)
IdSeparator

コントロール ID を区別するために使用する文字を取得します。Gets the character used to separate control identifiers.

(継承元 Control)
Initialized

データ バインド コントロールが初期化されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the data-bound control has been initialized.

(継承元 BaseDataBoundControl)
InsertMethod

コントロールが挿入操作を実行するときに呼び出されるページのメソッドの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the method on the page that is called when the control performs an insert operation.

InsertRowStyle

TableItemStyle コントロールが挿入モードの場合に DetailsView コントロールのデータ行の外観を設定できる、DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the data rows in a DetailsView control when the DetailsView control is in insert mode.

IsBoundUsingDataSourceID

DataSourceID プロパティが設定されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the DataSourceID property is set.

(継承元 BaseDataBoundControl)
IsChildControlStateCleared

このコントロールに含まれているコントロールに、コントロールの状態が設定されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether controls contained within this control have control state.

(継承元 Control)
IsDataBindingAutomatic

データ バインディングが自動かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether data binding is automatic.

(継承元 BaseDataBoundControl)
IsEnabled

コントロールが有効かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the control is enabled.

(継承元 WebControl)
IsTrackingViewState

サーバー コントロールがビューステートの変更を保存しているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the server control is saving changes to its view state.

(継承元 Control)
IsUsingModelBinders

モデル バインディングが使用中かどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether model binding is in use.

(継承元 CompositeDataBoundControl)
IsViewStateEnabled

このコントロールでビューステートが有効かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether view state is enabled for this control.

(継承元 Control)
ItemType

厳密に型指定されているデータ バインディングのデータ項目型の名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the data item type for strongly typed data binding.

(継承元 DataBoundControl)
LoadViewStateByID

コントロールがインデックスではなく ID によりビューステートの読み込みを行うかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the control participates in loading its view state by ID instead of index.

(継承元 Control)
NamingContainer

同じ ID プロパティ値を持つ複数のサーバー コントロールを区別するための一意の名前空間を作成する、サーバー コントロールの名前付けコンテナーへの参照を取得します。Gets a reference to the server control's naming container, which creates a unique namespace for differentiating between server controls with the same ID property value.

(継承元 Control)
Page

サーバー コントロールを含んでいる Page インスタンスへの参照を取得します。Gets a reference to the Page instance that contains the server control.

(継承元 Control)
PageCount

データ ソース内のレコードの数を取得します。Gets the number of records in the data source.

PageIndex

表示されているレコードのインデックスを取得または設定します。Gets or sets the index of the displayed record.

PagerSettings

PagerSettings コントロールのページャー ボタンのプロパティを設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the PagerSettings object that allows you to set the properties of the pager buttons in a DetailsView control.

PagerStyle

TableItemStyle コントロールのページ行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the pager row in a DetailsView control.

PagerTemplate

DetailsView コントロールのページ行用のカスタム コンテンツを取得または設定します。Gets or sets the custom content for the pager row in a DetailsView control.

Parent

ページ コントロールの階層構造における、サーバー コントロールの親コントロールへの参照を取得します。Gets a reference to the server control's parent control in the page control hierarchy.

(継承元 Control)
RenderingCompatibility

レンダリングされる HTML と互換性がある ASP.NET のバージョンを表す値を取得します。Gets a value that specifies the ASP.NET version that rendered HTML will be compatible with.

(継承元 Control)
RequiresDataBinding

DataBind() メソッドを呼び出す必要があるかどうか示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether the DataBind() method should be called.

(継承元 BaseDataBoundControl)
Rows

DetailsViewRow コントロールのデータ行を表す DetailsView オブジェクトのコレクションを取得します。Gets a collection of DetailsViewRow objects that represent the data rows in a DetailsView control.

RowsGenerator

ビューに行を自動的に読み込むために IAutoFieldGenerator インターフェイスを実装するオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets an object that implements the IAutoFieldGenerator interface in order to automatically populate rows in the view.

RowStyle

TableItemStyle コントロールのデータ行の外観を設定できる DetailsView オブジェクトへの参照を取得します。Gets a reference to the TableItemStyle object that allows you to set the appearance of the data rows in a DetailsView control.

SelectArguments

データ バインド コントロールが、データ ソース コントロールからデータを取得するときに使用する DataSourceSelectArguments オブジェクトを取得します。Gets a DataSourceSelectArguments object that the data-bound control uses when retrieving data from a data source control.

(継承元 DataBoundControl)
SelectedValue

DetailsView コントロールの現在のレコードのデータ キー値を取得します。Gets the data key value of the current record in a DetailsView control.

SelectMethod

データを読み取るために呼び出すメソッドの名前。The name of the method to call in order to read data.

(継承元 DataBoundControl)
Site

デザイン サーフェイスに現在のコントロールを表示するときに、このコントロールをホストするコンテナーに関する情報を取得します。Gets information about the container that hosts the current control when rendered on a design surface.

(継承元 Control)
SkinID

コントロールに適用するスキンを取得または設定します。Gets or sets the skin to apply to the control.

(継承元 WebControl)
Style

Web サーバー コントロールの外側のタグにスタイル属性として表示されるテキスト属性のコレクションを取得します。Gets a collection of text attributes that will be rendered as a style attribute on the outer tag of the Web server control.

(継承元 WebControl)
SupportsDisabledAttribute

コントロールの IsEnabled プロパティが disabled の場合、レンダリングされた HTML 要素の false 属性を "無効" に設定するかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the control should set the disabled attribute of the rendered HTML element to "disabled" when the control's IsEnabled property is false.

(継承元 BaseDataBoundControl)
TabIndex

Web サーバー コントロールのタブ インデックスを取得または設定します。Gets or sets the tab index of the Web server control.

(継承元 WebControl)
TagKey

DetailsView コントロールの HtmlTextWriterTag 値を取得します。Gets the HtmlTextWriterTag value for the DetailsView control.

TagName

コントロール タグの名前を取得します。Gets the name of the control tag. このプロパティは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This property is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
TemplateControl

このコントロールを格納しているテンプレートへの参照を取得または設定します。Gets or sets a reference to the template that contains this control.

(継承元 Control)
TemplateSourceDirectory

現在のサーバー コントロールを格納している Page または UserControl の仮想ディレクトリを取得します。Gets the virtual directory of the Page or UserControl that contains the current server control.

(継承元 Control)
ToolTip

マウス ポインターが Web サーバー コントロールの上を移動したときに表示されるテキストを取得または設定します。Gets or sets the text displayed when the mouse pointer hovers over the Web server control.

(継承元 WebControl)
TopPagerRow

DetailsViewRow コントロールの上部のページ行を表す DetailsView オブジェクトを取得します。Gets a DetailsViewRow object that represents the top pager row in a DetailsView control.

UniqueID

階層構造で修飾されたサーバー コントロールの一意の ID を取得します。Gets the unique, hierarchically qualified identifier for the server control.

(継承元 Control)
UpdateMethod

コントロールが更新操作を実行するときに呼び出されるページのメソッドの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the method on the page that is called when the control performs an update operation.

ValidateRequestMode

ブラウザーからのクライアント入力の安全性をコントロールで調べるかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the control checks client input from the browser for potentially dangerous values.

(継承元 Control)
ViewState

同一のページに対する複数の要求にわたって、サーバー コントロールのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。Gets a dictionary of state information that allows you to save and restore the view state of a server control across multiple requests for the same page.

(継承元 Control)
ViewStateIgnoresCase

StateBag オブジェクトが大文字小文字を区別しないかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the StateBag object is case-insensitive.

(継承元 Control)
ViewStateMode

このコントロールのビューステート モードを取得または設定します。Gets or sets the view-state mode of this control.

(継承元 Control)
Visible

サーバー コントロールがページ上の UI としてレンダリングされているかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether a server control is rendered as UI on the page.

(継承元 Control)
Width

Web サーバー コントロールの幅を取得または設定します。Gets or sets the width of the Web server control.

(継承元 WebControl)

メソッド

AddAttributesToRender(HtmlTextWriter)

指定した HtmlTextWriterTag に表示する必要のある HTML 属性およびスタイルを追加します。Adds HTML attributes and styles that need to be rendered to the specified HtmlTextWriterTag. このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This method is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
AddedControl(Control, Int32)

子コントロールが Control オブジェクトの Controls コレクションに追加された後に呼び出されます。Called after a child control is added to the Controls collection of the Control object.

(継承元 Control)
AddParsedSubObject(Object)

XML または HTML のいずれかの要素が解析されたことをサーバー コントロールに通知し、サーバー コントロールの ControlCollection オブジェクトに要素を追加します。Notifies the server control that an element, either XML or HTML, was parsed, and adds the element to the server control's ControlCollection object.

(継承元 Control)
ApplyStyle(Style)

指定したスタイルの空白以外の要素を Web コントロールにコピーして、コントロールの既存のスタイル要素を上書きします。Copies any nonblank elements of the specified style to the Web control, overwriting any existing style elements of the control. このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This method is primarily used by control developers.

(継承元 WebControl)
ApplyStyleSheetSkin(Page)

ページのスタイル シートに定義されたスタイル プロパティをコントロールに適用します。Applies the style properties defined in the page style sheet to the control.

(継承元 Control)
BeginRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを開始します。Begins design-time tracing of rendering data.

(継承元 Control)
BuildProfileTree(String, Boolean)

ページのトレースが有効な場合、サーバー コントロールに関する情報を収集し、これを表示するために Trace プロパティに渡します。Gathers information about the server control and delivers it to the Trace property to be displayed when tracing is enabled for the page.

(継承元 Control)
ChangeMode(DetailsViewMode)

DetailsView コントロールを指定したモードに切り替えます。Switches the DetailsView control to the specified mode.

ClearCachedClientID()

キャッシュされた ClientID 値を null に設定します。Sets the cached ClientID value to null.

(継承元 Control)
ClearChildControlState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールについて、コントロールの状態情報を削除します。Deletes the control-state information for the server control's child controls.

(継承元 Control)
ClearChildState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報およびコントロールの状態情報を削除します。Deletes the view-state and control-state information for all the server control's child controls.

(継承元 Control)
ClearChildViewState()

サーバー コントロールのすべての子コントロールのビューステート情報を削除します。Deletes the view-state information for all the server control's child controls.

(継承元 Control)
ClearEffectiveClientIDMode()

現在のコントロール インスタンスおよびすべての子コントロールの ClientIDMode プロパティを Inherit に設定します。Sets the ClientIDMode property of the current control instance and of any child controls to Inherit.

(継承元 Control)
ConfirmInitState()

データ バインド コントロールの初期化状態を設定します。Sets the initialized state of the data-bound control.

(継承元 BaseDataBoundControl)
CopyBaseAttributes(WebControl)

指定した Web サーバー コントロールから、Style オブジェクトでカプセル化されていないプロパティをこのメソッドの呼び出し元の Web サーバー コントロールにコピーします。Copies the properties not encapsulated by the Style object from the specified Web server control to the Web server control that this method is called from. このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This method is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
CreateAutoGeneratedRow(AutoGeneratedFieldProperties)

指定されたフィールド プロパティを使用して自動生成される行フィールドを表す AutoGeneratedField オブジェクトを作成します。Creates an AutoGeneratedField object that represents an automatically generated row field using the specified field properties.

CreateAutoGeneratedRows(Object)

指定されたデータ項目に対して自動生成される行フィールドのセットを作成します。Creates a set of automatically generated row fields for the specified data item.

CreateChildControls()

ビューステートに格納された値に基づいて、複合データ バインド コントロールの表示に使用されるコントロール階層を作成します。Creates the control hierarchy that is used to render a composite data-bound control based on the values that are stored in view state.

(継承元 CompositeDataBoundControl)
CreateChildControls(IEnumerable, Boolean)

DetailsView コントロールの表示に使用するコントロール階層を作成します。Creates the control hierarchy used to render the DetailsView control.

CreateControlCollection()

サーバー コントロールの子コントロール (リテラルとサーバーの両方) を保持する新しい ControlCollection オブジェクトを作成します。Creates a new ControlCollection object to hold the child controls (both literal and server) of the server control.

(継承元 Control)
CreateControlStyle()

DetailsView コントロールの既定のテーブル スタイル オブジェクトを作成します。Creates a default table style object for the DetailsView control.

CreateDataSourceSelectArguments()

Select コマンドに渡される DataSourceSelectArguments オブジェクトを作成します。Creates the DataSourceSelectArguments object that gets passed to the Select command.

CreateFieldSet(Object, Boolean)

コントロールの階層構造を生成するために使用される、自動生成される行フィールドとユーザー定義の行フィールドの完全なセットを作成します。Creates the complete set of automatically generated and user-defined row fields used to generate the control hierarchy.

CreateRow(Int32, DataControlRowType, DataControlRowState)

指定した項目のインデックス、行の種類、および行の状態を使用して、DetailsViewRow オブジェクトを作成します。Creates a DetailsViewRow object using the specified item index, row type, and row state.

CreateTable()

DetailsView コントロールのコンテナー テーブルを作成します。Creates the containing table for the DetailsView control.

DataBind()

基本クラスの DataBind() メソッドを呼び出します。Calls the DataBind() method of the base class.

DataBind(Boolean)

DataBinding イベントを発生させるオプションを指定して、呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls with an option to raise the DataBinding event.

(継承元 Control)
DataBindChildren()

データ ソースをサーバー コントロールの子コントロールにバインドします。Binds a data source to the server control's child controls.

(継承元 Control)
DeleteItem()

現在のレコードをデータ ソースから削除します。Deletes the current record from the data source.

Dispose()

サーバー コントロールが、メモリから解放される前に最終的なクリーンアップを実行できるようにします。Enables a server control to perform final clean up before it is released from memory.

(継承元 Control)
EndRenderTracing(TextWriter, Object)

レンダリング データのデザイン時のトレースを終了します。Ends design-time tracing of rendering data.

(継承元 Control)
EnsureChildControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。Determines whether the server control contains child controls. 含まれていない場合、子コントロールを作成します。If it does not, it creates child controls.

(継承元 Control)
EnsureDataBound()

データ リスト コントロールでデータ バインディングが必要なこと、および有効なデータ ソース コントロールが指定されていることを確認した後で、DataBind() メソッドを呼び出します。Calls the DataBind() method after verifying that the data listing control requires data binding and that a valid data source control is specified.

EnsureID()

ID が割り当てられていないコントロールの ID を作成します。Creates an identifier for controls that do not have an identifier assigned.

(継承元 Control)
Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
ExtractRowValues(IOrderedDictionary, Boolean, Boolean)

表示されている各フィールドの値を取得して、指定された IOrderedDictionary オブジェクトに格納します。Retrieves the values of each field displayed and stores them in the specified IOrderedDictionary object.

FindControl(String)

指定した id パラメーターを使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。Searches the current naming container for a server control with the specified id parameter.

(継承元 Control)
FindControl(String, Int32)

指定した id および検索に役立つ pathOffset パラメーターに指定された整数を使用して、サーバー コントロールの現在の名前付けコンテナーを検索します。Searches the current naming container for a server control with the specified id and an integer, specified in the pathOffset parameter, which aids in the search. この形式の FindControl メソッドはオーバーライドしないでください。You should not override this version of the FindControl method.

(継承元 Control)
Focus()

コントロールに入力フォーカスを設定します。Sets input focus to a control.

(継承元 Control)
GetCallbackResult()

コントロールを対象とするコールバック イベントの結果を返します。Returns the result of a callback event that targets a control.

GetCallbackScript(IButtonControl, String)

指定された引数を使用して作成されたコールバック文字列を返します。Returns the callback string created using the specified argument.

GetData()

データ操作を実行するために、データ バインド コントロールが使用する DataSourceView オブジェクトを取得します。Retrieves a DataSourceView object that the data-bound control uses to perform data operations.

(継承元 DataBoundControl)
GetDataSource()

データ バインド コントロールが関連付けられている IDataSource インターフェイスを取得します (存在する場合)。Retrieves the IDataSource interface that the data-bound control is associated with, if any.

(継承元 DataBoundControl)
GetDesignModeState()

コントロールのデザイン時データを取得します。Gets design-time data for a control.

(継承元 Control)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetRouteUrl(Object)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters.

(継承元 Control)
GetRouteUrl(RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットに対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters.

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, Object)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters and a route name.

(継承元 Control)
GetRouteUrl(String, RouteValueDictionary)

ルート パラメーターのセットおよびルート名に対応する URL を取得します。Gets the URL that corresponds to a set of route parameters and a route name.

(継承元 Control)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
GetUniqueIDRelativeTo(Control)

指定されたコントロールの UniqueID プロパティのプレフィックス部分を返します。Returns the prefixed portion of the UniqueID property of the specified control.

(継承元 Control)
HasControls()

サーバー コントロールに子コントロールが含まれているかどうかを確認します。Determines if the server control contains any child controls.

(継承元 Control)
HasEvents()

コントロールまたは子コントロールに対してイベントが登録されているかどうかを示す値を返します。Returns a value indicating whether events are registered for the control or any child controls.

(継承元 Control)
InitializePager(DetailsViewRow, PagedDataSource)

DetailsView コントロールのページ行を作成します。Creates the pager row for the DetailsView control.

InitializeRow(DetailsViewRow, DataControlField)

指定した DetailsViewRow オブジェクトを初期化します。Initializes the specified DetailsViewRow object.

InsertItem(Boolean)

現在のレコードをデータ ソースに挿入します。Inserts the current record in the data source.

IsBindableType(Type)

指定したデータ型を DetailsView コントロールのフィールドにバインドできるかどうかを確認します。Determines whether the specified data type can be bound to a field in the DetailsView control.

IsLiteralContent()

サーバー コントロールがリテラルな内容だけを保持しているかどうかを決定します。Determines if the server control holds only literal content.

(継承元 Control)
LoadControlState(Object)

DetailsView プロパティが false に設定されていても、永続化する必要がある EnableViewState コントロールのプロパティの状態を読み込みます。Loads the state of the properties in the DetailsView control that need to be persisted, even when the EnableViewState property is set to false.

LoadViewState(Object)

以前に保存した DetailsView コントロールのビュー ステートを読み込みます。Loads the previously saved view state of the DetailsView control.

MapPathSecure(String)

仮想パス (絶対パスまたは相対パス) の割り当て先の物理パスを取得します。Retrieves the physical path that a virtual path, either absolute or relative, maps to.

(継承元 Control)
MarkAsDataBound()

ビューステートのコントロールの状態を、データに正常にバインドされた状態に設定します。Sets the state of the control in view state as successfully bound to data.

(継承元 DataBoundControl)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MergeStyle(Style)

指定したスタイルの空白以外の要素を Web コントロールにコピーしますが、コントロールの既存のスタイル要素は上書きしません。Copies any nonblank elements of the specified style to the Web control, but will not overwrite any existing style elements of the control. このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This method is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
OnBubbleEvent(Object, EventArgs)

Web サーバー コントロールのイベントをページのユーザー インターフェイス (UI) サーバー コントロールの階層構造に渡すかどうかを決定します。Determines whether the event for the Web server control is passed up the page's user interface (UI) server control hierarchy.

OnCreatingModelDataSource(CreatingModelDataSourceEventArgs)

CreatingModelDataSource イベントを発生させます。Raises the CreatingModelDataSource event.

(継承元 DataBoundControl)
OnDataBinding(EventArgs)

DataBinding イベントを発生させます。Raises the DataBinding event.

(継承元 Control)
OnDataBound(EventArgs)

DataBound イベントを発生させます。Raises the DataBound event.

(継承元 BaseDataBoundControl)
OnDataPropertyChanged()

基本データ ソースの識別プロパティの 1 つが変更された後、データ バインド コントロールをデータに再バインドします。Rebinds the data-bound control to its data after one of the base data source identification properties changes.

(継承元 DataBoundControl)
OnDataSourceViewChanged(Object, EventArgs)

DataSourceViewChanged イベントを発生させます。Raises the DataSourceViewChanged event.

OnInit(EventArgs)

Init イベントを発生させます。Raises the Init event.

OnItemCommand(DetailsViewCommandEventArgs)

ItemCommand イベントを発生させます。Raises the ItemCommand event.

OnItemCreated(EventArgs)

ItemCreated イベントを発生させます。Raises the ItemCreated event.

OnItemDeleted(DetailsViewDeletedEventArgs)

ItemDeleted イベントを発生させます。Raises the ItemDeleted event.

OnItemDeleting(DetailsViewDeleteEventArgs)

ItemDeleting イベントを発生させます。Raises the ItemDeleting event.

OnItemInserted(DetailsViewInsertedEventArgs)

ItemInserted イベントを発生させます。Raises the ItemInserted event.

OnItemInserting(DetailsViewInsertEventArgs)

ItemInserting イベントを発生させます。Raises the ItemInserting event.

OnItemUpdated(DetailsViewUpdatedEventArgs)

ItemUpdated イベントを発生させます。Raises the ItemUpdated event.

OnItemUpdating(DetailsViewUpdateEventArgs)

ItemUpdating イベントを発生させます。Raises the ItemUpdating event.

OnLoad(EventArgs)

Load イベントを処理します。Handles the Load event.

(継承元 DataBoundControl)
OnModeChanged(EventArgs)

ModeChanged イベントを発生させます。Raises the ModeChanged event.

OnModeChanging(DetailsViewModeEventArgs)

ModeChanging イベントを発生させます。Raises the ModeChanging event.

OnPageIndexChanged(EventArgs)

PageIndexChanged イベントを発生させます。Raises the PageIndexChanged event.

OnPageIndexChanging(DetailsViewPageEventArgs)

PageIndexChanging イベントを発生させます。Raises the PageIndexChanging event.

OnPagePreLoad(Object, EventArgs)

コントロールが読み込まれる前に、データ バインド コントロールの初期化された状態を設定します。Sets the initialized state of the data-bound control before the control is loaded.

OnPreRender(EventArgs)

PreRender イベントを発生させます。Raises the PreRender event.

OnUnload(EventArgs)

Unload イベントを発生させます。Raises the Unload event.

(継承元 Control)
OpenFile(String)

ファイルの読み込みで使用される Stream を取得します。Gets a Stream used to read a file.

(継承元 Control)
PerformDataBinding(IEnumerable)

指定したデータ ソースを DetailsView コントロールにバインドします。Binds the specified data source to the DetailsView control.

PerformSelect()

関連するデータ ソースからデータを取得します。Retrieves data from the associated data source.

(継承元 DataBoundControl)
PrepareControlHierarchy()

DetailsView コントロールのコントロール階層を設定します。Sets up the control hierarchy of the DetailsView control.

RaiseBubbleEvent(Object, EventArgs)

イベントのソースおよびその情報をコントロールの親に割り当てます。Assigns any sources of the event and its information to the control's parent.

(継承元 Control)
RaiseCallbackEvent(String)

GetCallbackEventReference メソッドのコールバック ハンドラーの引数を作成します。Creates the arguments for the callback handler in the GetCallbackEventReference method.

RaisePostBackEvent(String)

サーバーへのポストバック時に、DetailsView コントロールに適切なイベントを発生させます。Raises the appropriate events for the DetailsView control when it posts back to the server.

RemovedControl(Control)

Control オブジェクトの Controls コレクションから子コントロールが削除された後に呼び出されます。Called after a child control is removed from the Controls collection of the Control object.

(継承元 Control)
Render(HtmlTextWriter)

指定された DetailsView オブジェクトを使用して、クライアントに HtmlTextWriter コントロールを表示します。Displays the DetailsView control on the client using the specified HtmlTextWriter object.

RenderBeginTag(HtmlTextWriter)

コントロールの HTML 開始タグを指定したライターに表示します。Renders the HTML opening tag of the control to the specified writer. このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This method is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
RenderChildren(HtmlTextWriter)

クライアントに表示される内容の書き込みを行う、指定された HtmlTextWriter オブジェクトに、サーバー コントロールの子を出力します。Outputs the content of a server control's children to a provided HtmlTextWriter object, which writes the content to be rendered on the client.

(継承元 Control)
RenderContents(HtmlTextWriter)

コントロールの内容を指定したライターに出力します。Renders the contents of the control to the specified writer. このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This method is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
RenderControl(HtmlTextWriter)

指定の HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力し、トレースが有効である場合はコントロールに関するトレース情報を保存します。Outputs server control content to a provided HtmlTextWriter object and stores tracing information about the control if tracing is enabled.

(継承元 Control)
RenderControl(HtmlTextWriter, ControlAdapter)

指定した ControlAdapter オブジェクトを使用して、指定した HtmlTextWriter オブジェクトにサーバー コントロールの内容を出力します。Outputs server control content to a provided HtmlTextWriter object using a provided ControlAdapter object.

(継承元 Control)
RenderEndTag(HtmlTextWriter)

コントロールの HTML 終了タグを指定したライターに表示します。Renders the HTML closing tag of the control into the specified writer. このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。This method is used primarily by control developers.

(継承元 WebControl)
ResolveAdapter()

指定したコントロールを表示するコントロール アダプターを取得します。Gets the control adapter responsible for rendering the specified control.

(継承元 Control)
ResolveClientUrl(String)

ブラウザーで使用できる URL を取得します。Gets a URL that can be used by the browser.

(継承元 Control)
ResolveUrl(String)

要求側クライアントで使用できる URL に変換します。Converts a URL into one that is usable on the requesting client.

(継承元 Control)
SaveControlState()

DetailsView プロパティが false に設定されていても、永続化する必要がある EnableViewState コントロールのプロパティの状態を保存します。Saves the state of the properties in the DetailsView control that need to be persisted, even when the EnableViewState property is set to false.

SaveViewState()

DetailsView コントロールの現在のビューステートを保存します。Saves the current view state of the DetailsView control.

SetDesignModeState(IDictionary)

コントロールのデザイン時データを設定します。Sets design-time data for a control.

(継承元 Control)
SetPageIndex(Int32)

DetailsView コントロールに現在表示されているページのインデックスを設定します。Sets the index of the currently displayed page in the DetailsView control.

SetRenderMethodDelegate(RenderMethod)

サーバー コントロールとその内容を親コントロールに表示するイベント ハンドラー デリゲートを割り当てます。Assigns an event handler delegate to render the server control and its content into its parent control.

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object)

トレース データ キーとトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。Sets trace data for design-time tracing of rendering data, using the trace data key and the trace data value.

(継承元 Control)
SetTraceData(Object, Object, Object)

トレースされたオブジェクト、トレース データ キー、およびトレース データ値を使用して、レンダリング データのデザイン時トレースのトレース データを設定します。Sets trace data for design-time tracing of rendering data, using the traced object, the trace data key, and the trace data value.

(継承元 Control)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TrackViewState()

DetailsView コントロールに対するビューステートの変更の追跡と保存を始める開始点にマークを付けます。Marks the starting point to begin tracking and saving view-state changes to the DetailsView control.

UpdateItem(Boolean)

データ ソースの現在のレコードを更新します。Updates the current record in the data source.

ValidateDataSource(Object)

データ バインド コントロールのバインド先のオブジェクトが処理可能かどうかを確認します。Verifies that the object a data-bound control binds to is one it can work with.

(継承元 DataBoundControl)

イベント

CallingDataMethods

データのメソッドが呼び出されるときに発生します。Occurs when data methods are being called.

(継承元 DataBoundControl)
CreatingModelDataSource

ModelDataSource オブジェクトが作成されるときに発生します。Occurs when the ModelDataSource object is being created.

(継承元 DataBoundControl)
DataBinding

サーバー コントロールがデータ ソースに連結すると発生します。Occurs when the server control binds to a data source.

(継承元 Control)
DataBound

サーバー コントロールがデータ ソースにバインドした後に発生します。Occurs after the server control binds to a data source.

(継承元 BaseDataBoundControl)
Disposed

サーバー コントロールがメモリから解放されると発生します。これは、ASP.NET ページが要求されている場合のサーバー コントロールの有効期間における最終段階です。Occurs when a server control is released from memory, which is the last stage of the server control lifecycle when an ASP.NET page is requested.

(継承元 Control)
Init

サーバー コントロールが初期化されると発生します。これは、サーバー コントロールの有効期間における最初の手順です。Occurs when the server control is initialized, which is the first step in its lifecycle.

(継承元 Control)
ItemCommand

DetailsView コントロール内のボタンをクリックすると発生します。Occurs when a button within a DetailsView control is clicked.

ItemCreated

DetailsView コントロール内でレコードが作成されると発生します。Occurs when a record is created in a DetailsView control.

ItemDeleted

DetailsView コントロール内の Delete ボタンがクリックされた場合に、削除操作後に発生します。Occurs when a Delete button within a DetailsView control is clicked, but after the delete operation.

ItemDeleting

DetailsView コントロール内の Delete ボタンがクリックされた場合に、削除操作前に発生します。Occurs when a Delete button within a DetailsView control is clicked, but before the delete operation.

ItemInserted

DetailsView コントロール内の Insert ボタンがクリックされた場合に、挿入操作後に発生します。Occurs when an Insert button within a DetailsView control is clicked, but after the insert operation.

ItemInserting

DetailsView コントロール内の Insert ボタンがクリックされた場合に、挿入操作前に発生します。Occurs when an Insert button within a DetailsView control is clicked, but before the insert operation.

ItemUpdated

DetailsView コントロール内の Update ボタンがクリックされた場合に、更新操作後に発生します。Occurs when an Update button within a DetailsView control is clicked, but after the update operation.

ItemUpdating

DetailsView コントロール内の Update ボタンがクリックされた場合に、更新操作前に発生します。Occurs when an Update button within a DetailsView control is clicked, but before the update operation.

Load

サーバー コントロールが Page オブジェクトに読み込まれると発生します。Occurs when the server control is loaded into the Page object.

(継承元 Control)
ModeChanged

DetailsView コントロールが編集、挿入、および読み取り専用の各モード間の切り替えを行おうとした場合に、CurrentMode プロパティの更新後に発生します。Occurs when a DetailsView control attempts to change between edit, insert, and read-only mode, but after the CurrentMode property is updated.

ModeChanging

DetailsView コントロールが編集、挿入、および読み取り専用の各モード間の切り替えを行おうとした場合に、CurrentMode プロパティの更新前に発生します。Occurs when a DetailsView control attempts to change between edit, insert, and read-only mode, but before the CurrentMode property is updated.

PageIndexChanged

PageIndex プロパティの値が変更された場合に、ページング操作後に発生します。Occurs when the value of the PageIndex property changes after a paging operation.

PageIndexChanging

PageIndex プロパティの値が変更された場合に、ページング操作前に発生します。Occurs when the value of the PageIndex property changes before a paging operation.

PreRender

Control オブジェクトの読み込み後、表示を開始する前に発生します。Occurs after the Control object is loaded but prior to rendering.

(継承元 Control)
Unload

サーバー コントロールがメモリからアンロードされると発生します。Occurs when the server control is unloaded from memory.

(継承元 Control)

明示的なインターフェイスの実装

IAttributeAccessor.GetAttribute(String)

指定された名前の Web コントロールの属性を取得します。Gets an attribute of the Web control with the specified name.

(継承元 WebControl)
IAttributeAccessor.SetAttribute(String, String)

Web コントロールの属性を指定された名前と値に設定します。Sets an attribute of the Web control to the specified name and value.

(継承元 WebControl)
ICallbackContainer.GetCallbackScript(IButtonControl, String)

DetailsView コントロールのコールバック スクリプトを作成します。Creates the callback script for the DetailsView control.

ICallbackEventHandler.GetCallbackResult()

詳細については、GetCallbackResult() メソッドのトピックを参照してください。See the method GetCallbackResult().

ICallbackEventHandler.RaiseCallbackEvent(String)

指定した引数を使用して、コールバック イベントを発生させます。Raises the callback event using the specified arguments.

IControlBuilderAccessor.ControlBuilder

このメンバーの詳細については、「ControlBuilder」をご覧ください。For a description of this member, see ControlBuilder.

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.GetDesignModeState()

このメンバーの詳細については、「GetDesignModeState()」をご覧ください。For a description of this member, see GetDesignModeState().

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetDesignModeState(IDictionary)

このメンバーの詳細については、「SetDesignModeState(IDictionary)」をご覧ください。For a description of this member, see SetDesignModeState(IDictionary).

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.SetOwnerControl(Control)

このメンバーの詳細については、「SetOwnerControl(Control)」をご覧ください。For a description of this member, see SetOwnerControl(Control).

(継承元 Control)
IControlDesignerAccessor.UserData

このメンバーの詳細については、「UserData」をご覧ください。For a description of this member, see UserData.

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.DataBindings

このメンバーの詳細については、「DataBindings」をご覧ください。For a description of this member, see DataBindings.

(継承元 Control)
IDataBindingsAccessor.HasDataBindings

このメンバーの詳細については、「HasDataBindings」をご覧ください。For a description of this member, see HasDataBindings.

(継承元 Control)
IDataBoundControl.DataKeyNames

このプロパティの説明については、DataKeyNames のトピックを参照してください。For a description of this property, see DataKeyNames.

IDataBoundControl.DataMember

このプロパティの説明については、DataMember のトピックを参照してください。For a description of this property, see DataMember.

IDataBoundControl.DataSource

このプロパティの説明については、DataSource のトピックを参照してください。For a description of this property, see DataSource.

IDataBoundControl.DataSourceID

このプロパティの説明については、DataSourceID のトピックを参照してください。For a description of this property, see DataSourceID.

IDataBoundControl.DataSourceObject

このプロパティの説明については、DataSourceObject のトピックを参照してください。For a description of this property, see DataSourceObject.

IDataBoundItemControl.DataKey

このプロパティの説明については、DataKey のトピックを参照してください。For a description of this property, see DataKey.

IDataBoundItemControl.Mode

このプロパティの説明については、Mode のトピックを参照してください。For a description of this property, see Mode.

IDataItemContainer.DataItemIndex

このメンバーの詳細については、「DataItemIndex」をご覧ください。For a description of this member, see DataItemIndex.

IDataItemContainer.DisplayIndex

このメンバーの説明については、DisplayIndex のトピックを参照してください。For a description of this member, see DisplayIndex.

IExpressionsAccessor.Expressions

このメンバーの詳細については、「Expressions」をご覧ください。For a description of this member, see Expressions.

(継承元 Control)
IExpressionsAccessor.HasExpressions

このメンバーの詳細については、「HasExpressions」をご覧ください。For a description of this member, see HasExpressions.

(継承元 Control)
IFieldControl.FieldsGenerator

このプロパティの説明については、FieldsGenerator のトピックを参照してください。For a description of this property, see FieldsGenerator.

IParserAccessor.AddParsedSubObject(Object)

このメンバーの詳細については、「AddParsedSubObject(Object)」をご覧ください。For a description of this member, see AddParsedSubObject(Object).

(継承元 Control)
IPostBackContainer.GetPostBackOptions(IButtonControl)

このメンバーの詳細については、「GetPostBackOptions(IButtonControl)」をご覧ください。For a description of this member, see GetPostBackOptions(IButtonControl).

IPostBackEventHandler.RaisePostBackEvent(String)

このメンバーの詳細については、「RaisePostBackEvent(String)」をご覧ください。For a description of this member, see RaisePostBackEvent(String).

拡張メソッド

EnablePersistedSelection(BaseDataBoundControl)

選択内容とページングをサポートするデータ コントロールで選択内容の永続化を有効にします。Enables selection to be persisted in data controls that support selection and paging.

FindDataSourceControl(Control)

指定されたコントロールのデータ コントロールに関連付けられているデータ ソースを返します。Returns the data source that is associated with the data control for the specified control.

FindFieldTemplate(Control, String)

指定されたコントロールの名前付けコンテナー内にある、指定された列のフィールド テンプレートを返します。Returns the field template for the specified column in the specified control's naming container.

FindMetaTable(Control)

格納しているデータ コントロールのメタテーブル オブジェクトを返します。Returns the metatable object for the containing data control.

GetDefaultValues(INamingContainer)

指定されたデータ コントロールの既定値のコレクションを取得します。Gets the collection of the default values for the specified data control.

GetMetaTable(INamingContainer)

指定されたデータ コントロールのテーブル メタデータを取得します。Gets the table metadata for the specified data control.

SetMetaTable(INamingContainer, MetaTable)

指定されたデータ コントロールのテーブル メタデータを設定します。Sets the table metadata for the specified data control.

SetMetaTable(INamingContainer, MetaTable, IDictionary<String,Object>)

指定したデータ コントロールのテーブル メタデータおよび既定値のマッピングを設定します。Sets the table metadata and default value mapping for the specified data control.

SetMetaTable(INamingContainer, MetaTable, Object)

指定したデータ コントロールのテーブル メタデータおよび既定値のマッピングを設定します。Sets the table metadata and default value mapping for the specified data control.

TryGetMetaTable(INamingContainer, MetaTable)

テーブル メタデータが使用できるかどうかを判断します。Determines whether table metadata is available.

EnableDynamicData(INamingContainer, Type)

指定されたデータ コントロールの動的データの動作を有効にします。Enables Dynamic Data behavior for the specified data control.

EnableDynamicData(INamingContainer, Type, IDictionary<String,Object>)

指定されたデータ コントロールの動的データの動作を有効にします。Enables Dynamic Data behavior for the specified data control.

EnableDynamicData(INamingContainer, Type, Object)

指定されたデータ コントロールの動的データの動作を有効にします。Enables Dynamic Data behavior for the specified data control.

適用対象

こちらもご覧ください