Microsoft OLE DB Provider for ODBC の概要Microsoft OLE DB Provider for ODBC Overview

ADO または RDS プログラマでは、理想的な世界はいずれかを指定すべてのデータ ソースが OLE DB インターフェイスを公開します。 ADO は、データ ソースに直接呼び出すことができるようにします。To an ADO or RDS programmer, an ideal world would be one in which every data source exposes an OLE DB interface, so that ADO could call directly into the data source. ますます多くのデータベース ベンダーは、OLE DB インターフェイスを実装するは、一部のデータ ソースのこの方法はまだ公開されません。Although increasingly more database vendors are implementing OLE DB interfaces, some data sources are not yet exposed this way. ただし、今日のほとんどの DBMS システムは、ODBC を通じてアクセスできます。However, most DBMS systems in use today can be accessed through ODBC.

ODBC ドライバーでは、Oracle などの Microsoft 以外のデータベース製品だけでなく、Microsoft SQL Server、Microsoft Access (Jet データベース エンジン) および Microsoft の FoxPro を含む、現在使用しているすべて主要な DBMS 使用できます。ODBC drivers are available for every major DBMS in use today, including Microsoft SQL Server, Microsoft Access (Microsoft Jet database engine), and Microsoft FoxPro, in addition to non-Microsoft database products such as Oracle.

ただし、により、Microsoft ODBC プロバイダーを使用すると、任意の ODBC データ ソースに接続するための ADO します。The Microsoft ODBC Provider, however, allows ADO to connect to any ODBC data source. プロバイダーは、フリー スレッドし、Unicode に対応します。The provider is free-threaded and Unicode enabled.

プロバイダーは、さまざまな種類のトランザクションのサポートを提供するさまざまな DBMS エンジンのトランザクションをサポートします。The provider supports transactions, although different DBMS engines offer different types of transaction support. たとえば、Microsoft Access では、5 レベルまで入れ子になったトランザクションをサポートしています。For example, Microsoft Access supports nested transactions up to five levels deep.

これは、ADO の既定のプロバイダーであり、すべてのプロバイダーに依存する ADO プロパティとメソッドがサポートされています。This is the default provider for ADO, and all provider-dependent ADO properties and methods are supported.

接続文字列パラメーターConnection String Parameters

このプロバイダーに接続するには、設定、プロバイダー = の引数、 ConnectionStringプロパティ。To connect to this provider, set the Provider= argument of the ConnectionString property to:

MSDASQL

読み取り、Providerプロパティは同様に、この文字列を返します。Reading the Provider property will return this string as well.

一般的な接続文字列Typical Connection String

このプロバイダーの一般的な接続文字列は次のとおりです。A typical connection string for this provider is:

"Provider=MSDASQL;DSN=dsnName;UID=MyUserID;PWD=MyPassword;"

文字列は、これらのキーワードで構成されます。The string consists of these keywords:

KeywordKeyword 説明Description
ProviderProvider OLE DB provider for ODBC を指定します。Specifies the OLE DB provider for ODBC.
DSNDSN データ ソース名を指定します。Specifies the data source name.
UIDUID ユーザー名を指定します。Specifies the user name.
PWDPWD ユーザーのパスワードを指定します。Specifies the user password.
URLURL ファイルまたは Web フォルダーに発行されるディレクトリの URL を指定します。Specifies the URL of a file or directory published in a Web folder.

省略した場合、ADO の既定のプロバイダーは、このため、プロバイダー = ADO 接続文字列のパラメーターはこのプロバイダーへの接続を確立しようとしています。Because this is the default provider for ADO, if you omit the Provider= parameter from the connection string, ADO will try to establish a connection to this provider.

注意

Windows 認証をサポートするデータ ソース プロバイダーに接続するかどうかは、する必要がありますを指定するTrusted_Connection = yesまたはIntegrated Security = SSPIユーザー ID とパスワードの代わりに接続文字列の情報です。If you are connecting to a data source provider that supports Windows authentication, you should specify Trusted_Connection=yes or Integrated Security = SSPI instead of user ID and password information in the connection string.

プロバイダーは、ADO で定義されているだけでなく特定の接続パラメーターをサポートしていません。The provider does not support any specific connection parameters in addition to those defined by ADO. ただし、プロバイダーは、ODBC ドライバー マネージャーを ADO 非接続パラメーターを渡します。However, the provider will pass any non-ADO connection parameters to the ODBC driver manager.

省略することができますので、プロバイダーパラメーター、ADO 接続文字列を同じデータ ソース用の ODBC 接続文字列と同じであるため作成できます。Because you can omit the Provider parameter, you can therefore compose an ADO connection string that is identical to an ODBC connection string for the same data source. 同じパラメーター名を使用して (ドライバー =データベース =DSN = など)、値とすると構文は、ODBC 接続文字列を作成するとき。Use the same parameter names (DRIVER=, DATABASE=, DSN=, and so on), values, and syntax as you would when composing an ODBC connection string. 定義済みのデータ ソース名 (DSN) または FileDSN の有無を接続することができます。You can connect with or without a predefined data source name (DSN) or FileDSN.

DSN、FileDSN の構文:Syntax with a DSN or FileDSN:

"[Provider=MSDASQL;] { DSN=name | FileDSN=filename } ;
[DATABASE=database;] UID=user; PWD=password"

DSN (dsn-less connection) を使用しない構文:Syntax without a DSN (DSN-less connection):

"[Provider=MSDASQL;] DRIVER=driver; SERVER=server;
DATABASE=database; UID=MyUserID; PWD=MyPassword"

コメントRemarks

使用する場合、 DSNまたはFileDSN、Windows コントロール パネルの ODBC データ ソース アドミニストレーターを定義する必要があります。If you use a DSN or FileDSN, it must be defined through the ODBC Data Source Administrator in the Windows Control Panel. Microsoft Windows 2000 では、odbc データ ソース アドミニストレーターは管理ツールの下にあります。In Microsoft Windows 2000, the ODBC Administrator is located under Administrative Tools. Windows の以前のバージョンでは、という名前の ODBC アドミニストレーター アイコン32 ビット ODBCODBCします。In earlier versions of Windows, the ODBC Administrator icon is named 32-bit ODBC or just ODBC.

設定する代わりに、 DSN、ODBC ドライバーを指定することができます (ドライバー = )、"SQL Server;"など、サーバー名 (SERVER = ); とデータベース名 (データベース = )。As an alternative to setting a DSN, you can specify the ODBC driver (DRIVER=), such as "SQL Server;" the server name (SERVER=); and the database name (DATABASE=).

ユーザー アカウント名を指定することもできます (UID = )、およびユーザー アカウントのパスワード (PWD = ) ODBC に固有のパラメーターまたは標準の ADO 定義ユーザーパスワードパラメーター。You can also specify a user account name (UID=), and the password for the user account (PWD=) in the ODBC-specific parameters or in the standard ADO-defined user and password parameters.

DSN指定できますの定義は既にデータベースを指定して、 データベースパラメーターに加え、 DSN接続するには別のデータベース。Although a DSN definition already specifies a database, you can specify a database parameter in addition to a DSN to connect to a different database. 常に含めることをお勧め データベースパラメーターを使用する場合、 DSNします。It is a good idea to always include the database parameter when you use a DSN. これは、確認した後、別のユーザーは、既定のデータベース パラメーターを変更する場合は、適切なデータベースに接続することにより、 DSN定義します。This will ensure that you connect to the correct database if another user changed the default database parameter since you last checked the DSN definition.

プロバイダー固有の接続のプロパティProvider-Specific Connection Properties

OLE DB provider for ODBC をいくつかのプロパティの追加、プロパティのコレクション、接続オブジェクト。The OLE DB provider for ODBC adds several properties to the Properties collection of the Connection object. 次の表は、かっこ内の対応する OLE DB プロパティ名でこれらのプロパティを一覧表示します。The following table lists these properties with the corresponding OLE DB property name in parentheses.

プロパティ名Property Name 説明Description
アクセス可能な手順 (KAGPROP_ACCESSIBLEPROCEDURES)Accessible Procedures (KAGPROP_ACCESSIBLEPROCEDURES) ユーザーがストアド プロシージャへのアクセスを持つかどうかを示します。Indicates whether the user has access to stored procedures.
アクセス可能なテーブル (KAGPROP_ACCESSIBLETABLES)Accessible Tables (KAGPROP_ACCESSIBLETABLES) ユーザーがデータベースのテーブルに対して SELECT ステートメントを実行する権限を持つかどうかを示します。Indicates whether the user has permission to execute SELECT statements against the database tables.
アクティブなステートメント (KAGPROP_ACTIVESTATEMENTS)Active Statements (KAGPROP_ACTIVESTATEMENTS) 接続で ODBC ドライバーをサポートできるハンドルの数を示します。Indicates the number of handles an ODBC driver can support on a connection.
ドライバー名 (KAGPROP_DRIVERNAME)Driver Name (KAGPROP_DRIVERNAME) ODBC ドライバーのファイル名を示します。Indicates the file name of the ODBC driver.
ドライバーの ODBC バージョン (KAGPROP_DRIVERODBCVER)Driver ODBC Version (KAGPROP_DRIVERODBCVER) このドライバーをサポートする ODBC のバージョンを示します。Indicates the version of ODBC that this driver supports.
ファイルの使用状況 (KAGPROP_FILEUSAGE)File Usage (KAGPROP_FILEUSAGE) ドライバーが、データ ソース内のファイルを処理する方法を示しますテーブル、またはカタログとして。Indicates how the driver treats a file in a data source; as a table or as a catalog.
Like エスケープ句 (KAGPROP_LIKEESCAPECLAUSE)Like Escape Clause (KAGPROP_LIKEESCAPECLAUSE) ドライバーがパーセント記号 (%) の定義とエスケープ文字の使用をサポートするかどうかを示します下線文字 () を WHERE 句の LIKE 述語にします。Indicates whether the driver supports the definition and use of an escape character for the percent character (%) and underline character () in the LIKE predicate of a WHERE clause.
(KAGPROP_MAXCOLUMNSINGROUPBY) によるグループ内の最大列Max Columns in Group By (KAGPROP_MAXCOLUMNSINGROUPBY) SELECT ステートメントの GROUP BY 句を記載されている列の最大数を示します。Indicates the maximum number of columns that can be listed in the GROUP BY clause of a SELECT statement.
最大の列インデックス (KAGPROP_MAXCOLUMNSININDEX)Max Columns in Index (KAGPROP_MAXCOLUMNSININDEX) インデックスに含めることができる列の最大数を示します。Indicates the maximum number of columns that can be included in an index.
Order By (KAGPROP_MAXCOLUMNSINORDERBY) で最大の列Max Columns in Order By (KAGPROP_MAXCOLUMNSINORDERBY) SELECT ステートメントの ORDER BY 句を記載されている列の最大数を示します。Indicates the maximum number of columns that can be listed in the ORDER BY clause of a SELECT statement.
最大の列で (KAGPROP_MAXCOLUMNSINSELECT) を選択します。Max Columns in Select (KAGPROP_MAXCOLUMNSINSELECT) SELECT ステートメントの SELECT 部分を記載されている列の最大数を示します。Indicates the maximum number of columns that can be listed in the SELECT portion of a SELECT statement.
テーブル (KAGPROP_MAXCOLUMNSINTABLE) の最大列Max Columns in Table (KAGPROP_MAXCOLUMNSINTABLE) テーブルで許可されている列の最大数を示します。Indicates the maximum number of columns allowed in a table.
数値関数 (KAGPROP_NUMERICFUNCTIONS)Numeric Functions (KAGPROP_NUMERICFUNCTIONS) 数値関数が ODBC ドライバーでサポートされていることを示します。Indicates which numeric functions are supported by the ODBC driver. 関数名と、関連するこのビットマスクで使用される値の一覧については、次を参照してください付録 e:。スカラー関数ODBC のドキュメントにします。For a listing of function names and the associated values used in this bitmask, see Appendix E: Scalar Functions, in the ODBC documentation.
外部結合機能 (KAGPROP_OJCAPABILITY)Outer Join Capabilities (KAGPROP_OJCAPABILITY) プロバイダーでサポートされている外部結合の種類を示します。Indicates the types of OUTER JOINs supported by the provider.
外部結合 (KAGPROP_OUTERJOINS)Outer Joins (KAGPROP_OUTERJOINS) プロバイダーが外部結合をサポートしているかどうかを示します。Indicates whether the provider supports OUTER JOINs.
特殊文字 (KAGPROP_SPECIALCHARACTERS)Special Characters (KAGPROP_SPECIALCHARACTERS) ODBC ドライバーの特別な意味を持つ文字を示します。Indicates which characters have special meaning for the ODBC driver.
ストアド プロシージャ (KAGPROP_PROCEDURES)Stored Procedures (KAGPROP_PROCEDURES) ストアド プロシージャは、この ODBC ドライバーで使用できるかどうかを示します。Indicates whether stored procedures are available for use with this ODBC driver.
文字列関数 (KAGPROP_STRINGFUNCTIONS)String Functions (KAGPROP_STRINGFUNCTIONS) 文字列関数が ODBC ドライバーでサポートされていることを示します。Indicates which string functions are supported by the ODBC driver. 関数名と、関連するこのビットマスクで使用される値の一覧については、次を参照してください付録 e:。スカラー関数ODBC のドキュメントにします。For a listing of function names and the associated values used in this bitmask, see Appendix E: Scalar Functions, in the ODBC documentation.
システム関数 (KAGPROP_SYSTEMFUNCTIONS)System Functions (KAGPROP_SYSTEMFUNCTIONS) ODBC ドライバーがサポートするシステム関数を示します。Indicates which system functions are supported by the ODBC driver. 関数名と、関連するこのビットマスクで使用される値の一覧については、次を参照してください付録 e:。スカラー関数ODBC のドキュメントにします。For a listing of function names and the associated values used in this bitmask, see Appendix E: Scalar Functions, in the ODBC documentation.
日付/時刻関数 (KAGPROP_TIMEDATEFUNCTIONS)Time/Date Functions (KAGPROP_TIMEDATEFUNCTIONS) ODBC ドライバーでどの日付と時刻の関数がサポートされていることを示します。Indicates which time and date functions are supported by the ODBC driver. 関数名と、関連するこのビットマスクで使用される値の一覧については、次を参照してください付録 e:。スカラー関数ODBC のドキュメントにします。For a listing of function names and the associated values used in this bitmask, see Appendix E: Scalar Functions, in the ODBC documentation.
SQL 文法のサポート (KAGPROP_ODBCSQLCONFORMANCE)SQL Grammar Support (KAGPROP_ODBCSQLCONFORMANCE) ODBC ドライバーがサポートする SQL 文法を示します。Indicates the SQL grammar that the ODBC driver supports.

プロバイダー固有のレコード セットとコマンドのプロパティProvider-Specific Recordset and Command Properties

OLE DB provider for ODBC をいくつかのプロパティの追加、プロパティのコレクション、レコード セットコマンドオブジェクト。The OLE DB provider for ODBC adds several properties to the Properties collection of the Recordset and Command objects. 次の表は、かっこ内の対応する OLE DB プロパティ名でこれらのプロパティを一覧表示します。The following table lists these properties with the corresponding OLE DB property name in parentheses.

プロパティ名Property Name 説明Description
クエリ ベースの更新/削除/挿入 (KAGPROP_QUERYBASEDUPDATES)Query Based Updates/Deletes/Inserts (KAGPROP_QUERYBASEDUPDATES) 更新、削除、および挿入を SQL クエリを使用して実行できるかどうかを示します。Indicates whether updates, deletions, and insertions can be performed by using SQL queries.
ODBC の同時実行の種類 (KAGPROP_CONCURRENCY)ODBC Concurrency Type (KAGPROP_CONCURRENCY) データ ソースから同時に同じデータにアクセスしようとしています。 2 人のユーザーによって引き起こされる潜在的な問題を軽減するために使用する方法を示します。Indicates the method used to reduce potential problems caused by two users trying to access the same data from the data source simultaneously.
順方向専用カーソル (KAGPROP_BLOBSONFOCURSOR) での BLOB のユーザー補助BLOB accessibility on Forward-Only cursor (KAGPROP_BLOBSONFOCURSOR) 示すかどうか BLOBフィールド順方向専用カーソルを使用する場合にアクセスできます。Indicates whether BLOB Fields can be accessed when using a forward-only cursor.
QBU WHERE 句 (KAGPROP_INCLUDENONEXACT) には、使用できます、SQL_DOUBLE、および SQL_REALInclude SQL_FLOAT, SQL_DOUBLE, and SQL_REAL in QBU WHERE clauses (KAGPROP_INCLUDENONEXACT) QBU WHERE 句で使用できます、SQL_DOUBLE、SQL_REAL の値を含めることができるかどうかを示します。Indicates whether SQL_FLOAT, SQL_DOUBLE, and SQL_REAL values can be included in a QBU WHERE clause.
挿入 (KAGPROP_POSITIONONNEWROW) 後の最後の行の位置Position on the last row after insert (KAGPROP_POSITIONONNEWROW) テーブルに新しいレコードが挿入された、テーブルの最後の行があることを示します、現在の行を取得します。Indicates that after a new record has been inserted in a table, the last row in the table will be come the current row.
IRowsetChangeExtInfo (KAGPROP_IROWSETCHANGEEXTINFO)IRowsetChangeExtInfo (KAGPROP_IROWSETCHANGEEXTINFO) 示すかどうか、 IRowsetChangeインターフェイスが拡張情報のサポートを提供します。Indicates whether the IRowsetChange interface provides extended information support.
ODBC カーソルの種類 (KAGPROP_CURSOR)ODBC Cursor Type (KAGPROP_CURSOR) 使用するカーソルの種類を示す、 Recordsetします。Indicates the type of cursor used by the Recordset.
マーシャ リングできる行セットを生成 (KAGPROP_MARSHALLABLE)Generate a Rowset that can be marshaled (KAGPROP_MARSHALLABLE) ODBC ドライバーがマーシャ リングできるレコード セットを生成することを示しますIndicates that the ODBC driver generates a recordset that can be marshaled

コマンド テキストCommand Text

使用する方法、コマンドオブジェクトは、データ ソースに大きく左右し、受け付けることがクエリまたはコマンドのステートメントの種類。How you use the Command object largely depends on the data source, and what type of query or command statement it will accept.

ODBC では、ストアド プロシージャの呼び出しを特定の構文を提供します。ODBC provides a specific syntax for calling stored procedures. CommandTextのプロパティをコマンドオブジェクト、 CommandTextへの引数、 Executeメソッドを接続オブジェクト、またはソースへの引数、オープンメソッドをレコード セットオブジェクト、この構文を使用して文字列に渡されます。For the CommandText property of a Command object, the CommandText argument to the Execute method on a Connection object, or the Source argument to the Open method on a Recordset object, passes in a string with this syntax:

"{ [ ? = ] call procedure [ ( ? [, ? [ , ... ]] ) ] }"

でしょうか。Each ? 内のオブジェクトの参照、パラメーターコレクション。references an object in the Parameters collection. 最初のでしょうか。The first ? 参照パラメーター(0)、[次へ]でしょうか。references Parameters(0), the next ? 参照パラメーター(1)、という具合です。references Parameters(1), and so on.

パラメーターの参照はオプションであり、ストアド プロシージャの構造に依存します。The parameter references are optional and depend on the structure of the stored procedure. パラメーターを定義していないストアド プロシージャを呼び出す場合は、次のような文字列になります。If you want to call a stored procedure that defines no parameters, your string would look like the following:

"{ call procedure }"

2 つのクエリ パラメーターがある場合、文字列は、次のようになります。If you have two query parameters, your string would resemble the following:

"{ call procedure ( ?, ? ) }"

ストアド プロシージャは、値を返さない場合、戻り値は、別のパラメーターとして扱われます。If the stored procedure will return a value, the return value is treated as another parameter. クエリ パラメーターはありませんが、戻り値が場合、文字列は、次のようになります。If you have no query parameters but you do have a return value, your string would resemble the following:

"{ ? = call procedure }"

最後に、戻り値があり、2 つのクエリ パラメーターの場合、文字列は、次のようになります。Finally, if you have a return value and two query parameters, your string would resemble the following:

"{ ? = call procedure ( ?, ? ) }"

レコード セットの動作Recordset Behavior

次の表は、標準の ADO メソッドとプロパティで使用できる、 Recordsetオブジェクトは、このプロバイダーで開かれました。The following tables list the standard ADO methods and properties available on a Recordset object opened with this provider.

詳細についてはRecordset実行、プロバイダーの構成の動作、Supportsメソッドを列挙し、Propertiesのコレクション、Recordsetをプロバイダーに固有の動的なプロパティが存在するかどうかを判断します。For more detailed information about Recordset behavior for your provider configuration, run the Supports method and enumerate the Properties collection of the Recordset to determine whether provider-specific dynamic properties are present.

標準の ADO の可用性Recordsetプロパティ。Availability of standard ADO Recordset properties:

プロパティProperty ForwardOnlyForwardOnly 動的Dynamic KeysetKeyset スタティックStatic
AbsolutePageAbsolutePage 使用できません。not available 使用できません。not available 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
AbsolutePositionAbsolutePosition 使用できません。not available 使用できません。not available 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
ActiveConnectionActiveConnection 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
BOFBOF 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only
BookmarkBookmark 使用できません。not available 使用できません。not available 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
CacheSizeCacheSize 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
CursorLocationCursorLocation 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
CursorTypeCursorType 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
EditModeEditMode 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only
AssertFilter 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
LockTypeLockType 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
MarshalOptionsMarshalOptions 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
MaxRecordsMaxRecords 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
PageCountPageCount 読み取り/書き込みread/write 使用できません。not available 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only
PageSizePageSize 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
RecordCountRecordCount 読み取り/書き込みread/write 使用できません。not available 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only
SourceSource 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write 読み取り/書き込みread/write
StateState 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only
StatusStatus 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only 読み取り専用read-only

AbsolutePositionAbsolutePage ODBC 用の Microsoft OLE DB Provider のバージョン 1.0 で ADO を使用する場合のプロパティは書き込み専用です。The AbsolutePosition and AbsolutePage properties are write-only when ADO is used with version 1.0 of the Microsoft OLE DB Provider for ODBC.

標準の ADO の可用性Recordsetメソッド。Availability of standard ADO Recordset methods:

方法Method ForwardOnlyForwardOnly 動的Dynamic KeysetKeyset スタティックStatic
AddNewAddNew はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
CancelCancel はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
CancelBatchCancelBatch はいYes [はい]Yes [はい]Yes [はい]Yes
CancelUpdateCancelUpdate はいYes [はい]Yes [はい]Yes [はい]Yes
CloneClone いいえNo いいえNo はいYes はいYes
CloseClose はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
削除Delete はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
GetRowsGetRows はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
MoveMove はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
MoveFirstMoveFirst はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
MoveLastMoveLast いいえNo はいYes [はい]Yes はいYes
MoveNextMoveNext はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
MovePreviousMovePrevious いいえNo はいYes [はい]Yes はいYes
NextRecordset*NextRecordset* [はい]Yes [はい]Yes [はい]Yes [はい]Yes
OpenOpen はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
RequeryRequery はいYes [はい]Yes [はい]Yes [はい]Yes
ResyncResync いいえNo いいえNo はいYes はいYes
SupportsSupports はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
UpdateUpdate はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes
UpdateBatchUpdateBatch はいYes [はい]Yes [はい]Yes はいYes

* Microsoft Access データベースはサポートされていません。*Not supported for Microsoft Access databases.

動的プロパティDynamic Properties

Microsoft OLE DB Provider for ODBC にいくつかの動的プロパティの挿入、プロパティ、開かれていないのコレクション接続レコード セット、およびコマンドオブジェクト。The Microsoft OLE DB Provider for ODBC inserts several dynamic properties into the Properties collection of the unopened Connection, Recordset, and Command objects.

次の表は、ADO および OLE DB 名の各動的プロパティの相互です。The following tables are a cross-index of the ADO and OLE DB names for each dynamic property. 「説明です」という用語を ADO プロパティ名を参照して OLE DB プログラマーズ リファレンスThe OLE DB Programmer's Reference refers to an ADO property name by the term, "Description." これらのプロパティの詳細については、OLE DB プログラマーズ リファレンスに見つかります。You can find more information about these properties in the OLE DB Programmer's Reference. インデックスの OLE DB プロパティの名前を検索または参照してください付録 c:OLE DB プロパティします。Search for the OLE DB property name in the Index or see Appendix C: OLE DB Properties.

接続の動的プロパティConnection Dynamic Properties

次のプロパティに追加されます、接続オブジェクトのプロパティコレクション。The following properties are added to the Connection object's Properties collection.

ADO のプロパティ名ADO Property Name OLE DB プロパティの名前OLE DB Property Name
Active sessionsActive Sessions DBPROP_ACTIVESESSIONSDBPROP_ACTIVESESSIONS
非同期で起こる中止Asynchable Abort DBPROP_ASYNCTXNABORTDBPROP_ASYNCTXNABORT
非同期のコミットAsynchable Commit DBPROP_ASYNCTNXCOMMITDBPROP_ASYNCTNXCOMMIT
自動コミット分離レベルAutocommit Isolation Levels DBPROP_SESS_AUTOCOMMITISOLEVELSDBPROP_SESS_AUTOCOMMITISOLEVELS
カタログの場所Catalog Location DBPROP_CATALOGLOCATIONDBPROP_CATALOGLOCATION
カタログ用語Catalog Term DBPROP_CATALOGTERMDBPROP_CATALOGTERM
列の定義Column Definition DBPROP_COLUMNDEFINITIONDBPROP_COLUMNDEFINITION
Connect TimeoutConnect Timeout DBPROP_INIT_TIMEOUTDBPROP_INIT_TIMEOUT
現在のカタログCurrent Catalog DBPROP_CURRENTCATALOGDBPROP_CURRENTCATALOG
[データ ソース]Data Source DBPROP_INIT_DATASOURCEDBPROP_INIT_DATASOURCE
Data Source NameData Source Name DBPROP_DATASOURCENAMEDBPROP_DATASOURCENAME
データ ソース オブジェクト スレッド モデルData Source Object Threading Model DBPROP_DSOTHREADMODELDBPROP_DSOTHREADMODEL
DBMS 名DBMS Name DBPROP_DBMSNAMEDBPROP_DBMSNAME
DBMS バージョンDBMS Version DBPROP_DBMSVERDBPROP_DBMSVER
Extended PropertiesExtended Properties DBPROP_INIT_PROVIDERSTRINGDBPROP_INIT_PROVIDERSTRING
GROUP BY をサポートGROUP BY Support DBPROP_GROUPBYDBPROP_GROUPBY
異なるテーブルのサポートHeterogeneous Table Support DBPROP_HETEROGENEOUSTABLESDBPROP_HETEROGENEOUSTABLES
識別子の大文字と小文字の区別Identifier Case Sensitivity DBPROP_IDENTIFIERCASEDBPROP_IDENTIFIERCASE
Initial CatalogInitial Catalog DBPROP_INIT_CATALOGDBPROP_INIT_CATALOG
分離レベルIsolation Levels DBPROP_SUPPORTEDTXNISOLEVELSDBPROP_SUPPORTEDTXNISOLEVELS
分離の保持Isolation Retention DBPROP_SUPPORTEDTXNISORETAINDBPROP_SUPPORTEDTXNISORETAIN
[Locale Identifier]Locale Identifier DBPROP_INIT_LCIDDBPROP_INIT_LCID
場所Location DBPROP_INIT_LOCATIONDBPROP_INIT_LOCATION
インデックスの最大サイズMaximum Index Size DBPROP_MAXINDEXSIZEDBPROP_MAXINDEXSIZE
行の最大サイズMaximum Row Size DBPROP_MAXROWSIZEDBPROP_MAXROWSIZE
最大行サイズには、BLOB が含まれています。Maximum Row Size Includes BLOB DBPROP_MAXROWSIZEINCLUDESBLOBDBPROP_MAXROWSIZEINCLUDESBLOB
SELECT の最大のテーブルMaximum Tables in SELECT DBPROP_MAXTABLESINSELECTDBPROP_MAXTABLESINSELECT
モードMode DBPROP_INIT_MODEDBPROP_INIT_MODE
複数のパラメーター セットMultiple Parameter Sets DBPROP_MULTIPLEPARAMSETSDBPROP_MULTIPLEPARAMSETS
複数の結果Multiple Results DBPROP_MULTIPLERESULTSDBPROP_MULTIPLERESULTS
複数のストレージ オブジェクトMultiple Storage Objects DBPROP_MULTIPLESTORAGEOBJECTSDBPROP_MULTIPLESTORAGEOBJECTS
複数のテーブルの更新Multi-Table Update DBPROP_MULTITABLEUPDATEDBPROP_MULTITABLEUPDATE
NULL 照合順序NULL Collation Order DBPROP_NULLCOLLATIONDBPROP_NULLCOLLATION
NULL 連続動作NULL Concatenation Behavior DBPROP_CONCATNULLBEHAVIORDBPROP_CONCATNULLBEHAVIOR
OLE DB サービスOLE DB Services DBPROP_INIT_OLEDBSERVICESDBPROP_INIT_OLEDBSERVICES
OLE DB バージョンOLE DB Version DBPROP_PROVIDEROLEDBVERDBPROP_PROVIDEROLEDBVER
OLE オブジェクトのサポートOLE Object Support DBPROP_OLEOBJECTSDBPROP_OLEOBJECTS
開いている行セットのサポートOpen Rowset Support DBPROP_OPENROWSETSUPPORTDBPROP_OPENROWSETSUPPORT
選択リストの ORDER BY 列ORDER BY Columns in Select List DBPROP_ORDERBYCOLUMNSINSELECTDBPROP_ORDERBYCOLUMNSINSELECT
出力パラメーターの使用状況Output Parameter Availability DBPROP_OUTPUTPARAMETERAVAILABILITYDBPROP_OUTPUTPARAMETERAVAILABILITY
パスワードPassword DBPROP_AUTH_PASSWORDDBPROP_AUTH_PASSWORD
Ref アクセサーを使って渡すPass By Ref Accessors DBPROP_BYREFACCESSORSDBPROP_BYREFACCESSORS
Persist Security InfoPersist Security Info DBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFODBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFO
永続的な ID の種類Persistent ID Type DBPROP_PERSISTENTIDTYPEDBPROP_PERSISTENTIDTYPE
中止動作を準備します。Prepare Abort Behavior DBPROP_PREPAREABORTBEHAVIORDBPROP_PREPAREABORTBEHAVIOR
コミット動作を準備します。Prepare Commit Behavior DBPROP_PREPARECOMMITBEHAVIORDBPROP_PREPARECOMMITBEHAVIOR
プロシージャ用語Procedure Term DBPROP_PROCEDURETERMDBPROP_PROCEDURETERM
[プロンプト]Prompt DBPROP_INIT_PROMPTDBPROP_INIT_PROMPT
プロバイダーの表示名Provider Friendly Name DBPROP_PROVIDERFRIENDLYNAMEDBPROP_PROVIDERFRIENDLYNAME
Provider NameProvider Name DBPROP_PROVIDERFILENAMEDBPROP_PROVIDERFILENAME
プロバイダーのバージョンProvider Version DBPROP_PROVIDERVERDBPROP_PROVIDERVER
読み取り専用データ ソースRead-Only Data Source DBPROP_DATASOURCEREADONLYDBPROP_DATASOURCEREADONLY
行セットの変換Rowset Conversions on Command DBPROP_ROWSETCONVERSIONSONCOMMANDDBPROP_ROWSETCONVERSIONSONCOMMAND
スキーマ用語Schema Term DBPROP_SCHEMATERMDBPROP_SCHEMATERM
スキーマの使用Schema Usage DBPROP_SCHEMAUSAGEDBPROP_SCHEMAUSAGE
SQL のサポートSQL Support DBPROP_SQLSUPPORTDBPROP_SQLSUPPORT
構造化ストレージStructured Storage DBPROP_STRUCTUREDSTORAGEDBPROP_STRUCTUREDSTORAGE
サブクエリのサポートSubquery Support DBPROP_SUBQUERIESDBPROP_SUBQUERIES
テーブル用語Table Term DBPROP_TABLETERMDBPROP_TABLETERM
トランザクション DDLTransaction DDL DBPROP_SUPPORTEDTXNDDLDBPROP_SUPPORTEDTXNDDL
[ユーザー ID]User ID DBPROP_AUTH_USERIDDBPROP_AUTH_USERID
[ユーザー名]User Name DBPROP_USERNAMEDBPROP_USERNAME
ウィンドウ ハンドルWindow Handle DBPROP_INIT_HWNDDBPROP_INIT_HWND

レコード セットの動的プロパティRecordset Dynamic Properties

次のプロパティに追加されます、 Recordsetオブジェクトのプロパティコレクション。The following properties are added to the Recordset object's Properties collection.

ADO のプロパティ名ADO Property Name OLE DB プロパティの名前OLE DB Property Name
アクセスの順序Access Order DBPROP_ACCESSORDERDBPROP_ACCESSORDER
ブロッキング ストレージ オブジェクトBlocking Storage Objects DBPROP_BLOCKINGSTORAGEOBJECTSDBPROP_BLOCKINGSTORAGEOBJECTS
ブックマークの種類Bookmark Type DBPROP_BOOKMARKTYPEDBPROP_BOOKMARKTYPE
ブックマークを設定Bookmarkable DBPROP_IROWSETLOCATEDBPROP_IROWSETLOCATE
挿入行を変更します。Change Inserted Rows DBPROP_CHANGEINSERTEDROWSDBPROP_CHANGEINSERTEDROWS
列の特権Column Privileges DBPROP_COLUMNRESTRICTDBPROP_COLUMNRESTRICT
列セットの通知Column Set Notification DBPROP_NOTIFYCOLUMNSETDBPROP_NOTIFYCOLUMNSET
ストレージ オブジェクトの更新を遅延Delay Storage Object Updates DBPROP_DELAYSTORAGEOBJECTSDBPROP_DELAYSTORAGEOBJECTS
後方のフェッチします。Fetch Backwards DBPROP_CANFETCHBACKWARDSDBPROP_CANFETCHBACKWARDS
行を保持します。Hold Rows DBPROP_CANHOLDROWSDBPROP_CANHOLDROWS
IAccessorIAccessor DBPROP_IAccessorDBPROP_IAccessor
IColumnsInfoIColumnsInfo DBPROP_IColumnsInfoDBPROP_IColumnsInfo
IColumnsRowsetIColumnsRowset DBPROP_IColumnsRowsetDBPROP_IColumnsRowset
IConnectionPointContainerIConnectionPointContainer DBPROP_IConnectionPointContainerDBPROP_IConnectionPointContainer
IConvertTypeIConvertType DBPROP_IConvertTypeDBPROP_IConvertType
固定行Immobile Rows DBPROP_IMMOBILEROWSDBPROP_IMMOBILEROWS
IRowsetIRowset DBPROP_IRowsetDBPROP_IRowset
IRowsetChangeIRowsetChange DBPROP_IRowsetChangeDBPROP_IRowsetChange
IRowsetIdentityIRowsetIdentity DBPROP_IRowsetIdentityDBPROP_IRowsetIdentity
IRowsetInfoIRowsetInfo DBPROP_IRowsetInfoDBPROP_IRowsetInfo
IRowsetLocateIRowsetLocate DBPROP_IRowsetLocateDBPROP_IRowsetLocate
IRowsetResynchIRowsetResynch
IRowsetUpdateIRowsetUpdate DBPROP_IRowsetUpdateDBPROP_IRowsetUpdate
ISequentialStreamISequentialStream DBPROP_ISequentialStreamDBPROP_ISequentialStream
ISupportErrorInfoISupportErrorInfo DBPROP_ISupportErrorInfoDBPROP_ISupportErrorInfo
リテラル ブックマークLiteral Bookmarks DBPROP_LITERALBOOKMARKSDBPROP_LITERALBOOKMARKS
リテラル行の IdLiteral Row Identity DBPROP_LITERALIDENTITYDBPROP_LITERALIDENTITY
開いている行の最大数Maximum Open Rows DBPROP_MAXOPENROWSDBPROP_MAXOPENROWS
保留中の行の最大数Maximum Pending Rows DBPROP_MAXPENDINGROWSDBPROP_MAXPENDINGROWS
行の最大数Maximum Rows DBPROP_MAXROWSDBPROP_MAXROWS
通知の粒度Notification Granularity DBPROP_NOTIFICATIONGRANULARITYDBPROP_NOTIFICATIONGRANULARITY
通知フェーズNotification Phases DBPROP_NOTIFICATIONPHASESDBPROP_NOTIFICATIONPHASES
トランザクション化されたオブジェクトObjects Transacted DBPROP_TRANSACTEDOBJECTDBPROP_TRANSACTEDOBJECT
独自の変更の表示Own Changes Visible DBPROP_OWNUPDATEDELETEDBPROP_OWNUPDATEDELETE
独自の挿入を可視化Own Inserts Visible DBPROP_OWNINSERTDBPROP_OWNINSERT
中止時に保存します。Preserve on Abort DBPROP_ABORTPRESERVEDBPROP_ABORTPRESERVE
コミット時に保存します。Preserve on Commit DBPROP_COMMITPRESERVEDBPROP_COMMITPRESERVE
クイック再起動Quick Restart DBPROP_QUICKRESTARTDBPROP_QUICKRESTART
再入イベントReentrant Events DBPROP_REENTRANTEVENTSDBPROP_REENTRANTEVENTS
削除された行を削除します。Remove Deleted Rows DBPROP_REMOVEDELETEDDBPROP_REMOVEDELETED
複数の変更を報告します。Report Multiple Changes DBPROP_REPORTMULTIPLECHANGESDBPROP_REPORTMULTIPLECHANGES
保留中の挿入を返すReturn Pending Inserts DBPROP_RETURNPENDINGINSERTSDBPROP_RETURNPENDINGINSERTS
行の削除通知Row Delete Notification DBPROP_NOTIFYROWDELETEDBPROP_NOTIFYROWDELETE
行の最初の変更通知Row First Change Notification DBPROP_NOTIFYROWFIRSTCHANGEDBPROP_NOTIFYROWFIRSTCHANGE
行の挿入通知Row Insert Notification DBPROP_NOTIFYROWINSERTDBPROP_NOTIFYROWINSERT
行の特権Row Privileges DBPROP_ROWRESTRICTDBPROP_ROWRESTRICT
行の再同期の通知Row Resynchronization Notification DBPROP_NOTIFYROWRESYNCHDBPROP_NOTIFYROWRESYNCH
行のスレッド モデルRow Threading Model DBPROP_ROWTHREADMODELDBPROP_ROWTHREADMODEL
行の変更の取り消し通知Row Undo Change Notification DBPROP_NOTIFYROWUNDOCHANGEDBPROP_NOTIFYROWUNDOCHANGE
行の削除の取り消し通知Row Undo Delete Notification DBPROP_NOTIFYROWUNDODELETEDBPROP_NOTIFYROWUNDODELETE
行の挿入の取り消し通知Row Undo Insert Notification DBPROP_NOTIFYROWUNDOINSERTDBPROP_NOTIFYROWUNDOINSERT
行の更新通知Row Update Notification DBPROP_NOTIFYROWUPDATEDBPROP_NOTIFYROWUPDATE
行セットのフェッチ位置の変更通知Rowset Fetch Position Change Notification DBPROP_NOTIFYROWSETFETCHPOSISIONCHANGEDBPROP_NOTIFYROWSETFETCHPOSISIONCHANGE
行セットの解放通知Rowset Release Notification DBPROP_NOTIFYROWSETRELEASEDBPROP_NOTIFYROWSETRELEASE
逆にスクロールします。Scroll Backwards DBPROP_CANSCROLLBACKWARDSDBPROP_CANSCROLLBACKWARDS
削除されたブックマークをスキップSkip Deleted Bookmarks DBPROP_BOOKMARKSKIPPEDDBPROP_BOOKMARKSKIPPED
厳密な行の IdStrong Row Identity DBPROP_STRONGITDENTITYDBPROP_STRONGITDENTITY
一意の行Unique Rows DBPROP_UNIQUEROWSDBPROP_UNIQUEROWS
更新機能Updatability DBPROP_UPDATABILITYDBPROP_UPDATABILITY
ブックマークを使用します。Use Bookmarks DBPROP_BOOKMARKSDBPROP_BOOKMARKS

コマンドの動的プロパティCommand Dynamic Properties

次のプロパティに追加されます、コマンドオブジェクトのプロパティコレクション。The following properties are added to the Command object's Properties collection.

ADO のプロパティ名ADO Property Name OLE DB プロパティの名前OLE DB Property Name
アクセスの順序Access Order DBPROP_ACCESSORDERDBPROP_ACCESSORDER
ブロッキング ストレージ オブジェクトBlocking Storage Objects DBPROP_BLOCKINGSTORAGEOBJECTSDBPROP_BLOCKINGSTORAGEOBJECTS
ブックマークの種類Bookmark Type DBPROP_BOOKMARKTYPEDBPROP_BOOKMARKTYPE
ブックマークを設定Bookmarkable DBPROP_IROWSETLOCATEDBPROP_IROWSETLOCATE
挿入行を変更します。Change Inserted Rows DBPROP_CHANGEINSERTEDROWSDBPROP_CHANGEINSERTEDROWS
列の特権Column Privileges DBPROP_COLUMNRESTRICTDBPROP_COLUMNRESTRICT
列セットの通知Column Set Notification DBPROP_NOTIFYCOLUMNSETDBPROP_NOTIFYCOLUMNSET
ストレージ オブジェクトの更新を遅延Delay Storage Object Updates DBPROP_DELAYSTORAGEOBJECTSDBPROP_DELAYSTORAGEOBJECTS
後方のフェッチします。Fetch Backwards DBPROP_CANFETCHBACKWARDSDBPROP_CANFETCHBACKWARDS
行を保持します。Hold Rows DBPROP_CANHOLDROWSDBPROP_CANHOLDROWS
IAccessorIAccessor DBPROP_IAccessorDBPROP_IAccessor
IColumnsInfoIColumnsInfo DBPROP_IColumnsInfoDBPROP_IColumnsInfo
IColumnsRowsetIColumnsRowset DBPROP_IColumnsRowsetDBPROP_IColumnsRowset
IConnectionPointContainerIConnectionPointContainer DBPROP_IConnectionPointContainerDBPROP_IConnectionPointContainer
IConvertTypeIConvertType DBPROP_IConvertTypeDBPROP_IConvertType
固定行Immobile Rows DBPROP_IMMOBILEROWSDBPROP_IMMOBILEROWS
IRowsetIRowset DBPROP_IRowsetDBPROP_IRowset
IRowsetChangeIRowsetChange DBPROP_IRowsetChangeDBPROP_IRowsetChange
IRowsetIdentityIRowsetIdentity DBPROP_IRowsetIdentityDBPROP_IRowsetIdentity
IRowsetInfoIRowsetInfo DBPROP_IRowsetInfoDBPROP_IRowsetInfo
IRowsetLocateIRowsetLocate DBPROP_IRowsetLocateDBPROP_IRowsetLocate
IRowsetResynchIRowsetResynch
IRowsetUpdateIRowsetUpdate DBPROP_IRowsetUpdateDBPROP_IRowsetUpdate
ISequentialStreamISequentialStream DBPROP_ISequentialStreamDBPROP_ISequentialStream
ISupportErrorInfoISupportErrorInfo DBPROP_ISupportErrorInfoDBPROP_ISupportErrorInfo
リテラル ブックマークLiteral Bookmarks DBPROP_LITERALBOOKMARKSDBPROP_LITERALBOOKMARKS
リテラル行の IdLiteral Row Identity DBPROP_LITERALIDENTITYDBPROP_LITERALIDENTITY
開いている行の最大数Maximum Open Rows DBPROP_MAXOPENROWSDBPROP_MAXOPENROWS
保留中の行の最大数Maximum Pending Rows DBPROP_MAXPENDINGROWSDBPROP_MAXPENDINGROWS
行の最大数Maximum Rows DBPROP_MAXROWSDBPROP_MAXROWS
通知の粒度Notification Granularity DBPROP_NOTIFICATIONGRANULARITYDBPROP_NOTIFICATIONGRANULARITY
通知フェーズNotification Phases DBPROP_NOTIFICATIONPHASESDBPROP_NOTIFICATIONPHASES
トランザクション化されたオブジェクトObjects Transacted DBPROP_TRANSACTEDOBJECTDBPROP_TRANSACTEDOBJECT
独自の変更の表示Own Changes Visible DBPROP_OWNUPDATEDELETEDBPROP_OWNUPDATEDELETE
独自の挿入を可視化Own Inserts Visible DBPROP_OWNINSERTDBPROP_OWNINSERT
中止時に保存します。Preserve on Abort DBPROP_ABORTPRESERVEDBPROP_ABORTPRESERVE
コミット時に保存します。Preserve on Commit DBPROP_COMMITPRESERVEDBPROP_COMMITPRESERVE
クイック再起動Quick Restart DBPROP_QUICKRESTARTDBPROP_QUICKRESTART
再入イベントReentrant Events DBPROP_REENTRANTEVENTSDBPROP_REENTRANTEVENTS
削除された行を削除します。Remove Deleted Rows DBPROP_REMOVEDELETEDDBPROP_REMOVEDELETED
複数の変更を報告します。Report Multiple Changes DBPROP_REPORTMULTIPLECHANGESDBPROP_REPORTMULTIPLECHANGES
保留中の挿入を返すReturn Pending Inserts DBPROP_RETURNPENDINGINSERTSDBPROP_RETURNPENDINGINSERTS
行の削除通知Row Delete Notification DBPROP_NOTIFYROWDELETEDBPROP_NOTIFYROWDELETE
行の最初の変更通知Row First Change Notification DBPROP_NOTIFYROWFIRSTCHANGEDBPROP_NOTIFYROWFIRSTCHANGE
行の挿入通知Row Insert Notification DBPROP_NOTIFYROWINSERTDBPROP_NOTIFYROWINSERT
行の特権Row Privileges DBPROP_ROWRESTRICTDBPROP_ROWRESTRICT
行の再同期の通知Row Resynchronization Notification DBPROP_NOTIFYROWRESYNCHDBPROP_NOTIFYROWRESYNCH
行のスレッド モデルRow Threading Model DBPROP_ROWTHREADMODELDBPROP_ROWTHREADMODEL
行の変更の取り消し通知Row Undo Change Notification DBPROP_NOTIFYROWUNDOCHANGEDBPROP_NOTIFYROWUNDOCHANGE
行の削除の取り消し通知Row Undo Delete Notification DBPROP_NOTIFYROWUNDODELETEDBPROP_NOTIFYROWUNDODELETE
行の挿入の取り消し通知Row Undo Insert Notification DBPROP_NOTIFYROWUNDOINSERTDBPROP_NOTIFYROWUNDOINSERT
行の更新通知Row Update Notification DBPROP_NOTIFYROWUPDATEDBPROP_NOTIFYROWUPDATE
行セットのフェッチ位置の変更通知Rowset Fetch Position Change Notification DBPROP_NOTIFYROWSETFETCHPOSITIONCHANGEDBPROP_NOTIFYROWSETFETCHPOSITIONCHANGE
行セットの解放通知Rowset Release Notification DBPROP_NOTIFYROWSETRELEASEDBPROP_NOTIFYROWSETRELEASE
逆にスクロールします。Scroll Backwards DBPROP_CANSCROLLBACKWARDSDBPROP_CANSCROLLBACKWARDS
削除されたブックマークをスキップSkip Deleted Bookmarks DBPROP_BOOKMARKSKIPDBPROP_BOOKMARKSKIP
厳密な行の IdStrong Row Identity DBPROP_STRONGIDENTITYDBPROP_STRONGIDENTITY
更新機能Updatability DBPROP_UPDATABILITYDBPROP_UPDATABILITY
ブックマークを使用します。Use Bookmarks DBPROP_BOOKMARKSDBPROP_BOOKMARKS

詳細については、特定の実装と機能について Microsoft OLE DB Provider for ODBC は、次を参照してください。、 OLE DB プログラマーズ リファレンスか msdn データ アクセスおよびストレージ デベロッパー センター Web サイトを参照してください。For details regarding specific implementation and functional information about the Microsoft OLE DB Provider for ODBC, see the OLE DB Programmer's Reference or visit the Data Access and Storage Developer Center Web site on MSDN.

参照See Also

コマンド オブジェクト (ADO) を CommandText プロパティ (ADO) 接続オブジェクト (ADO) ConnectionString プロパティ (ADO) 実行メソッド (ADO Command) Open メソッド (ADO Recordset) Parameters コレクション (ADO) プロパティのコレクション (ADO) プロバイダー プロパティ (ADO) レコード セット オブジェクト (ADO) メソッドをサポートしていますCommand Object (ADO) CommandText Property (ADO) Connection Object (ADO) ConnectionString Property (ADO) Execute Method (ADO Command) Open Method (ADO Recordset) Parameters Collection (ADO) Properties Collection (ADO) Provider Property (ADO) Recordset Object (ADO) Supports Method