SQL Server Profiler ダイアログ ボックスSQL Server Profiler dialog boxes

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

Microsoft SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler は、サーバーから MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server イベントをキャプチャするツールです。Microsoft SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler is a tool that captures MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server events from a server. キャプチャされたイベントはトレース ファイルに保存され、後で分析したり、問題の発生したステップを厳密に再現して診断する際に利用できます。The events are saved in a trace file that can later be analyzed or used to replay a specific series of steps when trying to diagnose a problem. SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerダイアログボックスで使用できるコマンドと設定を次に示します。The following are the commands and settings available in the dialog boxes of SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler.

トレースのプロパティTrace properties

[全般] タブGeneral tab

[トレースのプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブを使用すると、トレースのプロパティを表示したり指定したりできます。Use the General tab of the Trace Properties dialog box to view or specify properties of a trace.

アイテムItem [説明]Description
[トレース名]Trace name トレース名を指定します。Specify the name of the trace.
[トレース プロバイダー名]Trace provider name トレースされる SQL ServerSQL Server のインスタンスの名前を表示します。Shows the name of the instance of SQL ServerSQL Server that will be traced. このフィールドには、接続時に指定したサーバーの名前が自動的に入力されます。This field is populated automatically with the name of the server that you specified when you connected. トレース プロバイダーの名前を変更するには、 [キャンセル] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じ、新しいトレースを開始します。To change the name of the trace provider, click Cancel to close the dialog box, and start a new trace.
[トレース プロバイダーの種類]Trace provider type トレースを提供しているサーバーの種類を表示します。Shows the server type that is providing the trace. トレース定義ファイルの [トレース プロバイダーの種類] フィールドは自動的に入力されます。The trace definition file populates the Trace provider type field automatically. このフィールドは変更できません。You cannot modify this field.
versionversion トレースを提供しているサーバーのバージョンを表示します。Shows the version of the server that is providing the trace. トレース定義ファイルの [バージョン] フィールドは自動的に入力されます。The trace definition file populates the Version field automatically. このフィールドは変更できません。You cannot modify this field.
[使用するテンプレート]Use the template テンプレート ディレクトリからテンプレートを選択します。Select a template from the template directory. ディレクトリには、既定のテンプレート、および現在のトレース プロバイダーの種類に対して作成されたユーザー定義テンプレートが入力されます。The directory is populated with the default templates and any user-defined templates created for the current trace provider type.
[ファイルに保存]Save to file トレース データを .trc ファイルにキャプチャします。Capture the trace data to a .trc file. トレース データを保存しておくと、後でチェックしたり分析したりするのに便利です。Saving trace data is useful for later review and analysis.
[最大ファイル サイズの設定 (MB)]Set maximum file size (MB) トレース データのファイルへの保存を選択する場合は、トレース ファイルの最大サイズを指定する必要があります。If you choose to save the trace data to a file, you must specify the maximum size of the trace file. 既定の容量は 5 MB です。The default is 5 megabytes (MB). 最大サイズは、ファイルが保存されているファイル システム (NTFS、FAT) によってのみ制限されます。The maximum size is limited only by the file system (NTFS, FAT) where the file is saved.
[名前を付けて保存]Save As 保存を選択した後で、このアイコンをクリックしてファイル名を変更できます。After you have selected to save, you can select this icon to change the file name.
[ファイル ロールオーバーを有効にする]Enable file rollover 選択した場合、最大ファイル サイズに達したときに追加ファイルを作成して、トレース データを受け入れることができます。Select to enable the creation of additional files to accept the trace data when the maximum file size is reached. 新しいファイル名は元の .trc ファイル名で構成され、それぞれ順に番号が付けられます。Each new file name consists of the original .trc file name, numbered sequentially. たとえば、最大ファイル サイズに達したときに、 NewTrace.trc が閉じ、新しいファイルの NewTrace_1.trcが開きます。次に NewTrace_2.trcが開いて、以降も順に同様のファイルが追加されます。For example, once it reaches maximum file size, NewTrace.trc closes, and a new file, NewTrace_1.trc, opens, followed by NewTrace_2.trc, and so on. トレースをファイルに保存する場合、特に指定しない限り、ファイル ロールオーバーはオンになっています。File rollover is enabled by default when you save a trace to a file.
[サーバーがトレース データを処理する]Server processes trace data トレースを実行中のサーバーがトレース データを処理するように指定します。Specify that the server running the trace should process the trace data. このオプションを使用すると、トレースによって起こるパフォーマンス オーバーヘッドを低減できます。Using this option reduces the performance overhead incurred by tracing. オンにすると、ストレス条件下でもイベントはスキップされません。If selected, no events are skipped even under stress conditions. このチェック ボックスがオフの場合、処理は SQL Server Profiler によって実行され、ストレス条件下の一部のイベントがトレースされない可能性があります。If this check box is cleared, processing is performed by SQL Server Profiler, and there is a possibility that some events are not traced under stress conditions.
[テーブルに保存]Save to table トレース データをデータベース テーブルにキャプチャします。Capture the trace data to a database table. トレース データを保存しておくと、後でチェックしたり分析したりするのに便利です。Saving trace data is useful for later review and analysis. ただし、トレース データをテーブルに保存すると、保存先となるサーバーに大きなオーバーヘッドが発生する可能性があります。However, saving trace data to a table can incur significant overhead on the server where the trace is being saved. 可能な限り、トレースしているサーバーと同じサーバーにトレース テーブルを保存しないでください。If possible, do not save the trace table on the same server that is being traced.
[ターゲット テーブル]Destination Table トレース データをデータベース テーブルに保存することを選択した後で、このアイコンをクリックしてテーブル名を変更できます。After you have selected to save the trace data to a database table, you can select this icon to change the table name.
[最大行数の設定 (1000 行単位)]Set maximum rows (in thousands) データを保存する最大行数を指定します。Specify the largest number of rows in which to save data. 既定値は 1000 行です。The default is 1000 rows.
[トレース停止時刻を有効にする]Enable trace stop time トレースを終了して閉じる日時を設定します。Set the date and time for the trace to end and close itself.

[イベントの選択] タブEvents Selection tab

[トレースのプロパティ] ダイアログ ボックスの [イベントの選択] タブを使用すると、トレースの対象となるイベントとデータ列を表示および指定できます。Use the Events Selection tab of the Trace Properties dialog box to view or specify traced events and data columns.

アイテムItem [説明]Description
[イベント]Events column イベント列のチェック ボックスをオンまたはオフにして、トレースするイベントを指定します。Specify traced events by selecting or clearing the check box in the event column. [イベント] 列は、イベント カテゴリ別に分類されています。Events are organized by event category. テンプレートで指定されているイベント クラスが自動的に選択されます。Event classes specified in the template are automatically selected. 詳しくは、「 SQL Server イベント クラスの参照」をご覧ください。For more information, see SQL Server Event Class Reference.
データ列Data columns 必要なイベント列とデータ列に対応するチェック ボックスをオンにして、トレースするデータ列を指定します。Specify traced data columns by checking the box that corresponds with the event and the data column you need. トレースの対象になる各イベントに対応するイベント列は、既定ですべてオンになっています。All relevant event columns are checked by default for each event included in the trace.
フィルターFilters フィルターを指定するには、データ列のヘッダーをクリックし、フィルター基準を入力します。Specify filters by clicking the data column heading and entering the filter criteria. フィルター選択されるデータ列については、 [フィルターの編集] ダイアログ ボックスの列ラベルの左側にフィルターのアイコンが表示されます。Filtered data columns are indicated by a filter icon to the left of the column label in the Edit Filter dialog box. 詳細については、「 SQL Server Profiler - [フィルターの編集]」を参照してください。For more information, see SQL Server Profiler - Edit Filter.
[すべてのイベントを表示する]Show all events 表示できるイベントをすべて表示します。Show all available events. 既定では、 [イベントの選択] グリッドで選択されている行だけが表示されます。By default, only rows in the Events Selection grid that are selected display. このチェック ボックスをオフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないイベントがすべて非表示になります。Uncheck this box to hide all unselected events in the Events Selection grid.
[すべての列を表示]Show all columns 表示できるデータ列をすべて表示します。Show all available data columns. 既定では、選択されているデータ列だけが表示されます。By default, only data columns that are selected display. このチェック ボックスをオフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないデータ列がすべて非表示になります。Uncheck this box to hide all unselected data columns in the Events Selection grid.
列フィルターColumn Filters [フィルターの編集] ダイアログ ボックスを起動します。Launches the Edit Filter dialog box. このダイアログ ボックスを使用して、データ列のフィルターを編集できます。You can use this dialog to edit data column filters.
[列の構成]Organize Columns トレースとグループ化の結果で、1 つ以上の列を使用して列の順序を変更します。Changes the order of columns in the trace and groups results by one or more columns.

トレース テンプレートのプロパティTrace template properties

新規 ([全般] タブ)New (General tab)

[トレース テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで次のオプションを使用すると、新しいトレース テンプレートを作成できます。Use the General tab of the Trace Template Properties dialog box to create new trace templates by using the following options. このダイアログ ボックスにアクセスするには、SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler[ファイル] メニューで [テンプレート] をポイントし、 [新規] をクリックします。To access this dialog box, on the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler File menu, point to Templates, and then click New.

アイテムItem [説明]Description
[サーバーの種類の選択]Select server type このテンプレートを使用するサーバーの種類を選択します。Specify the type of server against which this template will be used.
[新しいテンプレート名]New template name テンプレートを説明するような名前を指定します。Provide a descriptive name for the template.
[既存のテンプレートを基に新しいテンプレートを作成する]Base new template on existing one このテンプレートのベースとして一覧のテンプレートを使用します。Use a template from the list as a basis for this template. 選択されているすべてのイベント、データ列、およびフィルターは、最初は既存のテンプレートに一致していますが、後から必要に応じて変更できます。All selected events, data columns and filters initially match those in the existing template, and can then be modified as needed.
[選択したサーバーの種類に対する既定のテンプレートとして使用する]Use as a default template for selected server type このサーバーの種類に対して作成されたトレースには、既定でこのテンプレートを使用します。Use this template by default, for traces created for this server type.

[編集] ([全般] タブ)Edit (General tab)

[トレース テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブで以下のオプションを使用すると、既存のトレース テンプレートを表示または編集できます。Use the General tab of the Trace Template Properties dialog box to view or edit existing trace templates by using the following options. このダイアログ ボックスにアクセスする、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler ファイルメニューで、テンプレート、 をクリックし、テンプレートの編集To access this dialog box, on the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler File menu, point to Templates, and then click Edit Template.

アイテムItem [説明]Description
[サーバーの種類の選択]Select server type このテンプレートを使用するサーバーの種類を選択します。Specify the type of server against which this template will be used.
[テンプレート名の選択]Select template name 編集するテンプレートを選択します。Select the template that you want to edit.
[選択したサーバーの種類に対する既定のテンプレートとして使用する]Use as a default template for selected server type このサーバーの種類に対して作成されたトレースには、既定でこのテンプレートを使用します。Use this template by default, for traces created for this server type.

[イベントの選択] タブEvents Selection tab

[トレース テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスの [イベントの選択] タブを使用すると、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler トレース テンプレートに含めるイベント クラスとデータ列の表示、編集、指定ができます。Use the Events Selection tab of the Trace Template Properties dialog box to view, edit, or specify event classes and data columns to include in a SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler trace template.

アイテムItem [説明]Description
[イベント]Events column イベント列のチェック ボックスをオンまたはオフにして、トレースするイベントを指定します。Specify events that should be traced by selecting or clearing the check box in the event column. イベントは、イベント カテゴリ別に分類されます。Events are organized by event category. [全般] タブの [既存のテンプレートを基に新しいテンプレートを作成する] を選択した場合、指定したテンプレートに応じてイベントが自動的に選択されます。If you selected Base new template on existing one on the General tab, events are automatically selected according to the specified template. イベント クラスの詳細については、「 SQL Server イベント クラスの参照」を参照してください。For more information about event classes, see SQL Server Event Class Reference.
データ列Data columns トレースするデータ列を指定するには、必要なイベント列とデータ列に対応するチェック ボックスをオンにします。Specify data columns that should be traced by checking the box that corresponds with the event and the data column you need. トレースに含まれる各イベントに対応するチェック ボックスがオンになっている場合、そのイベントのイベント列は既定ですべてオンになります。All relevant event columns are checked by default for each event included in the trace, if the checkbox corresponding to the event is checked. [全般] タブの [既存のテンプレートを基に新しいテンプレートを作成する] をオンにした場合、指定したテンプレートに応じてデータ列とフィルターが自動的に選択されます。If you checked Base new template on existing one on the General tab, data columns and filters are automatically selected according to the specified template.
フィルターFilters フィルターを指定するには、データ列のヘッダーをクリックし、フィルター基準を入力します。Specify filters by clicking the data column heading and entering the filter criteria. フィルター選択されるデータ列については、 [フィルターの編集] ダイアログ ボックスの列ラベルの左側にフィルターのアイコンが表示されます。Filtered data columns are indicated by a filter icon to the left of the column label in the Edit Filter dialog box.
[すべてのイベントを表示する]Show all events 表示できるイベントをすべて表示します。Show all available events. 既存のテンプレートを基にしていない新しいテンプレートを作成する場合、このオプションは既定でオンになります。This option is checked by default if you are creating a new template that is not based on an existing template. オフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないイベントがすべて非表示になります。Uncheck to hide all unselected events in the Events Selection grid.
[すべての列を表示]Show all columns 表示できるデータ列をすべて表示します。Show all available data columns. 既存のテンプレートを基にしていない新しいテンプレートを作成する場合、このオプションは既定でオンになります。This option is checked by default if you are creating a new template that is not based on an existing template. オフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないデータ列がすべて非表示になります。Uncheck to hide all unselected data columns in the Events Selection grid.
列フィルターColumn Filters [フィルターの編集] ダイアログ ボックスを開きます。ここでは、データ列のラベルの左側にフィルターのアイコンが表示されます。Launches the Edit Filter dialog box, which displays a filter icon to the left of the data column label. [フィルターの編集] ダイアログ ボックスを使用して、データ列のフィルターを編集します。Use the Edit Filter dialog box to edit data column filters.
[列の構成]Organize Columns トレースとグループ化の結果で、1 つ以上の列を使用して列の順序を変更します。Changes the order of columns in the trace and groups results by one or more columns.

トレース ファイルのプロパティTrace file properties

[全般] タブGeneral tab

[トレース ファイルのプロパティ] ダイアログ ボックスの [全般] タブを使用すると、トレース ファイルのプロパティを表示できます。Use the General tab of the Trace File Properties dialog box to view the properties of a trace file.
このウィンドウを表示するには、トレース ファイルを開きます。To view this window, open a trace file. 次に、 [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックします。Then on the File menu, click Properties.

アイテムItem [説明]Description
[ファイル名]File name 表示するトレース ファイルのパスと名前。The path and name of the trace file displayed.
[トレース プロバイダー名]Trace provider name トレースされた SQL ServerSQL Server のインスタンスの名前を表示。Shows the name of the instance of SQL ServerSQL Server that was traced.
[トレース プロバイダーの種類]Trace provider type トレースを提供したサーバーの種類を表示。Shows the server type that provided the trace.
versionversion トレースを提供したサーバーのバージョンを表示。Shows the version of the server that provided the trace.
[ファイル サイズ (KB)]File size (KB) トレース ファイルのサイズ (KB)。The size of the trace file in kilobytes (KB).
CreatedCreated トレース ファイルを作成した日付と時刻。The date and time the trace file was created.
[更新日時]Modified トレース ファイルを変更した日付と時刻。The date and time the trace file was modified.

[イベントの選択] タブEvents Selection tab

[トレース ファイルのプロパティ] ダイアログ ボックスの [イベントの選択] タブを使用すると、トレースの列プロパティを表示したり、トレースからデータ列を削除したりできます。Use the Events Selection tab of the Trace File Template Properties dialog box to view the column properties of the trace or remove data columns from the trace.
このウィンドウを表示するには、トレース ファイルを開きます。To view this window, open a trace file. 次に、 [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックした後、 [イベントの選択] タブをクリックします。Then, on the File menu, click Properties, and then click the Events Selection tab.

アイテムItem [説明]Description
[イベント]Events column イベント カテゴリにより分類された、ビューによりトレースされるイベントです。View traced events which are organized by event category. 最初は、トレースのイベントがすべて選択されています。Initially, all events in the trace are selected. イベントのチェック ボックスをオンにするか、データ列をオンにすることでイベントを選択できます。Events can be selected by checking the box or by checking a data column for an event. イベントのチェック ボックスをオンにすると、そのイベントで使用できるデータ列がすべて選択されます。If the event box is checked, all data columns available for that event are selected. イベントのデータ列をオンにすると、イベントが選択されるだけでなく、そのほかに必要な列がすべて自動的に選択されます。If the data column for an event is checked, the event is checked and any other required column is also automatically checked. トレース ファイルまたはトレース テーブルを表示した場合、イベントのチェック ボックスやデータ列をオフにすることで、トレース ウィンドウに表示されるデータ量が減り、分析が容易になります。If you are viewing a trace file or table, clearing check boxes for events or data columns reduces the amount of visible data in the trace window for easier analysis. 列のフィルターを変更して、トレース ウィンドウに表示されるデータ量を減らすこともできます。You can also change column filters to reduce the amount of visible data in the trace window. イベント クラスの詳細については、「 SQL Server イベント クラスの参照」を参照してください。For more information about event classes, see SQL Server Event Class Reference.
データ列Data Columns トレースされるデータ列を表示します。View traced data columns. トレースに含まれる各イベントでは、トレースの関連するデータ列は既定ですべてオンになっています。All relevant data columns in the trace are checked by default for each event included in the trace.
フィルターFilters フィルターを指定するには、データ列のヘッダーをクリックし、フィルター基準を入力します。Specify filters by clicking the data column heading and entering the filter criteria. フィルター選択されるデータ列については、 [フィルターの編集] ダイアログ ボックスの列ラベルの左側にフィルターのアイコンが表示されます。Filtered data columns are indicated by a filter icon to the left of the column label in the Edit Filter dialog box.
[すべてのイベントを表示する]Show all events 表示できるイベントをすべて表示します。Show all available events. 既定では、 [イベントの選択] グリッドで選択されている行だけが表示されます。By default, only rows in the Events Selection grid that are selected display. このチェック ボックスをオフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないイベントがすべて非表示になります。Uncheck this box to hide all unselected events in the Events Selection grid. [すべてのイベントを表示する] がオンで、トレース ファイルまたはトレース テーブルを表示している場合、トレースに記録されたすべてのイベントがトレース ウィンドウに表示されます。If Show all events is checked and you are viewing a trace file or table, all events that were recorded in the trace display in the trace window.
[すべての列を表示]Show all columns 表示できるデータ列をすべて表示します。Show all available data columns. 既定では、選択されているデータ列だけが表示されます。By default, only data columns that are selected display. このチェック ボックスをオフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないデータ列がすべて非表示になります。Uncheck this box to hide all unselected data columns in the Events Selection grid.
列フィルターColumn Filters [フィルターの編集] ダイアログ ボックスを起動します。フィルター選択されるデータ列の列ラベルの左側には、フィルターのアイコンが表示されます。Launches the Edit Filter dialog box, which displays a filter icon to the left of the column label for filtered data columns. [フィルターの編集] ダイアログ ボックスを使用して、データ列のフィルターを編集します。Use the Edit Filter dialog box to edit data column filters.
[列の構成]Organize Columns [イベント] およびトレースするデータ列を選択した後、 [列の構成] をクリックすると、トレース結果のウィンドウの列が並べ替えられます。After selecting Events and data columns to trace, click Organize Columns to force the grid to reorder the column in the trace results window.

トレース テーブルのプロパティTrace table properties

[イベントの選択] タブEvents Selection tab

[トレース テーブルのプロパティ] ダイアログ ボックスの [イベントの選択] タブを使用すると、トレースのイベントやデータ列プロパティを表示したり、トレースからイベントまたは列を削除したりできます。Use the Events Selection tab of the Trace Table Properties dialog box to view the events and data column properties of the trace or to remove events or columns from the trace.
このウィンドウを表示するには、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を使用してトレース テーブルを開きます。To view this window, use SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler to open a trace table. 次に、 [ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックした後、 [イベントの選択] タブをクリックします。Then on the File menu, click Properties, and then click the Events Selection tab.

アイテムItem [説明]Description
[イベント]Events column イベント カテゴリにより分類された、ビューによりトレースされるイベントです。View traced events which are organized by event category. イベントのチェック ボックスをオンにするか、データ列をオンにすることでイベントを選択できます。Events can be selected by checking the box or by checking a data column for an event. イベントのチェック ボックスをオンにすると、そのイベントで使用できるデータ列がすべて選択されます。If the event box is checked, all data columns available for that event are selected. イベントのデータ列をオンにすると、イベントが選択されるだけでなく、そのほかに必要な列がすべて自動的に選択されます。If the data column for an event is checked, the event is checked and any other required column is also automatically checked. トレース ファイルまたはトレース テーブルを表示した場合、イベントのチェック ボックスやデータ列をオフにすることで、トレース ウィンドウに表示されるデータ量が減り、分析が容易になります。If you are viewing a trace file or table, clearing check boxes for events or data columns reduces the amount of visible data in the trace window for easier analysis. 列のフィルターを変更して、トレース ウィンドウに表示されるデータ量を減らすこともできます。You can also change column filters to reduce the amount of visible data in the trace window. イベント クラスの詳細については、「 SQL Server イベント クラスの参照」を参照してください。For more information about event classes, see SQL Server Event Class Reference.
その他のデータ列Other data columns トレースされるデータ列を表示します。View traced data columns. トレースに含まれる各イベントでは、トレースの関連するデータ列は既定ですべてオンになっています。All relevant data columns in the trace are checked by default for each event included in the trace.
フィルターFilters フィルターを指定するには、データ列のヘッダーをクリックし、フィルター基準を入力します。Specify filters by clicking the data column heading and entering the filter criteria. フィルター選択されるデータ列については、 [フィルターの編集] ダイアログ ボックスの列ラベルの左側にフィルターのアイコンが表示されます。Filtered data columns are indicated by a filter icon to the left of the column label in the Edit Filter dialog box.
[すべてのイベントを表示する]Show all events 表示できるイベントをすべて表示します。Show all available events. 既定では、 [イベントの選択] グリッドで選択されている行だけが表示されます。By default, only rows in the Events Selection grid that are selected display. このチェック ボックスをオフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないイベントがすべて非表示になります。Uncheck this box to hide all unselected events in the Events Selection grid. [すべてのイベントを表示する] がオンで、トレース ファイルまたはトレース テーブルを表示している場合、トレースに記録されたすべてのイベントがトレース ウィンドウに表示されます。If Show all events is checked and you are viewing a trace file or table, all events that were recorded in the trace display in the trace window.
[すべての列を表示]Show all columns 表示できるデータ列をすべて表示します。Show all available data columns. 既定では、選択されているデータ列だけが表示されます。By default, only data columns that are selected display. このチェック ボックスをオフにすると、 [イベントの選択] グリッドで選択されていないデータ列がすべて非表示になります。Uncheck this box to hide all unselected data columns in the Events Selection grid.
列フィルターColumn Filters [フィルターの編集] ダイアログ ボックスを起動します。ここでは、データ列のラベルの左側にフィルターのアイコンが表示されます。Launches the Edit Filter dialog box, which displays a filter icon to the left of the column label. このダイアログ ボックスを使用して、データ列のフィルターを編集できます。You can use this dialog box to edit data column filters.
[列の構成]Organize Columns [イベント] およびトレースするデータ列を選択した後、 [列の構成] をクリックすると、トレース結果のウィンドウの列が並べ替えられます。After selecting Events and data columns to trace, click Organize Columns to force the grid to reorder the column in the trace results window.

パフォーマンス カウンター制限Performance counters limit

[パフォーマンス カウンター制限ダイアログ] ダイアログ ボックスを使用すると、システム モニターのパフォーマンス ログ ファイルと SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler トレースを相関させるときに、ファイルからの情報を制限できます。Use the Performance Counters Limit dialog box to limit the information from a System Monitor performance log file when correlating it with a SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler trace. このダイアログ ボックスで、相関のために表示して使用するカウンターを選択できます。You can use this dialog box to select counters that should be displayed and used for correlation.
[パフォーマンス カウンター制限ダイアログ ボックス] ダイアログ ボックスには、パフォーマンス ログ ファイルに含まれているパフォーマンス オブジェクトおよびカウンターによって値が入力されます。The Performance Counters Limit dialog box is populated with the performance objects and counters that the performance log file contains.

トレースと相関させるパフォーマンス オブジェクトおよびカウンターを選択するにはTo select performance objects and counters to correlate with a trace

  1. パフォーマンス オブジェクトを展開して、パフォーマンス ログ ファイルに含まれているカウンターを確認します。Expand a performance object to see which counters are included in the performance log file.
  2. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler トレース ファイルと相関させる対象カウンターをオンにします。Check the counters that you want to correlate with the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler trace file.

パフォーマンス オブジェクトに対してすべてのカウンターを選択する場合は、パフォーマンス オブジェクトの横にあるボックスをオンにします。If you want to select all counters for a performance object, check the box that is adjacent to the performance object. コンピューターを示している最上位ノードをオンにすると、パフォーマンス ログ ファイル内のすべてのパフォーマンス オブジェクトおよびカウンターが選択されます。Checking the topmost node, which indicates the computer, selects all performance objects and counters contained in the performance log file.

[ツール]/[オプション] ([全般オプション] ページ)Tools/options (General options page)

[全般オプション] ダイアログ ボックスを使用すると、以下のオプションを確認または指定できます。Use the General Options dialog box to view or specify the following options.

表示オプションDisplay options

アイテムItem [説明]Description
[フォント名]Font name トレースの実行中にトレース結果グリッドで使用されるフォントの名前を表示します。Displays the name of the font used in the trace results grid during traces.
[フォント サイズ]Font size トレースの実行中にトレース結果グリッドで使用されるフォントのサイズを表示します。Displays the size of the font used in the trace results grid during traces.
[フォントの選択]Choose Font フォント設定を変更するためのダイアログを開きます。Opens a dialog to change the font settings.
[日時の値の表示に地域別設定を使用する]Use regional settings to display date and time values 使用するコンピューター用に構成された地域の設定で日時の値を表示します。Displays date and time values in regional settings configured for your computer. このオプションを選択しない場合、日時の値は Microsoft SQL ServerSQL Serverが使用する固定形式 (ミリ秒を含む) で表示されます。If you do not select this option, the date and time values are displayed in the fixed format used by Microsoft SQL ServerSQL Server, which includes milliseconds. このチェック ボックスのオン/オフを切り替えることで、StartTimeEndTime などの時間列の表示形式が変更されることに注意してください。Note that toggling this checkbox changes the time columns display format such as StartTime and EndTime. ただし、言語イベントまたはリモート プロシージャ コール (RPC) 内の DateTime 値のパラメーターは変更されません。However, it does not change the DateTime value parameters inside the language events or remote procedure calls (RPCs).
[実行時間列の値をマイクロ秒で表示する]Show values in Duration column in microseconds トレースの [実行時間] データ列の値をマイクロ秒で表示します。Displays the values in microseconds in the Duration data column of traces. 既定では、 [実行時間] 列の値はミリ秒で表示されます。By default, the Duration column displays values in milliseconds.

トレース オプションTracing options

アイテムItem [説明]Description
[接続の確立直後にトレースを開始する]Start tracing immediately after making connection 接続の確立直後に既定のテンプレートを使用してトレースを開始します。Begin a trace using the default template as soon as a connection is made.
[プロバイダーのバージョンが変更されたときに、トレース定義を更新する]Update trace definition when provider version changes プロバイダーが更新されたときに、最新のトレース定義を SQL ServerSQL Server に適用します。Apply the most current trace definition to SQL ServerSQL Server when the provider is updated. 既定ではオンになっていません。This item is not checked by default. このオプションをオンにすると、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler は、サーバーでトレース定義を問い合わせるクエリを実行し、トレース定義があればファイルをディスクに再作成します。This forces SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler to query the server for the trace definition and re-create, if one exists, the file on disk.

ファイルのロールオーバー オプションFile rollover options

アイテムItem [説明]Description
[確認せずにすべてのロールオーバー ファイルを順に読み込む]Load all rollover files in sequence without prompting トレース ファイルが開かれるとロールオーバー ファイルを自動的に読み込みます。Load rollover files automatically when a trace file is opened. トレースの実行中に複数のファイルが作成されたときに、このオプションがオンになっている場合、すべてのロールオーバー ファイルが自動的に読み込まれます。If more than one file was created while tracing, selecting this option automatically loads all rollover files.
[ロールオーバー ファイルを読み込む前に確認する]Prompt before loading rollover files トレース ファイルを開いたときに、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler はロールオーバー ファイルを追加するかどうかをユーザーに確認してから追加します。Have SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler prompt you before adding a rollover file when a trace file is opened.
[後続のロールオーバー ファイルを読み込まない]Never load subsequent rollover files SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler は、トレース ファイルを開いたときに、後続のロールオーバー ファイルを読み込みません。never loads subsequent rollover files when a trace file is opened.

再生オプションReplay options

アイテムItem [説明]Description
[再生スレッドの既定の数]Default number of replay threads 同時に使用する再生スレッドの数を指定します。Specify the number of replay threads to use concurrently. 使用する数を多くすると再生中のリソースも多くなりますが、再生のコンカレンシー数が増えます。A higher number consumes more resources during replay, but increases replay concurrency.
[ヘルス モニターの既定の待機間隔 (秒)]Default health monitor wait interval (sec) 再生の待機間隔を秒単位で指定します。Specify the wait interval to replay in seconds. 既定値は 3,600 秒 (1 時間) です。Default is 3600 seconds (1 hour). この設定は、ヘルス モニターでスレッドが終了するまでに、このスレッドを実行できる時間の長さに影響を与えます。This setting affects the amount of time a thread is allowed to run before being terminated by the health monitor.
[ヘルス モニターの既定のポーリング間隔 (秒)]Default health monitor poll interval (sec) 再生中のヘルス モニターのポーリング間隔を秒単位で指定します。Specify the health monitor poll interval during replay in seconds. 既定値は 60 秒です。Default is 60 seconds. ユーザーはこの値を指定することで、終了するプロセスを決定するためにヘルス モニターがポーリングする頻度を設定できます。This value allows the user to configure how often the health monitor polls for candidates for termination.

基になるテーブル (データベース エンジン チューニング アドバイザーの [ワークロード テーブルの選択])Source table (Database Engine Tuning Advisor Select Workload table)

Microsoft SQL Server Profiler および チューニング アドバイザーでは、このダイアログ ボックスを使用してテーブルを選択します。Microsoft SQL Server Profiler and Tuning Advisor use this dialog box to select tables.

  • Profiler では、 [基になるテーブル] ダイアログ ボックスを使用して、トレース テーブルの基になるテーブルを指定します。In Profiler, use the Source Table dialog box to specify a source table for a trace table. This is a table from which a trace is loaded, and the contents of which are viewed or used for replaying the trace.This is a table from which a trace is loaded, and the contents of which are viewed or used for replaying the trace.
  • チューニング アドバイザーでは、 [ワークロード テーブルの選択] ダイアログ ボックスを使用して、チューニング ワークロードとして使用する profiler トレース情報が格納されているデータベース テーブルを選択したり、チューニング分析を開始する前にテーブルの内容をプレビューしたりします。In Tuning Advisor, use the Select Workload Table dialog box to select a database table that contains profiler trace information to use as a tuning workload, or to preview the table contents before starting tuning analysis.
アイテムItem [説明]Description
SQL ServerSQL Server 現在接続されている SQL Server のインスタンスを指定します。Specifies the instance of SQL Server currently connected. このフィールドには自動的に値が入力され、更新することはできません。This field is populated automatically and cannot be updated.
[データベース]Database トレース テーブルがあるデータベースを指定します。Specify the database where the trace table is located.
[所有者]Owner Specifies the owner of the trace table.Specifies the owner of the trace table. このフィールドは、 dboとして自動的に入力されます。This field is populated automatically as dbo.
TableTable トレースの読み込み元のトレース テーブルの名前を指定します。Specify the name of the trace table from which the trace should be read.

[ターゲット テーブル]Destination table

[挿入先テーブル] ダイアログ ボックスを使用すると、トレースを格納するテーブルを指定できます。Use the Destination Table dialog box to specify a table where you wish to store the trace.

アイテムItem [説明]Description
SQL ServerSQL Server 現在接続されている SQL ServerSQL Server のインスタンスを指定します。Specifies the instance of SQL ServerSQL Server currently connected. このフィールドには自動的に値が入力され、更新することはできません。This field is populated automatically and cannot be updated. サーバーを変更するには、 [キャンセル] をクリックして、トレース テーブルを格納する SQL ServerSQL Server のインスタンスに接続します。To change the server, click Cancel and connect to the instance of SQL ServerSQL Server where you want to store the trace table.
[データベース]Database トレース テーブルを格納するデータベースを指定します。Specify the database where you want the trace table to be stored.
[所有者]Owner Specifies the owner of the trace table.Specifies the owner of the trace table. このフィールドは、 dboとして自動的に入力されます。This field is populated automatically as dbo.
TableTable トレースを格納するテーブルの名前を指定します。Specify the name of the table where you want to store the trace.

構成の再生Replay configuration

基本再生オプションBasic replay options

[構成の再生] ダイアログ ボックスの [再生オプションの基本設定] ページを使用すると、トレース ファイルまたはテーブルの再生方法を指定できます。In the Replay Configuration dialog box, use the Basic Replay Options page to specify how to replay a trace file or table.
このウィンドウを表示するには、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を使用して、再生するイベントを含むトレース ファイルまたはテーブルを開きます。To view this window, use SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler to open a trace file or table that contains the appropriate events for replay. 詳細については、「 再生を実行するための必要条件」を参照してください。For more information, see Replay Requirements. トレース ファイルまたはテーブルが開いている状態で、 [再生] メニューの [開始] をクリックした後、トレースを再生する SQL ServerSQL Server のインスタンスに接続します。While the trace file or table is open, on the Replay menu, click Start, and then connect to the instance of SQL ServerSQL Server where you want to replay the trace.

アイテムItem [説明]Description
[再生サーバー]Replay server 再生のために接続する SQL ServerSQL Server のインスタンスを表示します。Displays the instance of SQL ServerSQL Server to connect to for the replay.
[変更]Change... [サーバーへの接続] ダイアログ ボックスを表示して、別のサーバーへ接続します。Launches the Connect to Server dialog box to connect to another server.
[ファイルに保存]Save to file 再生結果をファイルに保存します。Save the replay results to a file. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler により、ファイルを保存する場所を指定するための標準ファイル ダイアログが表示されます。displays the standard file dialog, where you can specify the location to save the file.
[テーブルに保存]Save to table 再生結果をテーブルに保存します。Save the replay results to a table. SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler により、テーブルを保存する場所を指定するためのテーブル選択ダイアログが表示されます。displays the table selection dialog, where you can specify the location to save the table.
[再生スレッドの数]Number of replay threads 同時に使用する再生スレッドの数を指定します。Specify the number of replay threads to use concurrently. 値を大きくするほど、再生時にはより多くのリソースが消費されますが、再生が高速になり、同時実行性が高くなります。A higher number consumes more resources during replay, but replay is faster and more concurrent.
[トレースされた順番にイベントを再生します。このオプションはデバッグを有効にします。]Replay events in the order they were traced イベントを順番に再生します。Replay events sequentially. このオプションは、デバッグのためにトレースを再生する場合に使用します。Use this option if you are replaying a trace for debugging.
[複数のスレッドを使用してイベントを再生します。このオプションはパフォーマンスを最適にし、デバッグを無効にします。]Replay events using multiple threads イベントを同時に再生します。Replay events concurrently. このオプションを選択した場合は、イベントを順番に再生するよりも処理が高速になりますが、デバッグができなくなります。This option is faster than replaying events sequentially, but disables debugging. イベントは、システム プロセス識別子 (SPID) 内で順序付けられます。The events are ordered within their system process identifiers (SPID).
[再生結果を表示する]Display replay results SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerに再生結果を表示します。Display replay results in SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler.

再生オプションの詳細設定Advanced replay options

[構成の再生] ダイアログ ボックスの [再生オプションの詳細設定] タブを使用すると、トレース ファイルの再生方法を指定できます。In the Replay Configuration dialog box, use the Advanced Replay Options tab to specify how to replay a trace file.
このウィンドウを表示するには、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler を使用して、再生するイベントを含むトレース ファイルまたはテーブルを開きます。To view this window, use SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler to open a trace file or table that contains the appropriate events for replay. 詳細については、「 再生を実行するための必要条件」を参照してください。For more information, see Replay Requirements. トレース ファイルまたはテーブルを開いているときに、 [再生] メニューの [開始] をクリックして、トレースを再生する SQL Server インスタンスに接続してから、 [再生オプションの詳細設定] タブをクリックします。While the trace file or table is open, on the Replay menu, click Start, connect to the instance of SQL Server where you want to replay the trace, and then click the Advanced Replay Options tab.

アイテムItem [説明]Description
[システム SPID を再生する]Replay system SPIDs SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler でシステム プロセス識別子 (SPID) を再生するかどうかを指定します。Specifies whether SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler replays system process identifiers (SPIDs).
[1 つの SPID のみ再生する]Replay one SPID only ソース トレース ファイルで、選択した SPID に関連する操作だけを再生します。Replays only the activity in the source trace file that is related to the selected SPID.
[再生する SPID]SPID to replay 再生する SPID を指定します。Specify which SPID to replay.
[日時により再生を制限する]Limit replay by date and time オンにすると、ソース トレース ファイルの一部だけを再生します。Check to replay only a portion of the source trace file.
[開始時刻]Start time ソース トレース ファイル内の再生の開始位置を示す日付と時刻です。Date and time in the source trace file where the replay should start.
[終了時刻]End time ソース トレース ファイル内の再生の終了位置を示す日付と時刻です。Date and time in the source trace file where the replay should stop.
[ヘルス モニターの待機間隔 (秒)]Health monitor wait interval (sec) 再生の待機間隔を秒単位で指定します。Specify the wait interval to replay in seconds. 既定値は 3,600 秒 (1 時間) です。Default is 3600 seconds (1 hour). この設定値によって、プロセスがヘルス モニターにより終了されるまでの実行時間の長さが決まります。This setting affects the amount of time a process is allowed to run before being terminated by the health monitor.
[ヘルス モニターのポーリング間隔 (秒)]Health monitor poll interval (sec) 再生中のヘルス モニターのポーリング間隔を秒単位で指定します。Specify the health monitor poll interval during replay in seconds. 既定値は 60 秒です。Default is 60 seconds. ユーザーはこの値を指定することで、終了するプロセスを決定するためにヘルス モニターがポーリングする頻度を設定できます。This value allows the user to configure how often the health monitor polls for candidates for termination.
[SQL Server のブロックされるプロセスの監視を有効にする]Enable SQL Server blocked processes monitor ブロックされるプロセス、またはブロックするプロセスを検索するプロセスを有効にします。Enables a process that searches for blocked or blocking processes.
[ブロックされるプロセスの監視の待機間隔 (秒)]Blocked processes monitor wait interval (sec) ブロックされるプロセス モニターで、ブロックされるプロセスまたはブロックするプロセスを検索する頻度を設定します。Configures how often the blocked processes monitor searches for blocked or blocking processes.

[検索] ダイアログ ボックスFind dialog box

[検索] ダイアログ ボックスを使用すると、トレース内で特定の文字や単語を検索できます。Use the Find dialog box to search a trace for specific characters or words. 検索の実行中に取り消すには、Esc キーを押します。To cancel a search in progress, press ESC.
SQL Server プロファイラーSQL Server Profilerでこのダイアログ ボックスを開くには、 [編集] メニューの [検索] をクリックします。To open this dialog box in SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler, on the Edit menu, click Find.

アイテムItem [説明]Description
[検索する文字列]Find what 検索するテキストを入力します。Enter the text that you want to search for. 指定した文字列を含むすべての文字列が検索されます。The search matches any string containing the specified string. たとえば、検索文字列として "Completed" を指定すると、一致する文字列として "SQL:BatchCompleted" が検索されます。For example, searching for "Completed" matches "SQL:BatchCompleted." ワイルドカード文字 (*、? など) はサポートされません。Wild card characters (*, ?, etc.) are not supported.
[検索する列]Search in column 検索するデータ列をクリックします。トレース内のすべてのデータ列を検索するには、 <すべての列> をクリックします。Click a data column to search, or click <All columns> to search all the data columns in the trace.
[大文字と小文字を区別する]Match case [検索する文字列] ボックスで指定したテキストと、大文字と小文字の違いまで一致するテキストを検索します。Finds text that has the same case as the Find what box. このチェック ボックスをオフにすると、大文字と小文字の違いが一致しないテキストも含めてトレースを検索します。Clear this check box to find examples in the trace that are in both uppercase and lowercase text characters.
[単語単位]Match whole word 単語全体に一致する対象のみを検索します。Restricts the search to entire words. [単語単位] チェック ボックスをオフにすると、単語内の文字列も検索対象になります。Clear the Match whole word check box to search for characters within a word.
[次を検索]Find Next 次に出現する [検索する文字列] ボックスの文字列を検索します。Finds the next example of the characters in the Find what box.
[前を検索]Find Previous トレース内をさかのぼって、前に出現する [検索する文字列] ボックスの文字列を検索します。Searches backwards in the trace, to find the previous example of the characters in the Find what box.

列の構成Organize columns

大きなトレース ファイルまたはトレース テーブルの表示や分析を簡単に行えるように、トレースに表示されるイベントをグループ化または集計する場合は、 [列の構成] ダイアログ ボックスを使用してデータ列を選択します。Use the Organize Columns dialog box to select data columns for grouping or aggregating events that are displayed in a trace, which makes large trace files or tables easier to view and analyze.

  • 集計を実行すると、トレース内のすべてのイベントはそれぞれのイベント クラスの種類の下に移動され、折りたたまれます。Aggregating moves and collapses all events in the trace under its respective event class type. イベント クラス名の左側にプラス記号 ( [+] ) が表示されます。A plus sign (+) appears to the left of the event class name. プラス記号をクリックしてイベント クラスを展開すると、その種類のイベントがすべて表示されます。Clicking the plus sign expands the event class so you can view all events of that type.
  • グループ化を実行すると、特定の種類のすべてのイベント クラスがトレース ウィンドウ表示にまとめて構成されます。Grouping organizes all event classes of a specific type together in the trace window display. ただし、イベントはイベント クラスの種類の下に折りたたまれません。However, the events are not collapsed under the event class type.

トレース ウィンドウ表示内でイベントのグループ化または集計を行うときに、選択されている列は表示ウィンドウ内で固定された状態のままですが、左右にスクロールして他のデータ列をすべて見ることができます。When you group or aggregate events in a trace window display, the columns selected for grouping or aggregating remain fixed in the display window, but you can scroll to the right or left to view all other data columns.
このダイアログ ボックスを表示するには、既存のトレース ファイルまたはトレース テーブルを開き、 [ファイル] SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler [プロパティ] をクリックします。To access this dialog box, open an existing trace file or table, and click Properties on the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler File menu. [トレースのプロパティ] ダイアログ ボックスで、 [イベントの選択] タブをクリックし、次に [列の構成] をクリックします。In the Trace Properties dialog box, click the Events Selection tab, and then click Organize Columns. 新しいトレースを作成する場合も、 [イベントの選択] タブの [列の構成] をクリックします。You can also click Organize Columns on the Events Selection tab when you are creating a new trace.
[グループ] でデータ列名を移動することにより、トレース ウィンドウでイベント クラスのグループ化または集計を実行できます。Move data column names under Groups to group or aggregate event classes in the trace window.

  • イベントを集計するには、1 つのデータ列を [グループ] に移動します。To aggregate events, move one data column into Groups. これにより、特定の種類のすべてのイベントが、トレース ウィンドウ表示のイベント クラスの種類名の下に折りたたまれます。This causes all events of a specific type to be collapsed under event class type name in the trace window display. イベント クラス名の左側にプラス記号 ( [+] ) が表示されます。A plus sign (+) appears to the left of the event class name. このプラス記号をクリックすると、イベント クラスの種類が展開され、すべてのイベントが表示されます。Click the plus sign to expand the event class type and view all events. 集計とグループ化のオンとオフを設定するには、 [表示] メニューの [集計ビュー] または [グループ化ビュー] をクリックします。You can set aggregation and grouping on and off by clicking Aggregated View or Grouped View on the View menu.
  • イベントをグループ化するには、複数のデータ列を [グループ] に移動します。To group events, move more than one data column into Groups. これにより、トレース ウィンドウ表示で特定の種類のすべてのイベントがグループ化されますが、イベントは各イベント クラスの種類名の下には折りたたまれません。This causes all events of a specific type to be grouped together in the trace window display, but does not collapse the events under each event class type name. グループ化ビューとグループ化されていないビューを切り替えるには、[表示] メニューの [グループ化ビュー] をクリックします。You can switch back and forth between a grouped view and an ungrouped view by clicking Grouped View on the View menu. 複数のデータ列を [グループ] に移動した場合、 [集計ビュー] に切り替えることはできません。When more than one data column is moved into Groups, the option to switch to Aggregated View is not available.
アイテムItem [説明]Description
[列]Columns [グループ] への移動に使用できるデータ列の一覧です。List of data columns available to move into Groups. [列] の左にあるプラス記号 ( [+] ) をクリックすると、一覧が展開されます。Click the plus sign (+) to the left of Columns to expand the list.
[上へ]Up データ列を選択した後で、 [上へ] をクリックすると、データ列を上に移動して [グループ] に入れることができます。After selecting a data column, click Up to move data columns up into Groups. また、 [上へ] をクリックして、トレース ウィンドウ表示内の列の表示を再構成することもできます。You can also click Up to rearrange the display of columns in the trace window display.
[下へ]Down データ列を選択した後で、 [下へ] をクリックすると、データ列を下に移動して [グループ] から除外することができます。After selecting a data column, click Down to move data columns out of Groups. また、 [下へ] をクリックして、トレース ウィンドウ表示内の列の表示を再構成することもできます。You can also click Down to rearrange the display of columns in the trace window display.

フィルターの編集Edit filter

[フィルターの編集] ダイアログ ボックスを使用すると、トレース内のデータ列フィルターを作成および変更できます。Use the Edit Filter dialog box to create and modify data column filters in a trace. 一覧のデータ列名をクリックすると、そのデータ列に使用できるフィルター条件が横のペインに表示されます。Click a data column name in the list and the filter criteria that is available for that data column displays in the adjacent pane. フィルター条件を入力して [OK] をクリックすると、選択したデータ列にその条件が適用されます。Enter the filter criteria and click OK to apply it to the selected data column. 一覧のデータ列名の左側にフィルター アイコンが表示されている場合、その列には既にフィルターが構成されています。If a filter icon appears to the left of the data column name in the list, that column already has a filter configured for it.

注意

文字列型のデータ列の場合、フィルター条件は LIKE または NOT LIKE 文字列値として表示されます。For string type data columns, the filter criteria will show as a LIKE or NOT LIKE string value.

[テンプレート名の選択]Select template name

[テンプレート名の選択] ダイアログ ボックスを使用すると、既存の SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler トレース テンプレートを選択してオペレーティング システム上のファイルにエクスポートできます。Use the Select Template Name dialog box to select an existing SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler trace template to export to a file on the operating system. また、このダイアログ ボックスを使用すると、既存のトレース テンプレートを編集する場合に、別の名前を選択または入力してトレース テンプレートを保存できます。You can also use this dialog box to select or enter a different name to save a trace template as when editing an existing trace template. テンプレートをエクスポートするときにこのダイアログ ボックスにアクセスする、 SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler ファイルメニューで、テンプレート、 をクリックし、テンプレートのエクスポートTo access this dialog box when exporting a template, on the SQL Server プロファイラーSQL Server Profiler File menu, point to Templates, and then click Export Template. テンプレート名を変更する場合にこのダイアログ ボックスにアクセスするには、 [ファイル] メニューの [テンプレート] をポイントし、 [テンプレートの編集] をクリックします。次に、 [名前を付けて保存] をクリックします。To access this dialog box when changing the name of a template, on the File menu, point to Templates, point to Edit Template, and then click Save As.

アイテムItem [説明]Description
サーバーの種類Server type テンプレートを選択するサーバーの種類を選択します。Select the type of server from which you want to choose a template. このオプションは、テンプレートをエクスポートする場合のみ使用できます。This option is only available when you are exporting a template.
テンプレート名Template name 新しいテンプレート名を入力するか、一覧からテンプレート名を選択します。Type a new template name, or select a template name from the list. テンプレートをエクスポートする場合は、一覧からのみテンプレート名を選択できます。If you are exporting a template, you can only select a template name from the list.

参照See also

[SQL Server Profiler] SQL Server Profiler
サーバーのパフォーマンスと利用状況の監視Server Performance and Activity Monitoring